Icon loading md
6492767 full c9565048 f7d5 4833 83ea 022b43b948d9
SHIHOが着る、大人をきれいに見せるEPOCAの服
EPOCA
2018.05.09 10:00
美しいシルエットや、肌映えする色、そして、きちんと見える仕立てのよさ――。大人がキレイに見える条件をすべて満たしたブランドEPOCA(エポカ)で、“今”の5つのスタイルを、モデル・SHIHOが着こなす。
6492767 xgicblfp full c80bbc1d 22fb 4d14 a39e 6dff8cc4de0a
ジャケット¥49,000/トップス¥23,000/パンツ¥39,000/イヤリング¥12,000(すべてEPOCA)

【Style1】夏のジャケットが、凛とした女性像を導く
夏でもきれいに見えて涼しい、一枚仕立てのジャケットは、大人の必需品。メッシュ組織で織り上げたEPOCAのひとつボタンジャケットは、天然繊維のようなナチュラルな風合いでありながらシワになりにくく、自宅で洗えるのがうれしい。
同素材のワンピースやスカートとセットでかっちり着こなすのもいいし、ハイウエストのチェックワイドパンツを合わせれば、ぐっとトレンド感のある装いになる。
6492767 wkriferu full efc12782 45af 463b 99c2 4677a8246c95
ワンピース¥49,000/ベルト¥26,000/ピアス¥12,000(すべてEPOCA)

【Style2】エレガントなだけじゃない。心地よさも極上
「レッテ・ラ・マリア」シリーズのジャージーワンピースは、見た目にもしなやかなドレープ感と、さらっと心地いい肌ざわり、そして優れた伸縮性が魅力。袖とウエストにほどこしたシャーリング効果で、ジャージー素材でもカジュアルにならず、オンオフ問わず活躍しそう。
また、すらりとスマートな長めの丈は、足もと合わせも着る人の体型も選ばず使い勝手も抜群。太めのベルトでウエストマークすれば、いっそう女っぷりも鮮度も加速する。
6492767 huehrpbb full 92d3ad84 0e8f 4c4d beac b8288af5104a
ブラウス¥36,000/パンツ¥29,000/ピアス¥12,000(すべてEPOCA)

【Style3】都会のリゾートスタイルは、品よく、女っぽく
旬の花柄も、抽象的なタッチとブラウン×ネイビーの配色で、大人に似合うモダンな仕上がり。肩にたっぷりほどこしたシャーリング部分は、そのままでも着られるし、肩を落としてオフショルダーにもなる2way仕様。
袖口のゴムはブラウジングして、ふんわり軽やかな袖のボリュームを楽しみたい。落ち感のあるジャージーパンツに合わせれば、リラックス感のある印象に。きちんとしたパンツとなら、通勤にも。
6492767 zsycrbyx full dd340ece 21a6 42f9 a9fa 48776f77bdc9
ジャケット¥47,000/ニット¥21,000/パンツ¥36,000/ピアス¥9,000(すべてEPOCA)

【Style4】潔くクリーンに映える、白のワントーン
この時季、格別な着映え感を発揮する白のスタイル。EPOCAらしくミニマルにデザインをそぎ落としたノーカラージャケットは、裏地がなく、真夏でもカーディガン感覚で軽く羽織れる。自宅で洗える素材も、白を気負わず楽しめる理由。
合わせたガウチョパンツは、スカート派の人にも取り入れやすい、きちんと女性らしいシルエットが新鮮。別に、ジャケットと同素材のワンピースやスカートもあるので、自由に組み合わせてセットアップとしても。
6492767 nfkljvfq full c02e4ea0 687c 41e7 b849 f615daefc776
ワンピース¥69,000/ピアス¥12,000(すべてEPOCA)

【Style5】チェックのドレスで、ふわり、軽やかに華やぐ
トレンドのチェック、そして女心ときめく赤を、気負わず涼やかに楽しめる一枚。フィット&フレアのシルエットが、大人の可愛げを表現すると同時に、脚長なバランスに見せてくれる。
表面に凹凸感をもたせ、麻のようなシャリ感と適度なコシを備えた生地は、ふわっとしたシルエットをキープしつつ、シワになりにくいのも特徴。ウエスト部分がシャーリングになっているので、ベルトをはずしてもサマになる。

ポジティブでアクティブな都会を生きる日本の女性たちにインターナショナルな時代性とクオリティーの高いコレクションを提案するEPOCA。シックでモダン、かつ着心地のよい新作でこの夏をとびきり楽しみたい。
[STAFF]model:SHIHO/photography:Yuji Takeuchi/styling:Kumi Saito/hair&make-up:Keiichi Hiramoto/Edit:Taeko Higashihara

関連コンテンツ