トヨタ・ライズHVの受注残分が注文取り消しの事態に! バカ売れ人気車だけに落胆を隠せない販売現場

WEB CARTOP
2023.11.22 06:20
この記事をまとめると
■トヨタ・ライズのHVモデルの受注残分について受注が取り消しになった
■同車について製造元であるダイハツ工業による衝突試験での不正行為があったことに起因している
■トヨタ・ライズはガチンコのライバルもいないヒットモデルなだけに販売現場の落胆も大きい
不正の影響はトヨタにまで飛び火
  筆者が耳にしたのは、2023年10月13日夜であったが、ダイハツからのOEM(相手先ブランド供給)車となる、トヨタ・ライズHV(ハイブリッド)の受注残(受注したものの納車されていない)分について受注を取り消すとの情報が入った。
  半年経って兄弟車の受注残分のキャンセルにまで発展して現場スタッフは大混乱
  コンパクトクロスオーバーSUVとなるライズは、ダイハツ・ロッキー(ロッキーハイブリッドも受注取り消しとなっている)のOEMとして2019年11月にデビューしている。自販連(日本自動車販売協会連合会)による、車名(通称名)別販売ランキングによる、暦年締め(1月~12月)年間販売台数をみると、2020年が12万6038台(登録車のみで2位)、2021年8万1880台(登録車のみで6位)、2022年8万3620台(登録車のみで5位)と、発売以来ヒットモデルと呼べる販売実績となっている。
  そのライズに暗雲が垂れ込めたのは2023年5月のこと。2021年に追加したHEV(ハイブリッド車)について、製造元であるダイハツ工業による衝突試験での不正行為が判明した。判明後、速やかに販売及び出荷が停止されていたなか、ついに受注取り消しということになった。なおHEVの販売及び出荷停止後も、ガソリンエンジン搭載車は継続して販売されていた。
  事情通によると「私も長い間新車の販売現場に接してきましたが、いったん注文を受けたものに関して、メーカーが受注を取り消すということは、いままで聞いたことはありませんでした。販売現場もこの一報を聞いたときはかなり混乱したと聞いています」と様子を話してくれた。
  一報が販売現場に伝えられると同時に、ライズHVを発注して納車を待っているお客に対してはライズのガソリン車を中心にヤリスクロスやヤリス、シエンタへ注文車種の変更をお願いするとともに、注文自体をキャンセルして他メーカー車への購入を希望した場合には速やかに対応するようにという指示が、販売現場には入ったそうだ。しかしその後、ライズのガソリン車も新規受注を停止することになり、ヤリスクロス、ヤリス、シエンタなどの各HEVへの注文車種の変更へのお願いや、注文自体のキャンセルに対応するようにと指示が変わったとのことである。
「ある販売会社では、対象となるライズHVの受注残台数は200台弱にも及んでいるそうです。前代未聞とも言うべき事態なので具体的な対応策もよくわからず、とにかく菓子折りをもって対象となるお客のもとへ各セールススタッフが謝罪と状況の説明に奔走したそうです。数日間で対象となるお客すべての意向をまとめるようにとの指示もあったようです」(事情通)。
  注文車種の変更といっても、タイミング悪くヤリス及びヤリスクロスが改良の端境期に入っており発注できず、すぐには車種変更手続きができなかったとの情報も入っている。また、ライズHVからヤリスクロスのHEVへ車種変更すると、おおむね40万〜50万円の支払い増となってしまうとのこと。
前代未聞の人気車の受注取り消しで現場は大混乱
  本稿執筆時点では未確認情報となるが、今後、車両キャンセルを申し出た人には「見舞金」のようなものを、車種変更する人には支払い増分の一部負担が行われるのではないかとの話も出ているようであった。ただし、全体で見れば対象台数はかなり多いので、1件当たりは数万円程度になるのではないかとも噂された。
  本稿執筆時点では、ルーミーの納車予定時期が2024年2月以降となっているだけで、いわゆるコンパクトハッチバック車はほぼ新規受注停止となっているようである。そのルーミーは、予定で行けばそろそろフルモデルチェンジしていたのではないかとも言われていたが、ライズの不正問題によりフルモデルチェンジが遅れているともいわれている。
「次期型ルーミーでは、ライズ同様にHEVが設定されることに販売現場では期待していました。ルーミーも大ヒットモデルですが、ライバルのスズキ・ソリオにはHEVがあり、比較検討されるとソリオに注文を持っていかれることも目立つので、ルーミーの今後について(次期型ではHEVの設定がなくなるのではないか)不安視する声も販売現場では目立ちます」(事情通)。
  ライズは、トヨタ車のなかでも『トヨタ・ファースト』と表現できる、トヨタ車(正確にはダイハツからのOEM車だが)を初めて乗るといったユーザーも目立つモデルと認識している。そのなかで、やむを得なかったのかもしれないが、受注取り消しというものを経験してしまい、トヨタ以外の新車へ購入車種を変更された場合、次に再びトヨタ車の購入を検討してもらうということはあまり期待できないだろう。
  ロッキーも含め、ガチンコでライバルと呼べるモデルも存在しなく、とくにライズはヒットモデルだっただけに、販売現場の落胆も大きいようだ。

あわせて読みたい

「ロッキー3兄弟」生産再開へ!! 国交省お墨付きもダイハツには厳しい道のりが待ち受ける
ベストカーWeb
マジかよダイハツ! タントもルーミーも全車出荷停止! 不正に関する第三者委員会報告と今後の対応を発表
ベストカーWeb
ビジネス界の未来を拓く 「STEVIE®️ AWARDS」の魅力にせまる
antenna
転売ヤーが悪い……以前に転売ヤーが暗躍できない供給が大切! ほしい新車が受注停止だらけの現状は「コロナ禍の余波」だけじゃ片付けられない
WEB CARTOP
先代プリウス狙い目すぎ! デザイン許せば前期もアリ!!  新車ならハイブリッドでも300万切りのカローラクロスか!? コスパで選ぶトヨタ車5選
ベストカーWeb
韓国発の音楽フェス「WATERBOMB JAPAN 2024」先行チケット販売開始!
antenna
納期遅延で預かっていた必要書類の有効期限が切れる! 不正発覚による出荷停止で現場を襲うさらなる追撃
WEB CARTOP
ロッキー・ライズ納車待ちの人はヤリスクロスかカローラクロスに変更!? いやいやクロスビーもあんで!!!!
ベストカーWeb
冬の苺の美味しさが味わえるパフェやアイスクリームソーダが登場
PR TIMES Topics
12月の新車販売ランキングで登録車はトヨタ一強状態! だがダイハツ不正の影響で「ルーミー」「ライズ」が今後厳しくなる可能性
WEB CARTOP
発売前のホンダWR-Vが受注好調! 人気の秘密は「低価格」と「高全高」にアリ!!
WEB CARTOP
星空とペンライトアートで思い出づくり 特典付き「卒業旅行プラン」を販売
PR TIMES Topics
次期ムーヴ、次期トール/ルーミー、新型コペン…ダイハツ徐々に生産再開でもいまだ見えぬ新型車の道筋
ベストカーWeb
誓約書なんかじゃ意味ナシ! 悪質転売ヤー対策にメーカーがランクル250で取る「納得の手法」とは?
WEB CARTOP
夏の楽しみ再び!「WATERBOMB JAPAN 2024」開催決定
antenna
新型になってもやっぱり販売台数トップはN-BOX! 2024年はカローラシリーズが躍進する可能性大
WEB CARTOP
「別会社になるくらいの抜本的改革が必要」トヨタ豊田章男会長がダイハツの不正問題に言及
ベストカーWeb
とっくに発売されていたハズだったのに不正で先送り! 新型ムーヴはどんなクルマだったのか?
WEB CARTOP
ダイハツ車が不正の影響で台数が大幅に減少【2024年1月販売ランキング】
ドライバーWeb