激速なのにエレガント! 2代目AMG GT クーペはサーキットもワインディングも日常性能も全部手に入れた贅沢三昧なクルマだった

2024.04.03 20:00
この記事をまとめると
■フルモデルチェンジしたメルセデスAMG GT クーペの発表会が開催された
■新型はメルセデスAMG GT クーペらしいワイド&ローでロングノーズ&ショートデッキなスタイリングを継承
■4リッターV8ツインターボエンジンは最高出力585馬力、0-100km/h加速3.2秒の俊足
新型メルセデスAMG GT クーペを日本初公開
  いまやメルセデス・ベンツのサブブランドとして、すべてのハイパフォーマンスモデルを担う存在となっているメルセデスAMG。そして、メルセデスAMGが、初めてゼロから作り上げたモデルが、2009年にリリースされたメルセデス・ベンツSLS AMGであり、その後継モデルとして現在もラインアップされているのが、メルセデスAMG GT クーペだ。
  そんなメルセデスAMG GT クーペは、すでにドイツでは第2世代へのフルモデルチェンジを発表済み。そしてこのたび、2024年4月2日に東京・六本木にある「メルセデスme」にて日本導入発表会が開催された。
  初のモデルチェンジを受けたメルセデスAMG GT クーペは、従来モデルに比べて極めてダイナミックな走行性能と優れた快適性を実現しているという。
  第2世代へと進化したメルセデスAMG GT クーペのトピックスのひとつがエクステリアデザインだ。メルセデスAMG GT クーペといえば、ワイド&ロー、そしてロングノーズ&ショートデッキのスタイリングが特徴的であるが、それは新型でも健在。メルセデス・ベンツのデザイン基本思想「Sensual Purity」とメルセデスAMGのDNAを高次元で融合させている。
  フロントまわりで目立つのは、縦桟が特徴のパナメリカーナグリルであり、その下には空力性能に優れたフロントエプソン、両脇にはエアインテークが配され、ワイドでダイナミックなフォルムを強調する。また、ヘッドライトには3つのLEDのドットが特徴的なデイタイミングランニングライトを備えたデジタルライトを採用し、先進的で独創的な表情を形作る。
  サイドはロングホイールベース、ショートオーバーハング、大きく傾斜したフロントウインドウ、ロングボンネット、後方にオフセットされたキャビンといったメルセデスAMG GT クーペの独特なプロポーションを完全継承。
  一方、リヤエンドでは、スリムかつ水平に伸びるLEDリヤコンビネーションランプのデザインが、ワイド&ローなスタイルを強調する。また、リヤハッチ後端には電動格納式リトラクタブルリヤスポイラーを装備。展開時には空力性能を高めるだけでなく、スタイリングにスポーツカーらしいアクセントを加えてくれる。
  なお、オプションのAMGカーボンパッケージを装着することで、フロントスプリッターやドアミラー、リヤディフューザーなどがカーボンファイバーとなり、さらにエキゾーストエンドとエンブレム類がブラッククローム化され、エクステリアにさらに精悍なイメージを付与してくれるという。
2+2シートとトランクスルー機能でさらに優れたGTカーとなった
  インテリアでは、アナログとデジタルを融合させた「ハイパーアナログ」デザインを採用。航空機からインスパイアされたという左右対称のダッシュボードにはタービンノズル型エアアウトレットが配され、その中央に11.9インチ縦型メディアディスプレイが鎮座するスポーティなもの。
  シートはAMG専用スポーツシートが標準となるが、さらにスポーティなヘッドレスト一体型のAMGパフォーマンスシートもオプション設定する。また、通常は2シーター仕様が標準となるGT クーペであるが、オプションで可倒式リヤシートを用意。2+2仕様であれば4名乗車も可能(身長150cmまで)だ。
  なお、リヤシートを倒した状態でラゲッジルームは最大675リットル(標準の2シーター仕様は321リットル)を確保しており、これまで以上に利用シーンが広がる
  そのほか、第2世代「MBUX」の搭載やAMGパフォーマンスステアリングの採用など、最新のメルセデスAMGの文法に則ったアップデートが施されている。
  気になるパワートレインは4リッターV8ツインターボエンジンのM177で、最高出力585馬力・最大トルク800Nm。M177エンジンはすでにSクラスやGクラスなどの63モデルに採用されているものであるが、GT クーペへの搭載にあたり、数多くの改良が施されている。トランスミッションには湿式多板クラッチによる軽量で低慣性でレスポンスに優れるAMGスピードシフトMCT9速を採用。0-100km/h加速は3.2秒の俊足を誇る。
  第2世代メルセデスAMG GT クーペの発表会で登壇したメルセデス・ベンツ日本合同会社の上野金太郎社長は「新型GT クーペは先代モデルに比べて性能はさらに向上し、2+2シートとトランクスルー機能を備えることで利便性も高められました。サーキットを走る性能を落とすことなく、とくにワインディングで走ることの楽しさを追求したのが新型メルセデスAMG GT クーペなのです」と語った。
  新型メルセデスAMG GT クーペは、「63 4MATIC+」のモノグレード展開で価格は2750万円。2024年4月2日より予約注文を受け付け、納車は4月下旬頃より順次開始される予定だ。
  メルセデスAMG GT クーペが第2章でどのような活躍を見せてくれるか、非常に興味深い。

あわせて読みたい

精確でダイナミックなV8エンジン搭載! ポルシェ新型「カイエンGTS」「カイエンGTSクーペ」
CARSMEET WEB
“遂にGTSのお出まし” ポルシェ「カイエンGTS」/「カイエンGTSクーペ」
RESENSE
スペシャルティのコーヒー豆のみを使用した「LAHA COFFEE」スタート
PR TIMES Topics
メルセデス・ベンツE200ステーションワゴン アバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】
webCG
メルセデスAMGのトップパフォーマンスモデル「GTクーペ」が2代目へと進化|Mercedes AMG
OPENERS
【GLOBAL SPAD】スニーカーをゴルフシューズに変身!スパイクDIYキット「Golfkicks」取扱開始
PR TIMES Topics
4マティック+採用とリアシート選択可へ 新型メルセデスAMG GTクーペ発表
RESENSE
【試乗】メルセデスのスーパースポーツが4WD+4WSでさらに激速に生まれ変わった! AMG GTクーペをサーキットで全開走行
WEB CARTOP
期間限定キャンペーン! カンデオホテルズが誇る「スカイスパ」をお得に楽しもう
antenna
話題のクルマを品定め!2ドアクーペ好きなら絶対シビれる! 〈メルセデス・ベンツ〉CLE 200クーペ スポーツ
Safari Online
GENROQ2024年7月号は5月24日発売!特集は「フェラーリの未来」。
PR TIMES
ゆったり時間に、日頃の頑張りに、大切なあの方に、ご褒美をプラスする「ご褒美Baum⁺」
PR TIMES Topics
新型「メルセデスAMG GLC43 4MATICクーペ」発売 最高出力421PSの2リッターターボエンジンを搭載
webCG
「メルセデス・ベンツGLCクーペ」のトップパフォーマンスモデル「AMG GLC63 S Eパフォーマンス クーペ」発売
webCG
藤井聡太が5度目の防衛に挑む「王位戦」を間近で楽しむツアー開催!
antenna
メルセデス「GLA 180」に新型パワートレイン搭載、「AMG GLA 45 S 4MATIC+」追加
CARSMEET WEB
「メルセデス・ベンツEQB」がマイナーチェンジ 新電池の採用と内外装のデザイン変更でリフレッシュ
webCG
メルセデスAMG GLC43 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】
webCG
ポルシェ911の中古が450万円!! 輸入車の不安材料「メンテ」は大変なのか? 中古高級輸入クーペ&オープンモデル9選
ベストカーWeb