クルマと離れていても愛車を感じられる……ハズ! 愛車と合わせて楽しみたい自動車メーカーが手がけた香水4選

2024.05.12 13:00
この記事をまとめると
■自動車メーカーが関係している香水を4つ紹介
■欧州メーカーの多くがブランドのイメージにあった香りを追求
■過去には日本のマツダが資生堂とのコラボで香水を販売していた
自動車メーカーのイメージを「香り」で表現!
  道ですれ違った人や言葉を交わした相手から、一瞬ふわりとただよって鼻腔をくすぐる香り。それによって懐かしい人や場所を思い出したり、その人の好みや人柄がなんとなく想像できたり、香りっていろんな作用があるものですね。
  クルマと香りの関係でイメージするのは、車内に置く芳香剤やアロマかもしれませんが、じつは自動車メーカーが出している香水があることをご存じでしょうか? 香水は16世紀頃に生まれ、ヨーロッパから広まったといわれていますが、やはりその本場であるヨーロッパの自動車メーカーからは多数の香水が販売されています。
  まずは、イギリス生まれのジャガー。「クルマ愛好家の想像力を掻き立てるブランド」として、ジャガーフレグランスは革新的なパフォーマンスやモダニティというジャガーの美学をそのまま受け継いでおり、ダイナミックな香りを纏う喜びを表現しています。
  香りの種類も豊富で、フレッシュで魅惑的な堪能とアロマの香りの「クラシック」、爽やかさと安心感に包まれる香りである「ライト」、太陽に照らされた雨粒が反射するアスファルトを想像して調香したという「ペース」、洗練されたラグジュアリーを堪能する「ヴィジョン」などなど。なかでも「レッドライン」は日本限定フレグランスで、忙しい毎日に爽快さと安らぎを感じさせる香りとなっているそうです。
  続いて、イタリア生まれのスーパースポーツカーブランドといえば、フェラーリ。フェラーリそのものの名を冠した香水も販売されていますが、クルマ好きにぜひおすすめしたいのは、エンツォ・フェラーリの右腕としてボディ製作を手がけ、フェラーリ250GTOをはじめディーノ206GT、308GTBといった名車を送り出してきた「カロッツェリア・スカリエッティ」の創業者セルジオ・スカリエッティを祖父に、オスカー・スカリエッティを父に持つ、シモーネ・スカリエッティ氏が手がける香水です。
  幼い頃から工房に出入りし、エンツォや歴代F1ドライバー、著名人が訪れる工房で多くの体験をしたシモーネ氏は、のちに母が手がけたオーガニックフレグランスブランドを手伝うようになり、工房での思い出を香りで表現することを決意したといいます。そして3年の月日を費やし、4つの香りを完成させたのです。
「RACING GREEN」は、伝説のスイス人F1ドライバー、クレイ・レガッツォーニがスカリエッティ家を訪れた日の思い出を表現。「RACING STEEL」は女優のイングリッド・バーグマンと映画監督のロベルト・ロッセリーニの出会いを表現。彼女たちは自分がオーダーしたクルマを見学に、工房を訪れたそう。「RACING ORANGE」は1957年型250テスタロッサの美しいボディを創り出した祖父に捧げる香り。「RACING YELLOW」は、カナダ人ドライバーのジル・ヴィルヌーブがスカリエッティ家を訪れた夏の日曜日に、母が心を込めていちじくのタルトを焼いている姿と、その幸せな光景を表現した香り。
  どのエピソードも、どんな香りなのか興味津々、ワクワクしてきます。当時のアルミ缶をイメージしたというパッケージも、とてもオシャレです。
過去にはマツダが資生堂とのコラボ香水を販売!
  続いては、車内に設置できるアロマディフューザーの種類が豊富なことでも知られるメルセデス・ベンツ。じつは身体にまとうための香水も、さまざまなラインアップが展開されています。ボトルにはもちろん、スリーポインテッドスターがあしらわれ、どことなくクルマのキーを彷彿とさせるデザイン。
  高品質で洗練されたクルマのブランドイメージをそのまま受け継いでいます。とくに、日本限定フレグランスの「メルセデス・ベンツ マン ブルー」はひときわデザイン性がよく、清潔感のあるクリアな香り。プレゼントにも喜ばれそうです。
  そして、日本メーカーでは、同じく日本の老舗メーカーである資生堂とタッグを組んだマツダの香水が印象的です。その名も「SOUL of MOTION」で、生命感をカタチにするというマツダのデザインテーマ「魂動」を香りとボトルデザインで表現することに挑戦した「アート作品」となっています。
  資生堂とのコラボは、「香りを芸術まで高めたい」という資生堂の初代社長・福原信三氏から受け継がれる精神と、「クルマはアート」とするマツダデザインの志が共鳴したことによって誕生。資生堂は当時、創業144年でデザイン部と研究所ができて100周年の節目の年ということもあり、視覚に訴えるデザインと香りのコラボレーションにチャレンジしたそう。
  クリエイティブコンセプトは「emotional simplicity(削ぎ落とした先の凝縮された興奮)」で、静寂のなかに凛とした佇まいと毅然とした品格を漂わせる香り。ただ、そこに至るまでにはとてつもない試行錯誤があったといいます。最初は、クルマに乗ったときの高揚感を表現した爽やかなシトラス系の香りを資生堂側から提案したところ、「ありきたりな香り。チャレンジではない」とあっさり却下。逆にマツダ側から「金属的な香りにできないか」と提案されたとのこと。一般的に香り業界では金属的な香りはよくないとされているのですが、それを逆手にとって心地よい金属的な香りを完成させたいと、あえて茨の道を進んだのだそうだ。
  最終的には、魂動の強さをウッディノート、生命感をレザーノート、情熱をローズで表現し、ライム系でシャープさを、カシス系でグリーンな堅いイメージを加え、メタリックでありながら心地よい香りを完成させたといいます。
  実際にこの香水を使ったユーザーからは、「ソウルレッドっぽさを感じた」といった感想が寄せられ、クルマファン、マツダファンにふさわしい香水に仕上がっているようです。
  また、ボトルデザインにもこだわり、シンプルなガラスのボトルをステンレスのカバーで覆っています。一見すると太めのシフトレバーのようでありながら、流れるようなフォルムがアート作品としての存在感を高めています。SOUL of MOTIONの価格は1万5000円(税別)で、限定1150個が販売されました。
  ということで、自動車メーカーの香水はどれも作り手の想いが詰まった、クルマ好きの心に響く香りになっているようです。

あわせて読みたい

マツダ3&ロードスターによる過酷な挑戦! MAZDA SPIRIT RACINGの富士24時間レース【動画】
WEB CARTOP
2シーズン目が始まる「フォーミュラ・ジムカーナ」! 「大学の自動車部対抗競技」をなぜ大企業が支援するのか?
WEB CARTOP
藤井聡太が5度目の防衛に挑む「王位戦」を間近で楽しむツアー開催!
antenna
クルマ好きの大好物「コーナリングマシン」……ってよく考えると何? どんなクルマが該当するのか考えてみた
WEB CARTOP
マツダが北京で4ドアセダンとSUVの電気モデルを同時に発表
webCG
期間限定キャンペーン! カンデオホテルズが誇る「スカイスパ」をお得に楽しもう
antenna
マツダ、北京モーターショーで新型電動車2機種を初披露。2024年中に1車種を発売
ドライバーWeb
映画『フェラーリ』予告編&本ビジュアルが解禁!
海外ドラマNAVI
美と気品をテーマにしたドライケーキ専門ブランド「女王製菓」を発表
PR TIMES Topics
アダム・ドライバー主演『フェラーリ』情熱と狂気の予告編が公開 ─ F1の帝王、知られざる悲劇と闇
THE RIVER
2024年もマツダはカーボンニュートラルでモータースポーツ! 「ENEOSスーパー耐久シリーズ2024年」にマツダ3と2台のロードスターで挑戦
WEB CARTOP
フレンチシェフが手掛けるケーキのような新感覚かき氷「Paris氷」を期間限定販売
PR TIMES Topics
F1界の“帝王”エンツォ・フェラーリ の波乱と激動の人生を描いた映画『フェラーリ』7月5日待望の日本公開
FRONTROW
マイケル・マン監督最新作『フェラーリ』場面写真が解禁!主演アダム・ドライバーのコメントも
海外ドラマNAVI
ゆったり時間に、日頃の頑張りに、大切なあの方に、ご褒美をプラスする「ご褒美Baum⁺」
PR TIMES Topics
カーレーサー歴20年のパトリック・デンプシーが髪を5回染めて再現!『フェラーリ』新場面写真解禁
海外ドラマNAVI
連載:アナログ時代のクルマたち|Vol.25 スタンゲリーニスポルト750ビアルベロ
octane.jp
くらはしれいさんの世界観を表現した新シリーズ第2弾「Story stationery」登場
PR TIMES Topics
映画『フェラーリ』主演アダム・ドライバーのインタビュー映像解禁!
海外ドラマNAVI
アダム・ドライバー主演『フェラーリ』、情熱と狂気秘めたキャラクターたちのポスター到着 ─ 『ヒート』マイケル・マン最大の野心作
THE RIVER