何はともあれ見逃し厳禁! ジャパンモビリティショーの超目玉車種を一挙紹介!!

WEB CARTOP
2023.10.27 17:20
この記事をまとめると
■「東京モーターショー」が名称を変更して「ジャパンモビリティショー」となった
■展示車両のなかから見逃し厳禁のコンセプトモデルたちを紹介
■市販目前のモデルから、夢が詰まったモデルまで盛りだくさんだ
ジャパンモビリティショーは国産メーカーがアツい!
  いよいよ2023年10月26日に始まった「ジャパンモビリティショー」(JMS)。本来、2年に1度の開催だった東京モーターショーが、コロナ禍の中止をはさみ、4年ぶりにJMSとして開催されることになった。
  ここでは、最新の市販車とともに、各自動車メーカーが競うコンセプトカーの出品が目玉。同じコンセプトカーでも市販化間近のモデルから、近未来的、いや、市販を考慮していない最先端技術を盛り込んだ夢のクルマまでさまざま。ここでは絶対に見逃せないコンセプトカーを紹介したい。
  ホンダはJMS直前までシークレットにされていた、1980年代のデートカーの代表的存在だったプレリュードを「プレリュード・コンセプト」としていきなりの復活・出展。老若男女がほれ込むようなスペシャルティスポーツを登場させたのだ。もちろん、ブースの一角にあるソニーホンダモビリティに展示されている、プロトタイプの「アフィーラ」(EV)のチェックもお忘れなく!!
  日産では「日産ハイパーツアラー」だ。ハイパーツアラーは日産得意の、アリアなどに採用されるe-4ORCEの駆動方式を用いたBEV、近未来の3列シートのラグジュアリーミニバンの電気自動車を示唆している。とくにインテリアデザインは、すでにプロパイロット2.0で高速道路での全車速域のハンズオフドライブを実現している日産ならではの、全自動運転前提の前両席回転機構が盛り込まれ、対面シートの室内が茶室になるような仕掛けがユニーク。フロアはLEDを前面に採用。かなり攻めたコンセプトカーだが、ある意味、新型エルグランドのスタディカーとも言える注目の日産ミニバンの未来形である。
  国産コンパクトスポーツモデルファンなら、絶対に見逃せないのがスズキの「スイフト コンセプト」だ。すでに内外装デザインが公開され、まんま市販車のような佇まいだ。プラットフォームやパワーユニットなどの中身がJMSでは明らかにされるはず(!?)で、楽しみだ。
  同じくスズキのブースではスズキ・スペーシアの新型と思われる「スズキ・スペーシアコンセプト」がメインで紹介されている。標準車がスペーシアコンセプトで、カスタムがスペーシアカスタムコンセプトとなっており、ほぼ市販車と言っていい。問題は、これまでスズキ車がライバルメーカーにある電子パーキングブレーキを採用してこなかったわけだが、このコンセプトモデルではついに、ついに電子パーキングブレーキとオートブレーキホールド機能を搭載。しかも、ACCにカーブ手前減速制御まで付いているのだから、一気にこのクラスのACCをリードすることになった!!
  プラットフォームやパッケージは2代目の現行型を踏襲しているものの、デザインモチーフを「スーツケース」から「コンテナ」に変更。それはボディサイドのキャラクターラインが表しているという。そしてインテリア最大の特徴が、後席に「マルチユースフラップ」という、シート前端が分離して動き、立てることも伸ばすこともできる機構で、第一の目的は、「マルチユースフラップ」を立てることで後席に置いた荷物がフロアに落ちないこと。が、それだけじゃない。
「マルチユースフラップ」を伸ばすことで、シート座面が長くなる機能も持ち合わせているのである。軽自動車の後席座面が短い!! と感じていた大柄な人も、これでより快適な着座が可能になるし、大型犬などのペットの乗車にもメリットがありそうだ。後席の静粛性、後席を倒した時のフラット度(自転車の積載容易性のため)にもこだわったというから、11月にも発売される市販車が楽しみだ。
市販化目前のような注目モデルも!
  三菱のブースでは、三菱ファン、デリカファンならずとも、三菱のデリカD:5の未来を占う「D:Xコンセプト」をチェックすべきだろう。まるで月面車のような、4代目デリカスペースギヤを彷彿させるルックスが強烈で、パワーユニットはPHEV、駆動方式はもちろんS-AWC。ボンネットはスケルトンで、広大なインテリアには1/2列目席対座シートを用意。LEDフロアの採用をはじめ、プロジェクションレーザーライト採用で真っ暗な悪路や白線や路肩が見えない地面でも、レーザーライトが車幅のガイド線を投射してくれる機能まで付いていたりする(このライトは現在の法規では使えない)。
  スバルは、クロストレックや最新のレイバックなどとともに、コンセプトカーとして「SUBARU SPORT MOBILITY Concept」が出展されている。何しろスバル初のグローバルBEV(電気自動車/ソルテラはトヨタbZ4Xとの共同開発車)。スバルファンにとっては、水平対向エンジンの次なる電動パワーユニットに注目したい。そのルックスはスーパースポーツカーそのものだ。
  ユーティリティカーのコンセプトモデルで注目なのが、トヨタの「KAYOIBAKO」(カヨイバコ)」というボックス型のコンセプトカー。通箱とは物流の専門用語でコンテナボックスのことを差し、コンパクトな商用EVミニバンが基本なのだが、展示車にあるように、アウトドアや車中泊に対応するレジャーユースの提案もあり。ホンダN-VANがそうであるように、商用車のパーソナルユースはなかなか面白い展開が期待できるに違いない。
  マツダのブースでは、マツダ・コンパクトスポーツカー・コンセプト「MAZDA ICONIC SP」を出展。パワーユニットは待望のロータリーのハイブリッドシステムを想定。鮮烈なヴィオラレッドのボディカラーに塗られたマツダらしいスポーツカーの提案だ。
  ダイハツはどうか?  今回は大目玉の1台が出展される。その名は「ビジョンコペン」。そう、1.3リッターエンジン×FRのオープンスポーツだ。こちらは軽自動車で行くのか、登録車で行くのかは現時点で不明だが、いま、マツダ・ロードスターと並ぶ、国産車唯一のオープンスポーツ、それもよりリーズナブルに手に入るマシンなのだから、注目しないわけにはいかないだろう。現行コペンにはトヨタ版のGRもあるわけで、トヨタとのコラボなら、可能性は大いに高まりそうだ。

あわせて読みたい

アウトドアテイストを加えるとあら不思議! いまSUVルックの派生車がバカ売れしていた
WEB CARTOP
新型スイフト登場秒読み!! すげえ売れそう! 「プロト」公開で見えた市販型の実力と期待
ベストカーWeb
冬の苺の美味しさが味わえるパフェやアイスクリームソーダが登場
PR TIMES Topics
次期スカイラインの姿が見えた!! ちょっと異質な顔だけど…潰えた純ガソリン仕様に思いを馳せる
ベストカーWeb
もはや「ないものはない」 さらに便利&快適となったスズキ「スペーシア」
GetNavi web
【育児用品のDORACO】小学校の入学必需品のカスタムオーダー会 開催
PR TIMES Topics
どうみても市販車の「スペーシア」と「スイフト」はなぜコンセプトを名乗った? ジャパンモビリティショー展示車の疑問に迫る!
WEB CARTOP
いち早く市販化を切望! ジャーナリストがJMSで見つけた「現実味のある」BEVコンセプト5台
WEB CARTOP
ビジネス界の未来を拓く 「STEVIE®️ AWARDS」の魅力にせまる
antenna
超近未来デザインで打倒アルヴェル!! 新型エルグランドは1.4L e-POWER搭載で2024年秋にデビューか?
ベストカーWeb
新型リーフは2025年登場!! エルグランドはe-POWER搭載で決定! 超近未来デザインで登場する日産車4選
ベストカーWeb
奈良県明日香村産の産地直送のいちごが主役の『いちごフェア第2弾』開催
PR TIMES Topics
来場者111万人で大成功!! 次回の課題は「新鮮さ」!? ジャパンモビリティショー総括
ベストカーWeb
マツダが「ガチ走り系」サブブランドの2台を公開! エンジンも足まわりにも手が入ったロードスターとマツダ3に期待しかない【TAS2024】
WEB CARTOP
大好評なフレッシュ苺の食べ放題つき『 XEX いちごフェス 』を4店舗同時開催
PR TIMES Topics
ほぼデザインそのまま出るってマジか!? 新型デリカD:5は強みのディーゼルを捨ててPHEV搭載へ!
ベストカーWeb
なぜ増えた? クルマのフロントライト「薄い目」全盛期の理由と事情
ベストカーWeb
水と音楽が織りなす夏のエンターテイメント「WATERBOMB JAPAN」が2024年も日本で開催決定!
antenna
いつの時代も心に刺さるのはやっぱりスポーツモデル!? JMSのコンセプトカー「SNSでの反響」が大きかったクルマをチェックしてみた
WEB CARTOP
【クルマ好きにはたまらない】トヨタ、三菱、スズキ……カスタムカーの祭典「東京オートサロン」で注目の車両をレポート!
MonoMaxWEB