生成AIの学習は合法なのか? 日本の著作権法における生成AIの学習の論点。今後危惧される「人間の声」のディープフェイク

集英社オンライン
2024.02.09 11:01
昨今、企業の広告にAIで生成されたバーチャルヒューマンが起用されているが、そもそも法律的には問題ないのだろうか。いま現在の日本の法律では厳密に規制することは難しい状況だという。AIと倫理、法の規制をわかりやすく学ぶことができる書籍『生成AIで世界はこう変わる』より日本の現状と、物議を醸している「人間の声」のディープフェイクについて一部抜粋して解説する。…

あわせて読みたい

ビジネスパーソンが選んだ2023年のIT流行語ランキング、3位メタバース、2位DX、1位は?
@DIME
AIによる創作とわかると評価が下がることの意味
東洋経済オンライン
冬の苺の美味しさが味わえるパフェやアイスクリームソーダが登場
PR TIMES Topics
お酒の風味と香りを言語化する日本酒ソムリエAI「KAORIUM for Sake」12月8日(金)オープンの京都酒蔵館別邸に導入!
PR TIMES
クリエイターのイラストをAI学習から保護する「emamori」正式リリース
PR TIMES
夏の楽しみ再び!「WATERBOMB JAPAN 2024」開催決定
antenna
なぜ中国からはChatGPTが利用できないのか…中国のIT大手が次々と繰り出す「中国版GPT」の本当の実力
PRESIDENT Online
宮田裕章が読み解く2023年。「生成AI」の普及で「学ぶこと」「働くこと」が根本から変わる
GetNavi web
ビジネス界の未来を拓く 「STEVIE®️ AWARDS」の魅力にせまる
antenna
画像生成系AI VTuber 絵藍ミツア、新プロジェクト「Mitsua Likes 」で参加者を募集!
PR TIMES
良いことばかりではない? 生成AIが普及することによる長期的な負の影響。デジタル空間の全てを疑いの目で見る世界と、人間の関係が希薄化する懸念
集英社オンライン
韓国発の音楽フェス「WATERBOMB JAPAN 2024」先行チケット販売開始!
antenna
2024年に増加することが確実なクラウドサービスやAIを悪用したサイバー攻撃にどう備えるべきか?
@DIME
生成AI出現が問う「学校の宿題」をすることの意義
東洋経済オンライン
独自性を体現する、HOTEL GROOVE SHINJUKUのアンテナショップ オープン
PR TIMES Topics
AIにおける「規制するリスク」と「規制しないリスク」 それぞれの難しさ
ニッポン放送 NEWS ONLINE
「DX Suite」に生成AIを実装し大型アップデート、AI-OCR市場を再定義する技術革新など機能拡張により約2兆円規模の業務効率化を推進
PR TIMES
【育児用品のDORACO】小学校の入学必需品のカスタムオーダー会 開催
PR TIMES Topics
NECが映像認識AIとLLMにより動画から説明文章を自動生成する技術を開発
@DIME
生成AIの「無断学習」を規制するうえでの論点
東洋経済オンライン