「ブラタモリ」にも登場!「恐山の禅僧」の新刊『苦しくて切ないすべての人たちへ』が本日発売!

2024.04.17 11:00
株式会社新潮社
恐山菩提寺で住職代理をつとめる禅僧・南直哉さんの新刊が4月17日に発売されます。

「恐山の禅僧」こと南直哉氏の新刊『苦しくて切ないすべての人たちへ』を、4月17日新潮社より刊行いたします。「生きているだけで、大仕事」を合言葉に、悩み苦しみながら生きている人たちに向けた30のメッセージ。「仕方なく、適当に生きる」「万事を休息せよ」「死んだ後のことは放っておけ」など、心の重荷を軽くする後ろ向き人生訓です。死者に会うために辺境の霊場を訪れる人々、逸話だらけの修行時代、よい宗教とわるい宗教など、仏教の智慧をベースに、人々の苦しみの根源である「生老病死」に本音で寄り添います。
■目次
第一章 恐山夜話
お似合いの場所――「霊場恐山」について/後ろ向き人生訓/テレビのトラウマ/「赦す自分」を赦す/名器の霊

第二章 禅僧の修行時代
修行道場の怪獣/親しき仲にもポリティクス/「コミュ力」に必要な本当のこと/「ま、いいか」の精神/お布施はこわい/我が良き友よ/忘れる勇気――年齢を忘れよ。過去を忘れよ。自分を忘れよ。

第三章 お坊さん、らしくない。
「老師」はつらいよ/見かけは問題/私の「諸行無常」/禅と宇宙/住職の地獄耳/猫と草履の禅問答――「真理」への欲望/育成の困難

第四章 よい宗教、わるい宗教
よい宗教、わるい宗教/「宗教2世」と「カルト2世」/「自己カルト」だったのかもしれない。/「教祖」になれない

第五章 苦と死の正体
行先の心配/「親ガチャ」をゆるせないか/ゼロ思考――万事を休息せよ/「苦」の正体――覚めない夢、破れる現実/死んだ後のことは放っておけ/貧学道――「所有」という錯覚/命の種――「あなたがそこにいてくるだけでいい」
■書籍内容紹介
この世には、自分の力ではどうしようもないことがある。そのことに苦しみ切なく感じても、「生きているだけで大仕事」と思ってやり過ごせばいい――。「仕方なく、適当に」「万事を休息せよ」「死んだ後のことは放っておけ」など、心の重荷を軽くする後ろ向き人生訓。死者を求め辺境の霊場を訪れる人々、逸話だらけの修行時代、よい宗教とわるい宗教、親ガチャや苦の正体――恐山の禅僧が“生老病死”に本音で寄り添う。


■著者紹介:南直哉
禅僧。恐山菩提寺院代(住職代理)、霊泉寺住職。1958年長野県生まれ。84年、出家得度。曹洞宗大本山・永平寺での修行生活を経て、2005年より恐山へ。18年、『超越と実存』で小林秀雄賞受賞。著書に『老師と少年』『恐山 死者のいる場所』『正法眼蔵 全新講』など。


■書籍データ
【タイトル】苦しくて切ないすべての人たちへ
【著者名】南直哉
【発売日】2024年4月17日
【造本】新書版
【定価】902円(税込)
【ISBN】978-4-10-611037-5
【URL】

あわせて読みたい

「愚かな生き方かもしれないけど、そういう人のほうが愛されると思うんです」木下昌輝『愚道一休』
集英社オンライン
なぜ仕事量が多くても追い詰められないのか…禅僧が教える「自分の能力の二割増しで仕事を受ける」効果
PRESIDENT Online
藤井聡太が5度目の防衛に挑む「王位戦」を間近で楽しむツアー開催!
antenna
「スッと頭に入る」シリーズ初の<偉人編>は空海! 『スッと頭に入る空海の教え』6/10発売
PR TIMES
最後に会った安倍さんには黒い曇りがかかっていた…「永田町の怪僧」池口恵観が明かす壮絶秘話
現代ビジネス
【中部国際空港】教育的施設「セントレア社会見学」4年半ぶりに再開!
PR TIMES Topics
ハイデガーVS道元…哲学と仏教の交差するところに、はじめて立ち現れてきた「真理」とは?(第2回 言語の本質 その1)
現代ビジネス
ハイデガーVS道元…哲学と仏教の交差するところに、はじめて立ち現れてきた「真理」とは?(第1回 存在とは縁起である その1)
現代ビジネス
ゆったり時間に、日頃の頑張りに、大切なあの方に、ご褒美をプラスする「ご褒美Baum⁺」
PR TIMES Topics
ハイデガーVS道元…哲学と仏教の交差するところに、はじめて立ち現れてきた「真理」とは?(第3回 行為を「きちんと」やること その1 )
現代ビジネス
ハイデガーVS道元…哲学と仏教の交差するところに、はじめて立ち現れてきた「真理」とは?(第1回 存在とは縁起である その2)
現代ビジネス
期間限定キャンペーン! カンデオホテルズが誇る「スカイスパ」をお得に楽しもう
antenna
ハイデガーVS道元…哲学と仏教の交差するところに、はじめて立ち現れてきた「真理」とは?(第2回 言語の本質 その2)
現代ビジネス
ハイデガーVS道元…哲学と仏教の交差するところに、はじめて立ち現れてきた「真理」とは?(第3回 行為を「きちんと」やること その2)
現代ビジネス
円空仏のお姿をプリントした「円空仏が立ち上がる ペットボトルタオルハンカチ」販売
PR TIMES Topics
旧統一教会、エホバ…なぜ世間にこれだけ叩かれてもなお、惹かれる信者がいるのか……そのヒントは“カレーライス”にあった
集英社オンライン
918人が集団自殺…「カルト」の文字が初めて新聞に踊った1978年人民寺院事件…日本では“金余り”90年代に「オウム、統一教会、幸福の科学」らが躍進
集英社オンライン
日本特有の宗教事情 カラクリは 薄井秀夫著『葬式仏教 死者と対話する日本人』
PR TIMES
フランスにおける「セクト」(カルト)の捉え方とは? セクト的行動を規制する法律の背景にあるフランス社会の特殊性
集英社オンライン