Icon loading md
6015242 full 7b4cda97 138d 40be bb12 b0ae31826bbf
働き方の選択ができる社会を目指して・・・一般社団法人at Will Work編
J-WAVE
2018.01.24 00:00
J-WAVE(81.3FM)の人気モーニングワイド「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」内で仕事との向き合い方、家族との関係など、働き方が問われる現代において、新しい働き方を実践する方々のリアルな声を紹介している「iction! QUOTE OF THE DAY」。
毎回、その実体験から<働き方>のヒントとなる‘QUOTE OF THE DAY’を導き出す5分プログラムです。

12月25日〜12月28日の放送では、一般財団法人「at Will Work」の取り組みをご紹介しました。

カンファレンス、アワードプログラム、そして、理想的な働き方を模索する企業や人へのサポートを行っているat Will Work、初日の放送では、代表理事の藤本あゆみさんに設立のきっかけなどを伺いました。もともと、女性の出産後の復職に関する取り組みを行っていた藤本さんですが、より良い働き方の選択肢を広げるために、企業や個人のサポートを行いたいと、当時の仲間たちと一般社団法人を設立。それぞれの得意分野を持つ五人の理事たちとノウハウの蓄積、体系化により、事例共有のプラットフォームをつくり、多くの企業や個人にアドバイスを行っています。
そんな初日のお話から導き出した「QUOTE OF THE DAY」は『 企業をサポートすることで、個人の働き方を変える 』でした。
カンファレンスなど、at Will Workの活動により多くの企業に参加して欲しいと語る藤本さんですが、その根本には、企業をサポートすることで個人の働き方を変えることにつながると信じているからなんだそうです。
6015242 dtjclyyi full 4fb1e521 010f 45ff b22d 563b0b32ade1
2日目は、at Will Workの考える働き方改革のアプローチに注目。働き方改革を進める企業や個人のサポートを行っているat Will Workですが、その相談内容で多いのが、「まずどうしたらいいかわからない」というもの。ですが、代表理事の藤本あゆみさんによれば、「これをやっておけばいい」という答えはないといいます。ですが、もはや企業にとっては無視できないフェーズに来ている働き方改革。
「できること」を無理矢理探すのではなく、「やりたいこと」を見つけることが、より良い働き方につながるといいます。
また、具体的な取り組み方としては、企業単位ではなく、個人単位や1週間単位で取り組んでみるのがオススメとのこと。
そんな2日目の「QUOTE OF THEDAY」は、
『 思考は大きく、スタートは小さく早く! 』でした。
時代の変化が速い分、大きなアクションは時間がかかりすぎるため小さいアクションを積み重ねることで、大きな目標を達成する。働き方改革だけでなく、様々なプロジェクトに通じるアドバイスをいただきました。
6015242 zflyuwyg full e3efd376 0555 4ec9 8f6a 8c4bd7d44c58
3日目は、実際にat Will Workのカンファレンスについてご紹介しました。
もともと500人規模のカンファレンスを行うことを一つの目標として設立されたat Will Workですが、2017年2月に行われた第一回は600人規模、そして2018年2月に予定されている2回目は1000人規模になるそう。第一回は「働く、生きる、そして・・・」と題され、様々な趣向を凝らした内容で、選りすぐりのスピーカーが登壇し、大好評に終わったようです。
参加者がソリューションや答えを得て帰るのではなく、反対により悩み、眉間にしわを寄せるような表情で帰って欲しいと語る代表理事の藤本あゆみさん、
こうしたお話の中から導き出した3日目の「QUOTE OF THE DAY」は・・・
『 自分で考え、行動する!』でした。
アイデアやインスピレーションは受けても、参加者それぞれが実際に自分のケースに置き換え、考えることが重要というat Will Workのカンファレンス。
珍しい登壇者や、その時、一番旬な話題を話せる方たちが参加し、他のカンファレンスとは一味違う体験を提供されているそうです。
at Will Workのカンファレンス第二回は2018年2月15日、虎ノ門ヒルズで開催予定。チケット発売中!
6015242 lknnoagx full a0bd7521 cfb5 4a0d 961a 37c00b81fdea
最終日は、at Will Workが目指すより良い働き方について伺いました。代表理事の藤本あゆみさん自身が体験している新しい働き方は、at Will Workの代表理事と一般企業で広報として働く二足のわらじ的な働き方。副業・兼業のメリット、デメリットを身をもって体験されている藤本さんですが、その経験がat Will Workの活動にも生きているようです。
女性の働き方、テクノロジー推進、海外の労働環境など様々な分野のエキスパートが集まるat Will Work。新しい働き方についてもそれぞれの理事が違う考えを持ち、その多様性が働きやすい社会づくりに繋がっているようです。
そんな最終日のQUOTE OF THE DAYは・・・『 新しい働き方とは、多様性が増えること』
副業解禁の流れの速さにも驚かされた今年、人が、企業が、多様化していくことが、新しい働き方に繋がり、働き方を選択できる社会に繋がるのかもしれません。来年2月開催予定のat Will Workのカンファレンスで、そんな多様性に向けたアイデア、探してみるのもいいかもしれませんね。

あわせて読みたい