早く帰れるし疲れないし! トラックやバンのEV化はドライバーにメリットだらけだった

WEB CARTOP
2023.11.15 11:40
この記事をまとめると
■日本の自動車メーカーは商用EVモデルの市販化に力を入れている
■商用車をEV化することで、労働面の環境改善に効果があるとされている
■コストが命の商用車界でEVが普及すれば乗用車の世界でもさらにEVが広まるかもしれない
2023年以降、商用EVが続々と登場する
  来年にはホンダから軽商用EVのバンが発売になる予定だ。また、トヨタ、スズキ、ダイハツの3社共同による軽商用EVバンも、「ジャパンモビリティショー」で公開された。すでに、HWエレモから軽商用EVバンが発売されている。しかし、じつは三菱自動車工業がミニキャブMiEVを2011年に発売しており、バンだけでなくトラックも市場導入してきた。また、日野自動車や三菱ふそうは、EVトラックを販売している。
  近年、商用EVが次第に注目を集めるようになったのは、働くクルマとして、経済性や利便性が見直されはじめているのに加え、労働環境の改善にも寄与するためだろう。ただ、これまでは車両価格が高く、導入が進みにくい面があった。
  EVであれば当然だが、モーター駆動のため静粛性が高く、出足の加速がよく、余計なアクセルの踏み込みが不要となるため、運転がラクになる。回生を活用すれば減速時のペダル踏み替えも減る。
  以上のようなEVならではの特性から、運転に関わる労働環境が改善されることに気づくだろう。
  一般に、商用車は遮音や防音の機能が十分でなく、またエンジン性能も必ずしも高くないため、発進・加速で余計にエンジンを吹かす必要があった。それによってエンジンの回転が高まることで騒音が大きくなるだけでなく、遮音材などが手薄なためタイヤ騒音なども室内に入りやすく、うるさくて疲れやすいクルマとなっていた。それでいながら、仕事で使う以上、乗用車に比べ長い時間クルマでの移動を余儀なくされやすく、長時間にわたって騒音に悩まされなければならない。EVなら、それらが改善される。
  また、仕事を終えたあと、翌日の移動に備えてガソリンスタンドへ給油しに行く手間も省け、配送拠点などで充電できれば、仕事が終わればすぐに帰宅できる。翌朝出社すれば、満充電で出発できるという簡便さである。
  つまり、EVの特性は商用車こそより活かされ、仕事を快適にこなすことができるわけだ。疲れが少なければ、仕事の能率も上がるのではないか。
  床下に駆動用バッテリーを車載し、排気管や燃料タンクなども不要になることで、より低床な荷室とすることもでき、それによって荷物の積み下ろしでの乗り降りが楽になり、長尺モノも載せやすくなる。
  そうしたなか、三菱のミニキャブMiEVトラックが販売に苦労したのは、4輪駆動がなかったためだ。フルタイム4WDといった高度な機構でなくても、簡易な方法で4輪駆動が実現できれば、軽商用EVの利用者はさらに増えていくのではないか。
  商用車という原価に厳しい分野でEVを実現できれば、乗用車にはより適正な価格で魅力ある車種を構成することができるようになっていくと思う。

あわせて読みたい

スバリストうっとりの「ドロドロ」エンジン音! 水平対向エンジンの「不等長サウンド」っていったい何?
WEB CARTOP
アバルト500eは電気自動車でもやっぱりアバルトだった! 2023-2024日本カー・オブ・ザ・イヤーで10点を入れたクルマとその理由【嶋田智之編】
WEB CARTOP
ビジネス界の未来を拓く 「STEVIE®️ AWARDS」の魅力にせまる
antenna
EV化でクルマのデザインはどう変わる?【おしゃれな大人が「見た目だけで選ぶ」クルマ座談会 PART.1】
WEB UOMO
エアの注入はケージに入れる! 移動式のリフトも存在! 知られざる「巨大トラック」のメンテ事情
WEB CARTOP
夏の楽しみ再び!「WATERBOMB JAPAN 2024」開催決定
antenna
そろそろ大型トラックのBEV化も始まりそう! そうなると大型用の急速充電設備はドコにどう設置する?
WEB CARTOP
日本の小型商用EVベンチャー「HWエレクトロ」がアメリカで上場申請!? クルマ業界の注目ニュース3選
ベストカーWeb
オンラインショップでのみ販売される宝箱クッキー【もも缶】が阪急うめだ本店に出店
PR TIMES Topics
ダイハツショックで現状2択!? 軽バンもEVの時代!! 選ぶべきは「ミニキャブEV」と「ホンダN-VAN e:」どっちよ? 
ベストカーWeb
どうする? どうなる?? 次期ハイエース登場で「新型を待つか現行型を買っておくべきか」問題が発生
ベストカーWeb
HAYNIより異素材MIX「スクエアかごバッグ」販売開始
PR TIMES Topics
日産クリッパーEVが「NV100」のネーミングを付けない理由
ドライバーWeb
SUVにもハッチバックにも軽にもある……のにナゼ? これだけ世間で電気自動車が話題になっているのにミニバンにはEVがない理由
WEB CARTOP
星空とペンライトアートで思い出づくり 特典付き「卒業旅行プラン」を販売
PR TIMES Topics
電動化時代でも「6種類」が選び放題! 日本はクルマのパワーユニット天国だった
WEB CARTOP
三菱自動車、新型バッテリーEVを発表!軽商用「ミニキャブEV」は航続距離180kmを実現
ドライバーWeb
どれもこれもいまや名車扱いされてるのにナゼだ!? いすゞが乗用車から撤退したワケ
WEB CARTOP
ミニキャブEVに平成レトロを感じるオプションが!! 最新のEVにある衝撃のモノとは!?!? 
ベストカーWeb