Icon loading md
5011414 full 1af8345f 152f 4293 9a5a 365d08de75cb
都内から行ける!山の麓で営業する「癒し系パン屋さん」が人気
NISSAN
2017.02.15 10:00
平日は「朝食を食べる時間もない…」なんて人も、週末はちょっぴり遠出をして「山の麓のパン屋さん」で、のんびりと優雅なブランチでも楽しんでみませんか?

都内から車で1時間ちょっと。雄大な自然が広がる青梅・奥多摩エリアに、築60年の古い建物をリノベーションしてつくられたパン屋さん『noco BAKERY & CAFE』はあります。

家具屋「椿堂」による特注の扉を開ければ、店内には焼きあがったばかりの天然酵母のパン、ハンドドリップされた上質なコーヒーの香り、そして店を運営する佐藤晋里さん・えり奈さんのあたたかい笑顔が出迎えてくれます。

車がないと訪れにくい場所ではありますが、週末にもなると都内からは焼きたてのパンを求め、多くの人たちがここを訪れます。その秘密は、どこにあるのでしょうか?
5011414 ntmzdrds full 74746e62 eab4 4c26 bc1d b030320bb3d5
これぞレトロモダン、家具屋だった築60年の建物がパン屋に大変身!
『noco BAKERY & CAFE』がオープンしたのは2014年のこと。いつかはお店を出したいと計画していた佐藤夫婦ですが、なかなかいい物件に巡り合えず、気がつけば10年が経過していたとか。

「そんなとき、知り合いの方がこの建物を手放すという話を聞き、中を見せてもらったんです。そしたら空間がすごく魅力的で、見た瞬間に夫婦でビビッときましたね」

そう話す晋里さんは、古い建物の良さをいかすため内装のリフォームは最低限にとどめ、外観や構造はほとんど変更しなかったといいます。店内には特注で制作したテーブルやアンティークの椅子などをレイアウトし、シンプルながら明るく居心地のいい空間をつくりあげました。
5011414 nxbzewbc full 39de2fb5 c7c2 4206 a6f5 afebf536e5de
具材はすべて手作り。地元に愛される「天然酵母パン」の秘密
nocoのパンづくりは、妻のえり奈さんが担当します。毎朝3時に起床し、ハード系のパンからベーグル、スコーン、ホットドッグやタマゴサンドまで、毎日20~30種類のパンをすべてひとりで仕上げていきます。

nocoでは、自然発酵種「ルヴァンリキッド」という液体の天然酵母を使用しています。ルヴァンリキッドで発酵させたパンは、天然酵母なのにしっとりとやわらかく、かむほどに口の中にやさしい味わいが広がるのが特長です。

パンに使う素材や具材は、できるだけ手づくりするのがnocoのこだわり。あんこやクリーム、コンポートなども自家製のものを使っています。

「手づくりにこだわり、ちゃんと手を入れたものを届けたい」

そんな2人の想いこそが、他の店がマネできないnocoならではのおいしさの秘密というわけです。
5011414 nfxsjoga full 47db3867 965b 4216 b6c8 65e0376ca77c
カフェスペースで飲食OK。「ねじまき雲」の豆で淹れるコーヒーは格別!
店内にはカフェスペースがあり、購入したパンをその場でいただくことができます。

カフェを利用するなら、ぜひ味わってほしいのが晋里さんの淹れるドリップコーヒー。使用している豆は、国分寺にある自家焙煎珈琲の名店『ねじまき雲』から仕入れたもの。えり奈さんの焼くパンにあわせて特別に焙煎したもので、ここでしか味わえないパンとコーヒーのマリアージュが楽しめます。

店のある青梅市柚木町周辺は、ハイカーたちに人気の山々や多摩川などの自然が近く、リフレッシュ気分が味わえる絶好のエリア。ただし、都内から訪れる人の中には「どんなにパンがおいしくても、車の燃料費などを考えると、何度も通えないのが残念……」という声も。往復で考えると、車のガソリン代もけっこうバカにできないですからね。

ところが、そんな心配も日産の“電気自動車”なら気にしなくていいって知っていましたか?
5011414 doiukqvv full 27fafbec 57d8 4116 a7c8 801404327e39
何キロ走っても月額2000円!電気自動車の充電代、ついに“定額制”がスタート!
「燃料費を気にすることなく、もっと遠くへ行きたい!」そんな人たちに注目されるのは、日産の電気自動車オーナーを対象にしたプログラム「日産ゼロ・エミッションサポートプログラム2(以下、ZESP2)」です。

ZESP2とは、月会費2000円(税別)を支払うだけで、日産販売店舗や高速道路のサービスエリア、コンビニなどに設置されている全国5600基以上の急速充電器が“使い放題”になるというサポートプログラム。どれだけ車を走らせても、充電代は1か月2000円(税別)の定額制です。

しかも、日産自動車販売店で日産リーフを購入し、ZESP2の「使いホーダイプラン」に申し込むと、なんと2年間の月会費が無料になるという驚きのキャンペーンも実施中!

燃料コストを気にしなくていいなら、ちょっと離れたパン屋さんにも好きなだけ通うことができます。何よりも、電気自動車は環境にもやさしい乗り物なので、自然の中をドライブするにはピッタリ!

全国には車でしか行けないような場所に、おいしいパン屋さんや素敵なカフェがたくさん存在します。そんな店に少しでも興味があるなら、まずは「さらに見る」からZESP2をチェックしてみてはいかがですか?