Icon loading md
5935721 full e74c4aa6 c1b3 40bc 9fa1 e9b797cbaed9
好きを仕事に!働く女性を支えるファッションブランドが生まれた理由
J-WAVE
2018.01.17 00:00
J-WAVE(81.3FM)の人気モーニングワイド「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」内で仕事との向き合い方、家族との関係など、働き方が問われる現代において、新しい働き方を実践する方々のリアルな声を紹介している「iction! QUOTE OF THE DAY」。
毎回、その実体験から<働き方>のヒントとなる‘QUOTE OF THE DAY’を導き出す5分プログラムです。
働く女性をサポート、ラクして美しくを届ける、アユワ株式会社
12月18日・月曜~21日・木曜の4日間は、「ラクしてきれいになれる」のコンセプトでワンピースブランドを誕生させたアユワ株式会社の代表理事の代表取締役 渡部雪絵さんのインタビューをお届けしました。

2016年5月にJapan Madeのファッションブランド「Ayuwa」をリリースしました。「アユワ」が手掛けるワンピースのターゲットは、子育てと仕事を両立している女性たち。その女性たちをはじめ、売上の5%は子ども支援を中心とした社会貢献活動へ寄付するなど、広く社会全体に貢献する取り組みを展開しています。もともと、銀行、そして新聞社に勤務していた渡部さんが、このワンピースブランドのアユワを創業するきっかけ・・・。
それは妊娠して、仕事を一旦辞めることを決意。周囲の方の影響で起業の道へ。「とにかく好きなことをちいさく始めて、利益をつくる」というアドバイスを受けて女性にとって万能な服で、好きなワンピースの起業を始めた、渡部さん。新たな未来作りの貢献にもつながっていきます。
こうしたお話から導き出した初日のQUOTE OF THE DAYは、
『好きなことの追求が、新しい<働き方>につながる』
でした。
昔から「継続は力なり」「好きこそ ものの 上手なれ」と言われてきた、
その結果が、アユワという形を作り出したのかも知れません。
5935721 ctcmkroh full fd994ba5 807d 4361 8351 04518fc1caa3
2日目は、渡部さんが実際に育児をしながら起業をして気づいた点、そして意外な反応があったことについて注目しました。渡部さんのように出産後に起業し、新たなキャリアを踏み出すことは、働く女性や周りの男性に、とっても刺激になっているようです。
「出産や育児をはじめとした、新たなチャレンジ」に不安を抱える女性にとっても、一歩、踏み出すための一つの選択肢になるのではないでしょうか?
こうしたお話から導き出した2日目のQUOTE OF THE DAYは
『ライフステージの変化は、新たなビジネスにつながる!』
でした。
「“出産後の起業”」という、自分らしい生き方を選択。渡部さんの仕事や活動は、周りにも影響を与えて、新しい仕事や人脈にも繋がっています。
3日目は、渡部さんが実際に感じた“育児をしながら女性が働くための手段の1つでもある「時短」について”お話を伺いました。
アユワでは、暮らしの時短を実現するアイテムも手掛けられているそうですが、こうした時短アイテムが受けいれられている背景には社会の変化もあるようです。
そんな3日目のお話の中から導きだしたQUOTE OF THE DAYは
『道具が変われば、プライベートも仕事もスムーズに!』
でした。
時短アイテムでちょっとしたコツで 時間を有効に!効率的な時間の使い方が分かれば、自由な時間が増えるだけではなく、もっと仕事の効率を楽にあげることにつながります。参考にしてみてはいかがでしょうか? 
5935721 nlwrgkli full 440b4a94 a5c7 4f5b 9149 c31d13e0992b
最終日は渡部さんの今後の目標について伺いました。女性、一人ひとりが「力をつける」・・・エンパワーメントしていきたいという渡部さん。女性の「意識の変化」、「働き方の変化」に社会が気づき、対応してほしいという願いから、女性の「多様な働き方」を応援していきたいという、渡部さん。
ご自身も子育てと仕事を両立している経験から後輩ママの皆さんへ向けて、育児を前向きにとらえて楽しんでほしいという言葉をいただきました。
そんな最終日のQUOTE OF THE DAYは・・・
『キャリアは“積む”のでなく、繋ぐもの!』
妊娠、出産、そして育児・・・ライフステージの変化に伴い、仕事への向き合い方に悩む女性、そしてもちろん男性も、少なくないと思います。そうしたライフステージの変化で得た“経験”は、自分の成長につながる!キャリアも人生も、“積む”のでなく、繋いでいくことを意識してみてはいかがでしょうか?

あわせて読みたい