先代ステップワゴンはぶっちゃけ大苦戦だったけど新型は? 新型ノア&ヴォクシーと比べてみた

WEB CARTOP
2022.10.29 07:00
この記事をまとめると
■ステップワゴンがどれくらい売れているのかを解説
■2022年はミニバンのフルモデルチェンジが続いている
■ノア&ヴォクシーが販売力の強さをみせている
ステップワゴンの登録台数はノアヴォクの3分の1
  2022年はミニバンのフルモデルチェンジが相次いでいる。ミドルサイズではノア&ヴォクシーとステップワゴン、コンパクトサイズではシエンタが新型になった。2022年の末から2023年の初頭には、ミドルサイズのセレナもフルモデルチェンジを行う予定だ。
  2022年度上半期(2022年4〜9月)の登録台数を1カ月平均で見ると、ノアが4878台、ヴォクシーは4453台、ステップワゴンは3118台であった。
  今の登録台数は、通常と違って納期に大きく左右される。半導体を始めとする各種パーツやユニットの供給が滞り、生産台数も減り、それが登録台数に影響を与えている。パーツやユニットの供給体制が整って生産台数も増えると、納期の遅延も解消に向かって、販売ランキングの順位が高まる。
  そこでノア&ヴォクシーの納期を販売店に尋ねると「ノーマルエンジン車は約7カ月、ハイブリッドは1年近くを要する。しかも特定のオプションを装着すると、さらに長引く場合がある」という。
  ステップワゴンは「ターボ、e:HEV(ハイブリッド)ともに6〜7カ月」としている。このようにノア&ヴォクシーのノーマルエンジン車とステップワゴンは約半年で、ノア&ヴォクシーのハイブリッドは長い。
  そしてノア&ヴォクシーを扱うトヨタの販売店は、全国に約4600カ所が展開され、ステップワゴンのホンダカーズは約2200カ所だ。販売網に約2倍の差がある。
  そこも含めてノア:4878台、ヴォクシー:4453台(ノア&ヴォクシーの合計は9331台)、ステップワゴン:3118台という登録台数を見ると、ステップワゴンが少ないと受け取られる。納期はe:HEVを含めて6〜7カ月だから、ノア&ヴォクシーハイブリッドよりも短いのに、ステップワゴンの売れ行きは3分の1に留まるからだ。
従来型のオーナーの数も影響
  ミニバンの機能を比べると、ステップワゴンがノア&ヴォクシーに見劣りすることはない。とくにミニバンにとって大切な2/3列目シートの座り心地、乗り心地、静粛性などは、ステップワゴンが優れている。
  その一方でノア&ヴォクシーは、先進装備を充実させた。たとえば電動スライドドアが開き掛けているときに、車両の接近を検知すると、作動を止めて降車時の事故を防ぐ機能を用意した。高速道路の渋滞時にステアリングホイールから手を離しても運転支援が行われたり、スマートフォンを使って車外から車庫入れを操作できる機能もある。これらの先進装備は注目を集めやすい。
  また現行ステップワゴンは、リラックスできる雰囲気を重視して、フロントマスクを控え目なデザインに仕上げた。これは大切な個性だが、市場規模としては、存在感の強いフロントマスクを好むユーザーが多い。ステップワゴンの意図は理解できるが、数多く売りやすいのはノア&ヴォクシーだ。
  従来型から新型車への乗り替え需要も異なる。仮に5年前に購入したユーザーが、2022年に現行型へ乗り替えるとすれば、2017年の登録台数が影響を与える。2017年の1カ月平均登録台数は、ノアが4673台、ヴォクシーは7396台、エスクァイア(現在は廃止)は3656台、ステップワゴンは3871台だ。ノア+ヴォクシー+エスクァイアのトヨタ3姉妹車が圧倒的に多く、この乗り替え需要も、今のノア&ヴォクシーの登録台数を押し上げている。
  ホンダのブランドイメージも大きな影響を与えた。2022年度上半期に国内で販売されたホンダ車の内、N-BOXが34%を占めている。軽自動車全体では、国内で売られたホンダ車の半数以上に達する。
  こうなるとホンダのブランドイメージもコンパクト化して、スズキやダイハツに近付く。その影響で、2022年度上半期には、コンパクトミニバンのフリードが発売から約6年を経過しながら1カ月平均で6246台を登録した。新型になったステップワゴンの3118台を大幅に上まわる。「ホンダ車を買うなら、ステップワゴンよりもフリードでしょ」という認識が確立されつつあるからだ。

あわせて読みたい

トヨタ新型C-HRは23年5月発売?? アリアがまさかの受注停止!? 国内メーカーの「今」取って出し
ベストカーWeb
新型セレナ「顔だけじゃない」デザインの見どころ
東洋経済オンライン
ドライブで訪れる軽井沢の最新スポット! カローラ ツーリング×プロスノーボーダー中村貴之
antenna*
納期遅延ですぐに新車が買えないいまお得なのはドレ? 「乗り続ける・中古車購入・サブスク」を比べて考えてみた
WEB CARTOP
新型シエンタ売れゆき絶好調!! 先代まで人気薄だった2列5人乗りの人気が高いワケとは?
ベストカーWeb
不朽の名曲 「残酷な天使のテーゼ」を歌う高橋洋子さんのライフスタイル
UR LIFESTYLE COLLEGE
間もなく「新型セレナ」登場だけど……ちょっと待って!! モデル末期なのに現行型セレナが好調に売れていたワケとは?
ベストカーWeb
成功続きにみえるトヨタにも苦労はある! 売れてなくても「存続必須」なクルマ3台
WEB CARTOP
ジープ・コマンダーと行く週末ハイク&キャンプ
Jeep®
出ました! 新型セレナはミドルクラスミニバンNO.1か? ノア&ヴォクシー ステップワゴンと12項目に渡る実力診断結果は
ベストカーWeb
トヨタの独り勝ちは許さん! ジャンル別「トヨタ車に勝てるクルマ」5選
ベストカーWeb
3月から5大ドームツアーも決まっているback number 清水依与吏さんライフスタイル!
UR LIFESTYLE COLLEGE
もはや日本で敵なし! N-BOXがいつまでも独走する理由とその裏にある弊害
WEB CARTOP
納期と値段と走りでベストは? バカ売れトヨタ・シエンタをいま買うならズバリどのグレードか
WEB CARTOP
【シュラフ18選】冬キャンプや車中泊で暖かく過ごせる寝袋を厳選
Jeep®
ハイブリッドよりも安くて短納期!! 今あえてのガソリングレードのすすめ
ベストカーWeb
新型セレナ登場を前に「ステップワゴンの販売が大苦戦」ノア/ヴォクシーに大きく水をあけられている理由とは
ベストカーWeb
ヤンマーが発信する「HANASAKA」 次世代へ向けた新しいサステナビリティのカタチとは
antenna*
販売店に聞いた三菱「デリカD:5」の人気の理由とは? 売却時でも高値がつくので何台も乗り継ぐオーナー続出です
AUTO MESSE WEB
新型セレナ発売直前「ステップワゴン」と「ノア&ヴォクシー」の三つ巴販売競争はどうなっているのか?
ベストカーWeb