ついに3列シートのカングーが目の前にきたっ! 日本のミニバン危うしレベルの「グランカングー」を徹底的にチェックした

WEB CARTOP
2023.10.23 07:00
この記事をまとめると
■3列シート7人乗りのグランカングーを「カングージャンボリー2023」で日本初公開
■全長4910mm、ホイールベース3100mmのグランカングーは超デカい
■グランカングー日本仕様には観音開きのバックドアが採用される可能性が高い
カングージャンボリー2023開催でグランカングーをサプライズ披露
  思えば2022年、久々にリアル開催されたカングージャンボリーでサプライズ発表されたのが新型ルノー・カングー、つまり最新仕様だ。そして、今年もサプライズは続いた。降りしきる雨をモノともせず、集いに集ったカングーオーナー&ファンが注視するステージ上に、「グランカングー」が現れたのだ。
  9月のミュンヘンIAAでワールドプレミア発表されたばかりのグランカングーが、ほんのひと月の間に海を渡って日本、しかもカングージャンボリーに現れた意味は大きく、それだけカングーの日本市場でのプレゼンスを、ルノー本社が高く評価している証でもある。実際、カングージャンボリー2023には本社からLCV部門の上席副社長、ハインツ・ユルゲン・レーヴ氏やプロダクト・ディレクターらが来日し、欧州諸国の自動車ジャーナリストら十数人を伴うツアーが組まれたほどだ。
  では気になるグランカングーの概要を見ていこう。実際、2列目サイドウインドウと後席ドアがストレッチされていて、開口部もじつに18mm長い83mm幅が確保されている。そのため、3列目への乗降性アクセスも、より良好だ。
  2列目そして3列目のシートはすべて独立していて、前に折り畳むことも取り外すことも、あるいは大人がフツーに座って前後にスライドさせて、快適な足もとスペースを得ることもできる。
  しかも荷室容量としては、3列目シートをスタンバイさせた7人乗り状態でも500リットルを確保。シートを助手席まで倒せば最大で3750リットルにまで拡大することができ、荷室内の最大長は3110mmにまで達する。
  車内泊のやり様によっては、子どもふたりが縦に寝られそうなほどの長さだ。
ディーゼル+MTのグランカングー導入にも一縷の望み!?
  今回お披露目されたグランカングーのリヤハッチは跳ね上げ式仕様だったが、日本のユーザーの好みに応じてダブルバックドア、つまり観音開きが採用される可能性が高いと、ステージ上のトークで前述のレーヴ氏とルノー・ジャポン社長の小川隼平氏は述べていた。
  またこの日、本国と日本のルノーを代表するふたりは司会を務めた安田大サーカス団長の求めに応じて、ディーゼルMT仕様が導入される可能性にも触れ、まったく否定しなかった。
  気になるボディ外寸は、日本の型式認証前なので欧州発表値ながら、全長は4910mm、ホイールベースはスタンダードモデルより380mmほど延長され、じつに3100mmに及ぶ。全幅1860mmと全高1810mm(ルーフレール込み1854mm)は変わらないだろう。
  ちなみにフランス本国のユーティリティビークルは複数のボディサイズが選べ、スタンダード仕様なら「L1H1(LはLongueur=全長、HはHauteur=全高)」、より長い・高いバージョンはL2H2などとコード化される。
  よってグランカングーは、まさしく「L2H1」のカングーバンと同じサイズのボディで、荷室でなく7人乗りの3列シートと、パネルではなくガラスウインドウを備えた仕様となる。とはいえ4.9m超えのこのサイズは、すでに上位車種である「トラフィック」のL1H1に近いサイズ感だ。ステージのあと、展示車両を間近で眺めた観客たちも、そのXXLぶりに目を丸くしていた。
  展示車は2ペダルの7速DCTで、ダッシュボードにはグレーのウッドが貼られた仕様だった。搭載パワートレインは、おそらくガソリンのTCe130馬力・240Nmだが、グランカングーにはWLTCモードで265kmの航続距離をもつ100%電気の「E-テック」90kW(122馬力)や、ディーゼルのblue dCi 95馬力・260Nmもしくは115馬力・270Nm仕様などが用意されている。本国のカングー・バン仕様では当然、ガソリンにもディーゼルにも6速MTが設定される。
  ところで今世代のカングーは、バッテリー容量45kWhをもつEV仕様が存在することで、2列目シートから後方、荷室にかけてのフロアが少し高くなっており、グランカングー3列目の乗員はやや高い視線位置を保つことになる。ルノーはこれを「アンフィテアトル(円形劇場のこと)」効果と呼び、乗員全員が、旅の移動や車内の雰囲気をシェアできると自負する。モノは言い様ということだが、実用性に対して無駄もスキもないフレンチらしさが、グランカングーにも活かされているのだ。
  ちなみにグランカングーの生産はスタンダードモデルと同様、北仏モブージュ工場で行われるが、(日本導入が濃厚な)グランカングーのダブルバックドア仕様は工場内で生産ラインを外れて、特装車両部門で仕上げられる可能性が大きいという。つまり、あまり早いペースで大量生産できるタイプのクルマではないので、欲しい人はオーダーできるときをチャンスと捉えて、早めに動いて間違いなし、といえる。

あわせて読みたい

【国内試乗】ディフェンダー90のディーゼル版も追加されラインナップも充実! 先進と伝統の見事な融合「ランドローバー・ディフェンダー130/90」
CARSMEET WEB
話題のクルマを品定め!記憶に刻まれる1台! 〈ルノー〉メガーヌ R.S.ウルティム
Safari Online
冬の苺の美味しさが味わえるパフェやアイスクリームソーダが登場
PR TIMES Topics
【比較試乗】ICEでもBEVでも“らしさ”は健在なのか?アウディが誘う“RS”ワールド「アウディRS 4アバント vs RS e-tron GT vs R8クーペ vs RS Q3」
CARSMEET WEB
世が世ならランクルやハリアーみたいに天下取れてたかも!? 日産、ホンダ、三菱、いすゞのちょっとざんねんだったSUV4選
ベストカーWeb
ビジネス界の未来を拓く 「STEVIE®️ AWARDS」の魅力にせまる
antenna
【国内試乗】老若男女問わず最高の相棒! プロフェッショナルの道具だけじゃない「ルノー・カングー」
CARSMEET WEB
【ルノーの遊べる日本仕様車】レジャーでも人気の「カングー」に限定モデルが登場!200台限定の先着販売は今がラストチャンス
MonoMaxWEB
韓国発の音楽フェス「WATERBOMB JAPAN 2024」先行チケット販売開始!
antenna
フランス モブージュ工場、「ルノー・カングー」生産400万台を達成! 400万台目のカングーは「ラ・ポスト」に納車
CARSMEET WEB
【国内試乗】セダンでもSUVでもない。ファストバックスタイルで唯一無二の存在感「プジョー408」
CARSMEET WEB
水と音楽が織りなす夏のエンターテイメント「WATERBOMB JAPAN」が2024年も日本で開催決定!
antenna
日本の自動車メーカーが手がけていないジャンルに属するモデルも登場!2024年期待のクルマ【輸入車編】
&GP
【MonoMax 乗り物オブ・ザ・イヤー】クルマ部門の大賞は「日本が誇る究極のマルチパーパスカー」に決定!
MonoMaxWEB
遊び心満載のモダンクラシックな新作「レイヤード・パフェ」登場
PR TIMES Topics
フランス版タウンエースにワインレッドが登場!? 「カングー」のカジュアルな魅力際立つブドウ色の限定モデル「ヴァリエテ」デビュー!
ベストカーWeb
「アンダー200万円」ハイラックス日本濃厚!! まさかのダブルキャブも??  試乗から見えた完成度の高さ 
ベストカーWeb
メルセデス・ベンツGLE450 4マティック・スポーツ(4WD/9AT)今もっともメルセデスらしい
RESENSE
「ミニバン最安」シエンタ7人乗り!! 「ガチ四駆」ジムニーシエラも!! 100万円台で個性タップリな登録車3選
ベストカーWeb