GRヤリスRally2の潜在能力がヤバい! デビューしたてなのにトップドライバーたちが絶賛する「驚きの性能」とは

2024.04.24 17:30
この記事をまとめると
■全日本ラリー選手権第2戦ではGRヤリスRally2が激しい上位争いをしていた
■GRヤリスRally2の戦闘能力の高さをドライバーたちのインタビューで明らかになった
■今後のJN1クラスの主導権を握る存在になることは間違いない
デビューしたての最新モデルが見せつけたポテンシャル!
  2024年の全日本ラリー選手権・第2戦「ツール・ド・九州」が4月12日〜14日、佐賀県唐津市を舞台に開催。シュコダ・ファビアR5を駆る新井大輝選手が最高峰のJN1クラスで今季初優勝を獲得したのだが、その新井選手と激しいタイム争いを展開したのが、トヨタの最新モデル、GRヤリスRally2のユーザーたちだった。
  事実、レグ1のSS2、レグ2のSS7でベストタイムをマークしたラックwithルーキーレーシング・ラリーチームの勝田範彦選手が2位に入賞したほか、胸部上行大動脈瘤の手術で欠場したヘイッキ・コバライネン選手のピンチヒッターとしてGRヤリスRally2のステアリングを握ったラリーチーム・アイセロの田口勝彦も5位に入賞。さらにレグ1のSS1でコースアウトを喫し、リタイヤに終わったヌタハラ・ラリーチームの奴田原文雄選手もレグ2で再出走を果たすとSS8、SS10でベストタイムを叩き出すなど、抜群のスピードを披露している。
  残念ながら勝田選手はレグ1のファーストループでポップアップバルブが破損し、ブーストがかからない状態となったことで大きく出遅れたが、そのトラブルがなければ新井選手×ファビアR5と激しいトップ争いを繰り広げたに違いない。
  奴田原選手に関しても、ペースノートの読み遅れによりSS1で離脱することになったが、ペース的には十分にトップを争えたことだろう。
  まさにGRヤリスRally2は噂に違わぬパフォーマンスを披露しているが、同マシンにはどのような特徴があるのだろうか? というわけで、ここでは2024年の全日本ラリー選手権にデビューした最新の国際モデルをクローズアップしたい。
  まず、GRヤリスRally2は文字どおり、GRヤリスをベースに開発されたラリー用の国際規定「Rally2」に合致したモデルで、2024年1月にFIAの国際公認を取得。以来、カスタマーモデルとして世界各国にデリバリーされており、WRCのほか、国内外のラリー選手権にデビューしている。
  全日本ラリー選手権においては2023年よりトヨタGAZOOレーシングWRJが開発の一環としてプロトタイプ車両を投入していたが、2024年は国際公認を取得したことで、ラックwithルーキーレーシング・ラリーチーム、ヌタハラ・ラリーチーム、ラリーチーム・アイセロと3つのカスタマーチームがGRヤリスRally2を投入。開幕戦のラリー三河湾では勝田選手が初優勝を獲得したほか、奴田原選手が4位、田口選手が5位につけるなど、デビュー戦で素晴らしいパフォーマンスを披露したのだが、GRヤリスRally2にとって最大の武器となっているのだが、卓越したコントロール性能にあるといえるだろう。
ドライバーたちから絶賛されるコントロール性!
「昨年までのテスト車両はリヤが突発的に出ることがあったんですけど、公認モデルはリヤが粘ってくれる。一瞬、リヤが流れても、すぐにコントロールできるので安心感がありますし、リヤが粘るとフロントがアンダーステアになる傾向にあるんですけど、GRヤリスRally2はしっかりと曲がってくれるので乗りやすいですね」と語るのは勝田選手だ。同時に気になるエンジンに関しても「テスト車両よりもトルクが上がっているのでエンジンも扱いやすい。そこも乗りやすくなっているところだと思います」と勝田選手はインプレッションしている。
  これに加えて田口選手も「レーシングカー的な感覚でハンドリングがいいですね。日本の林道ではリヤが出やすくて、どうしてもアンダーステアになりがちだから、セッティングでいいところをいかに見つけるかがポイントです。いまはまだ、いろいろと試している状況なので、もっと速くなると思いますよ」と分析している。
  一方、昨年までJN2クラスで国内規定のGRヤリスをドライビングしていた奴田原選手は「同じ競技車両でも足まわりが市販車と同じ国内規定モデルに対して、Rally2は専用の足まわりを持つレーシングカーだから昨年までドライビングしていた国内規定モデルとRally2はまったく違います。すべての動きがダイレクトだし、ステアリングもクイックだから面白い」とファーストインプレッション。
  さらに奴田原選手によれば「リストリクターが小さいから、エンジンパワーだけでいえば、国内規定モデルのほうがあると思うけれど、加速とブレーキに関しては、Rally2のほうが圧倒的に優れていると思う。加速に関してはシーケンシャルを使って、エンジンの美味しいところだけを使って加速することができるし、シフトのロスもないから一気にトップスピードへ持っていける。ブレーキも常に四輪が設置しているので、すごくよく利きます」とのこと。
「GRヤリスRally2は全体的に四輪を使って走っている感じです。国内規定モデルだと、どっかのタイヤに荷重が大きく乗ったりしてインリフトしますが、Rally2は四輪すべてを使えるのでトータルでのグリップ力は高いし、トラクション性能も高いと思います」と分析する。
  ちなみに、GRヤリスRally2は整備性も良く、ヌタハラ・ラリーチームのチーフメカニック、山田淳一氏によれば「整備性はいいですね。いろんなことがうまく考えられていると思います。これまでグループAやグループNなど、いろんなクルマを触ってきましたが、それと比べてもRally2は簡潔に作られていると思います」とのことだ。
  まさにGRヤリスRally2はラリー競技のカスタマー用モデルとしては最高峰となるマシンで、今後もJN1クラスではGRヤリスRally2がトップ争いの主導権を握るに違いない。

あわせて読みたい

国内レース史上最高人気の箱車レース! 伝説のJTC「グループA」に人々が熱狂した理由を当時のドライバーが語る
WEB CARTOP
重さがネックで苦戦していたGRカローラ! ついに全日本ラリーで初優勝を遂げた!!
WEB CARTOP
【NEW ERA】ブランド初のスノーウェアライン「NEW ERA SNOWBOARDING」登場
PR TIMES Topics
雨が降ったら手で溝を掘って使うってマジ!? 価格は1本約7万円!  意外と知らない全日本ラリーのタイヤ事情
WEB CARTOP
スバル史上最速のラリー車か!? 名機EJ20をぶち込んだ「WRX ARA24」がアメリカを爆走!
WEB CARTOP
【日本上陸】イギリス発 ダイカットマシン「Sizzix」。ハンドルを回すだけで、紙や布が思い通りの形に!
PR TIMES Topics
マツダの社員夫婦がCX-5で全日本ラリーに参戦! デビュー戦で見事クラス2位を獲得!!
WEB CARTOP
16年ぶりにマッチが現役復帰! ラトバラも走る! 影山も立川も参戦! S耐富士24時間レースはドライバーも豪華すぎる
WEB CARTOP
フォーミュラもGT500も乗った百戦錬磨のレーシングドライバーでも難しい! ドラテクだけじゃ闘えないラリーの奥深さとは
WEB CARTOP
大注目のピックアップ「三菱トライトン」がラリーに参戦! ノーマル部分も多いマシンでデビューいきなり表彰台を獲得
WEB CARTOP
ターボ+5速MTのミライースが市販される可能性があるだと!? 全日本ラリーに参戦する「D-SPORT Racing」のミライースから目が離せない
WEB CARTOP
GRスターレット爆誕! 既に開発はスタートか!? 1トン切りに280万円ってアツすぎる!!
ベストカーWeb
インプにランエボにISにインテグラにレガシィ! アメリカの国内ラリーARAの参戦車両がめちゃくちゃ多彩で面白すぎる
WEB CARTOP
次期WRXの姿が見え隠れ! スバリストはスバルがS耐に投入するニューマシン「HIGH PERFORMANCE X FUTURE CONCEPT」に注目すべし!!
WEB CARTOP
えええ、総合優勝したと思ったらもう全日本ラリー!? 新井選手はマシン調整などなどマジで間に合ったの!?!?
ベストカーWeb
【試乗】〈GR〉雪上ドライブでわかった、“GR-FOUR”の楽しさ!
Safari Online