フィリピンのゴミ山に住む子供達への学資支援のための舞台を成功させたい!

CAMPFIRE
2022.10.12 23:23
日本初の観客体感型チャリティー公演を11月に行います!フィリピンのゴミ山に住む子供達へ、学資支援の国内活動費の為の公演を開催します(現地、オンラインの両方)。今回は日本で初めての観客体感型のチャリティー公演になります。支援してくださる方、舞台を応援してくださる方を募集するクラウドファンディングです。
はじめまして、本公演プロデューサーの毛利杏奈と申します。
私は舞台に立ち17年程になります。コメディ、時代劇、TVにも出演したりと、様々な経験をさせて頂き、表現する事で社会貢献ができないかと思っていました。そして、ご縁からフィリピンのゴミ山に住む子供達に会う事ができました。子供達が見せてくれた笑顔と将来を守りたいと思い、 このプロジェクトチームを立ち上げ、舞台を創り、チケット代の何%かをフィリピンのゴミ山(スモーキーマウンテン&パヤタス)の幼稚園に学校資金を2017年から毎年寄付しています。
現在はプロジェクト代表として、永続的にこのプロジェクトが進む事ができるように努め、行動しています。最近、子供を授かり母になり、その思いは益々強くなっています!
今回のクラウドファンディングは、
現地で学校を運営している団体、クリエイティブ・イメージ・ファンデーション様、
長く現地を支援し、私たちと現地の橋渡しをしてくださる、公益財団法人修養団様との共同プロジェクトです。
彼らへの学資支援のための舞台を11月末におこないます。
今回は日本初の試みとして観客体感型の舞台を創りました!
フィリピンのパヤタスの現状をより深く体感して頂きたい!そんな想いからお客様には自由に動き周りながらお芝居も楽しんで頂けるような作品を創っております。
今回も、会場での観覧に加え、オンライン配信も取り入れます。
また、日本にいて舞台を見たくても見に行けない子供達へ「舞台のチケットをプレゼントできる権」も用意します。
より多くの方に、フィリピンのゴミ山に住む子どもたちの現状を体感いただき、彼らへの学資支援を集めたいと思っています。
日本から来た青年たちは岐路に立たされていた。
大気浄化法によってフィリピンではゴミの焼却が禁じられている。その為フィリピンでは国内に幾つもゴミの山が存在する。ここパヤタスも例外ではなく、ゴミ山は閉鎖されたものの、トラックは毎日のようにゴミをこの街の通りに棄てていく。子供たちは、そのゴミの中からビンや缶、あるいはペットボトルといった再資源となるものを拾い集め僅かなお金に変える。それはとても不潔で、危険な行為であった。
日本からボランティアに来たマリコとミサコはその本来の目的であるパヤタスの子供たちと触れ合う事ができずに立ち尽くしていた。彼らのあまりの過酷な現実に打ちのめされていたのだ。これまで生きてきた環境と目の前に拡がる現実、それまでの過去とこれからの未来、日本とフィリピン‥。幾つもの岐路の中心でたたずむマリコとミサコの、それでも最初に踏み出したその一歩が、彼らの運命を大きく変えていく…。
当たり前だと思っていた
ここからは、私の思い、きっかけを書きますね。もし良ければお付き合いください。
私は2017年に、ゴミ山に暮らす子供達のボランティアに1週間参加しました。
この土地の匂いや環境は想像を絶するものでした。
帰国し成田から帰る電車から見えた景色が綺麗で「日本に住む私たちは何て恵まれているのだろう」と、涙を流してしまった事は今も忘れられません。
当たり前な生活に感謝もなく、自分の事でいっぱいだった事に気づかされたのです。
自分がどんなに恵まれているか。
しかし、あの子供達はどんな状況でも笑顔が素晴らしかったのです。
あの子供達の笑顔から教わった事は数知れず、何か恩返しができないかと思い、このプロジェクトを立ち上げました。
2016年12月末に舞台のお客様から山口千恵子さん著書「パヤタスに降る星」を頂き、その本には「あなたは本当の意味で生きていますか?」と問われていました。
2017年8月に私はその答えを探しに、その本の舞台であるゴミ山に暮らす子供達のボランティアに1週間参加し、ゴミ山に暮らす子供達の幼児園に筆記用具などの物資を届けたり、ホームステイもさせて頂きました。その年から毎年、学資支援を目的とした舞台を年に一度主催しています。
一昨年はコロナの状況を鑑みて舞台は行いませんでした。支援金だけを皆様にお願いし、子どもたちへ送ることはできたものの、「知ってもらう」ための舞台ができなかったことが残念でした。 昨年は、オンライン配信という手段も取り入れ、より多くの方に知っていただきただけました。
今年は、お越しいただいた方にパヤタスを体感して頂きたい!そんな想いから日本では初の試みの体感型の公演でより臨場感を感じて頂ける舞台を、パヤタスの現状を知って頂きたいと思っております。
都内でフィリピンの学資支援を目的としたチャリティー公演があり、
その舞台制作費をクラウドファンディングで集めるプロジェクトであり、
この舞台が実現した先に、チケット収益等の一部は学資支援にする予定です。
今後のパヤタスプロジェクト国内活動経費・小学校、幼稚園(国内)への公演活動運営費:25万円
会場費、舞台セット、スタッフ経費など:29万円
GOOD MORNING手数料:6万円
※目標金額以上集まった場合は、支援金額を増やします。
※舞台が実現した際の売上の一部を、フィリピンへの学資支援にさせて頂く予定です。
・舞台の観覧チケット(リアル/オンライン)3,800円
・舞台を観に来られない日本の子供達に、チケットをプレゼントできる権
 (受け取り先の子供たちからお礼のお手紙が届きます)
・役者さんと一緒にオンラインで打ち上げに参加できる権
その他、追加していく予定です。
SYDホールにて公演(〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-25-2)
11月25日(金)①15:00〜・②18:30〜
26日(土)③11:30〜(貸切)・④15:00〜・⑤18:30〜
27日(日)⑥11:30〜・⑦15:00〜
全7回公演・体感型(自由に観劇できます)
*開場は開演の1時間前になります
*26日③④の回は開演15分前にCosmo Globai Kidsによるopening act danceがあります。
*③は貸切公演になります。


前売3,800円
配信3,800円
高校生以下3,000円


2023年 2月【現地訪問】
現地の学校を訪問し、今回のクラウドファンディングと舞台の報告をします。
※コロナの状況により前後する可能性があります。
2023年 6月【児童入学時期】
チケット収益等の一部から支援した子供たちが入学します。

最後に
この舞台は、私のことを全く知らないあなたでも、必ず感動していただける自信があります。 久しぶりに、エンターテインメントを楽しみたい! 何か社会貢献したい!! どちらかでも構いません。そんなお気持ちのある方は、 私たちの、そしてフィリピンの子供たちの支援者になってください。仲間になってください!!
よろしくお願いします!!
代表・舞台プロデューサー 毛利杏奈
共同企画
クリエイティブ・イメージ・ファンデーション
(Room 101 Gawad Kalinga bldg Permanent housing balut tondo manila,Philippines)
公益財団法人 修養団
マーケティングディレクター 毛利大介
クラウドファウンディング協力 株式会社and More


公式HP▶︎https://payatas.jimdosite.com/
▶︎
▶︎
公式LINE▶︎https://liff.line.me/1645278921-kWRPP32q/?accountId=263wpjiv
【ご支援頂きましてありがとうございます!!こちらの公式LINEのご登録お願い申し上げます】




原作『パヤタスに降る星」著者山口千恵子
脚本・演出 貞岡秀司
舞台監督:青木かづき
照明:青木大輔
音響:奥村典洋
写真:石黒伸二
メイク:高橋早登子
キャスティング協力:幸音
チラシデザイン:山口えり
CAST(50音順)
秋月優・梅田慧子・大倉泰生・大原わかな・小林暖・須藤美鈴・高沢ふうこ・田中くるみ・津山舞花・寺澤美央・永井冴門・仲かなこ・西田百江・二本松昇太・林隼太朗・三ツ璃いお・むらいゆうこ・村上千紗・山崎留美

【沿革】
2017年 毛利杏奈フィリピン訪問、プロジェクトチーム立ち上げ、初回公演
2018、2019年 第2回、3回公演
2020年 コロナ禍により舞台中止 クラウドファンディングにより支援金のみ募る
2021年 サンパギータ咲く山の童話 オンラインとリアル観覧公演実施
2022年 現在、舞台公演準備中

【問い合わせ先】
株式会社Voice Crew
エンターテイメント事業部内 担当:毛利
メール:an5926na.m@gmail.com
<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

あわせて読みたい

【バレエサークルAiles】5周年記念公演をより良い舞台にしたい!
CAMPFIRE
教室が暑い!快適に勉強したい!遮熱フィルムで光熱費削減の実現!
CAMPFIRE
フォルクスワーゲン待望のEVが日本初登場!「みんなのフル電動SUV」誕生の背景とは?
antenna*
【リコー社内起業家インタビュー】「3D ピコ水力発電システム」で新興国の電力不足解決に挑む「WEeeT-CAM」
PR TIMES STORY
あしかがフラワーパークにてKKdayのインバウンド対応可能なチケット管理システムを導入
PR TIMES
気になるけれど…怖くない?話題の近視治療ICLって一体何?
antenna*
ゴミ山で暮らす子供たちの実話に基づく舞台作品 チャリティ公演パヤタス『たたずむ その場所で』上演決定 カンフェティでチケット発売
PR TIMES
ミュージカル「えんとつ町のプペル」大阪公演を成功させて、子供達にプレゼントしたい
CAMPFIRE
文具を知りつくすスペシャリスト、 ステーショナリー ディレクターの土橋正さんが手掛ける文房具
UR LIFESTYLE COLLEGE
ウクライナから来日したバレエダンサー達に活動の場と支援の手を
CAMPFIRE
子ども達に演技と歌の無料ワークショップで「感情の解放」のお手伝い
CAMPFIRE
京都のさらなる魅力を探る!絶景プロデューサー詩歩の「ドライブ×絶景」二人旅
antenna*
プロの役者と障がい者とで創る「障がいのある人に寄り添う演劇」を多くの人に届けたい
CAMPFIRE
日本発のNFT『CryptoNinja(クリプトニンジャ) 』を舞台化したい!
CAMPFIRE
テニス指導者【坂井利彰】おすすめ。手間なく続けられる体メンテナンス術とは?
antenna*
クリスマスや誕生日を諦めた子ども達へ「本を届ける」 #ブックサンタ へ応援を!
CAMPFIRE
祝!!手賀東小学校150周年!!!! 子どもたちに笑顔と祝福を!
CAMPFIRE
【加治ひとみさんが教える】今すぐマネしたい!かぢちゃん流「温活習慣」とは?
antenna*
コロナ禍で活動が制限されてきた私たち中高生の力だけで演劇の舞台をやりとげたい!
CAMPFIRE
パントマイムの魅力が詰まった大舞台を、なんとしても成功させたい!
CAMPFIRE
第一人者の先生に聞きました! 「ICL」はこれからの近視治療のスタンダードかも?
antenna*