Icon loading md
5324605 full 2a801588 3828 4182 a298 17491ca2a31c
ついやる気が湧き出る!社員がポジティブになれるユニークな取り組み
J-WAVE
2017.08.23 00:00
J-WAVE(81.3FM)のモーニングワイド「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」内で、
放送している「iction! QUOTE OF THE DAY」。
仕事との向き合い方、家族との関係など、働き方が問われる現代において、
新しい働き方を実践する方々のリアルな声をご紹介。
毎回、その実体験から<働き方>のヒントとなる
‘QUOTE OF THE DAY’を導き出す5分プログラムです。
5324605 pwhnhphc full 9c192aca 6c00 43be 86e9 642d15f94739
ユニークな社内制度を活用しているSansan株式会社の取り組み
7月31日から8月3日は、数多くのユニークな社内制度を採用している
Sansan株式会社の取材を行い、社内制度のアイデアとその活用法について
ご紹介しました。

初日は、Sansanがどういう会社なのかをブランドコミュニケーション部の
小池亮介さんに伺いました。
"Sansan"と"Eight"という二つのクラウド名刺管理サービスを運営している
Sansan株式会社で現在運用されている社内制度はなんと25。
そのどれもがキャッチーで遊び心のある名前の制度なんです。
Sansanのユニークな社内制度はどうやって作られるのか?
小池さんによると、社員から提案があったり、人事部が必要だと判断した場合に
話し合いの末に新しい制度が作られたり、古い制度が刷新されたりするそう。
制度の中ではコミュニケーション系の制度が人気で、例えば「Know Me」。
「私を知って!」という意味と「飲み会」がかかったネーミングで、
ポップな名前でありながら、その制度の本当の意味合いが込められているのが
Sansanの社内制度の特徴です。

初日の放送から番組が導き出した「QUOTE OF THE DAY」は・・・
『遊び心が 生産性を上げ、創造性を豊かにする』
親しみやすいネーミングにすれば、社員のその制度に対する感覚もカジュアルに
なり、利用するハードルも下がります。さらに「こういう制度があったら面白い!」
という発想をすぐに吸い上げて、制度を日々アップデートしてくれる会社側の
姿勢も社員のモチベーションを上げてくれますよね。
5324605 hkqwdhue full 56f56851 5b61 4c99 b5f6 cd76c2e96397
2日目は、ユニークな社内制度の具体例について。
まずは、初日にも登場した「Know Me」と「H2O」という2つの制度について
小池さんに伺いました。
「Know Me」は、今まで飲み会を共にしたことがない人と飲む場合に補助金が
出る制度。
「H2O」は「Home to Office」の略で、Sansanの本社の最寄り駅から2駅以内に
住んでいれば家賃補助が出る制度だそう。
さらに、「イェーイ」という制度について、同じくブランドコミュニケーション部の
溝野萌さんに伺いました。
「イェーイ」の他にも、「どに~ちょ」「テランチ」「KISS」など、ユニークな
ネーミングですが、中身を知ると納得するものばかり。ちなみに「KISS」は
「Kids Sitter Support」の略で、シッター費用の補助制度ということです。

そんな2日目のお話から導き出した「QUOTE OF THE DAY」は・・・
『親しみやすい制度が、働く気持ちをポジティブに!』
どんなに充実した社内制度も使われてこそ意味があります。
ネーミングこそユニークですが、その中身は社員の仕事に対する気持ちを
前向きにするものばかり。「今日Know Meいこうよ!」という会話が、
日常的に出るくらい浸透していれば、社内制度はぐっと身近になりますよね。
3日目は、Sansanの多くの社内制度の中でも特徴的な「よいこ」について。
小池さんによると、「よいこ」は会社公認の部活動で、現在12のコミュニティが
活動しています。
「よいこ」の中の人気コミュニティ「ラーメン二郎部」に所属している
溝野さんに、普段の「ラーメン二郎部」の活動についても伺いました。
ラーメン二郎部は、「よいこ」の中でもトップ3に入る人気ぶり。
他にも出産・育児の情報交換をする「パパママ会」や「麻雀部」など
多彩な部活があり、活動内容に応じて会社から補助も受けられるそうです。

そんな3日目のお話から導き出した「QUOTE OF THE DAY」は・・・
『部署を超えたコミュニケーションで、会社のミッションを達成する!』
業務内容が多岐にわたり、多くの部署がある会社内では、どうしても部内での
コミュニケーションのみになりがちです。しかし、"部活動"という社員が自発的に
自分の部署と関係なくコミュニケーションを取る仕組みを 会社がサポートすることで、
人脈が広くなるのはもちろん、視野が広がることで、新しいアイデアが生まれたり
イマジネーションがより働くようになりますよね。
最後に、制度を使う側の心構えを溝野さんに伺いました。
5324605 tuartayt full b8a09324 226a 48b3 9f82 7fef811cda22
最終日の4日目は、多くのユニークな社内制度がある本当の意味合いについて。
Sansanのスローガンは「ビジネスの出会いを資産に変え、働き方を革新する。」
小池さんによると、会社としての大きな目標を、まずは社内から実現するために
こういった数多くの制度を使うことができるようになっているそうです。
Sansanでは、こういった社内制度だけでなく、そもそも都心部への通勤を苦痛と
感じる社員のために、徳島県神山町に、古民家をリノベーションした
サテライトオフィスを開いて、東京の本社とのテレワークも可能にしているそう。

そんな最終日のお話から導き出した「QUOTE OF THE DAY」は・・・
『会社の成功は社員から、社員のモチベーションは制度から』
社内制度は、言うまでもなく社員のためのもの。
社員がポジティブに仕事に取り組むためには、社員のプライベートも
ポジティブでなくてはなりません。社員が公私ともに活き活きと過ごせる
社内制度が充実していれば、会社が目指す目標に間違いなく
近づいていきますよね。

あわせて読みたい