スズキ初のハイブリッド+5速MT! スイフトHIBRID MX 5MT 2WDに期待しかない【大阪オートメッセ2024】

2024.02.16 19:15
この記事をまとめると
■大阪オートメッセ2024が開催中
■スズキブースは楽しそうな雰囲気に満ちている
■展示車両について詳しく解説
スズキのブースはちびっ子も笑顔になる楽しさが漂っていた
  今回の大阪オートメッセでのスズキブースの第一印象は「なんか楽しそう」というものでした。
  POPな色使いでまとめられた装飾パネルの前には、作り手のこだわりが感じられる“道具感”と、思わずレジャーに行きたくなってしまう“アソビ心”にあふれるコンセプトカーが並び、それを見る来場者の顔が自然とほころんでいるのが印象的でした。
  東京オートサロンで展示した際に市販化の要望が多く寄せられたという「スペーシア・パパボクキッチン」の周囲には、アウトドアブランドのウエアを着た人や、お子さんを連れたご夫婦の姿が多く見られました。
  大阪オートメッセの出展にあたり、アウトドアブランドをインスパイアした雰囲気の右下のステッカーを制作。ちなみにほかのステッカーもすべてこの車両のために起こされたオリジナルデザインだそうです。
  こちらはスイフトスポーツを思わせるカラーリングコンセプト車両。「マットクールイエローメタリック」と名付けられたこの色を追加してほしいという声も多いそうです。
マイルドハイブリッドのマニュアル車に注目!
そのなかで、あえて注目したのがこの「スイフトHIBRID MX 5MT 2WD」
  ブース内の展示は、奥のステージ上に華やかなコンセプトモデルが並べられ、手前には中に乗り込むことができる市販版の車両が配置されていました。
  そのなかで、今回ピックアップしたのが、真っ赤なカラーが人目を引く「スイフトHIBRID MX 5MT 2WD」です。
  今やこの小排気量クラスの駆動方式は、多段式のATや無段変速のCVTが主流となり、MT仕様の設定自体が希少な存在となっています。それでもやはり「マニュアルシフトに乗りたいんだけどなあー」というユーザー層は、少ないながらも一定の比率で残っているのを感じていますが、そんなマニアックな層にピッタリのグレードが、この「スイフトHIBRID MX 5MT 2WD」というわけです。
  新型スイフトのこの「HIBRID MX」グレードは今年の1月に発売されたばかりのモデルで、5速MTの設定は、マイルドハイブリッドの2駆仕様のみです。この組み合わせはスズキで初となるようで、今回のラインアップでは、今のところ唯一のマニュアルミッション車です。
じつは燃費性能が今シリーズでトップ
  新型の5代目スイフトのパワーユニットは、1.2リッター直列3気筒DOHC+ターボエンジンとマイルドハイブリッドとの組み合わせです。
  そうして歴代最高の燃費を実現したこの5代目のラインアップのなかでもトップの数値を誇るのがこの5速MTモデルなのです。実際の数字では、WLTCモード燃費で25.4km/Lとなっていて、同じ2駆のCVT車より1.1 km/Lも優れています。
  この結果にはミッションの軽量化が効いているようで、車重比較で20kgも軽くなっています。このクラスで20kgの差は、運動性能やコーナーリングの感覚にも影響が大きいと思われます。
外装は純正カスタムパーツで武装
  また、この展示車両には純正のカスタム用品が装着されていて、見栄えの面でも向上が図られています。
  フロントにはアンダースポイラーが装着されて機能と迫力の両面で差別化しています。
  ドアミラーにもさりげなく2色のラインがアクセントとして追加。
  サイドのドア下部には、レーシーなイメージが強調されるチェッカーグラフィックがあしらわれた大型のデカールが装着されています。
「どうせなら6速MTを!」というのが正直なところですが、このご時世でマニュアルミッションの設定を残してくれたスズキには拍手を贈りたいです。
  そして何よりも、マイルドハイブリッドをマニュアルで操るという経験は未知の領域ですので、操作のフィーリングはどんな感触になるのだろうか? という興味はかなり大きいです。
  試乗車があれば、ぜひ運転してみたい1台ですね。

あわせて読みたい

200万円で超絶楽しいスイスポ!! マジで新型はハイブリッドになんの!? ついつい期待しちゃう新型スイフトスポーツどうすりゃ皆納得するんだ!?
ベストカーWeb
先進安全装備にオットマンってアルファードじゃん!! スペーシアは機能満載! 王者N-BOXと比べて違いは?
ベストカーWeb
東急の新しいデジタルチケットサービス「Q SKIP」の魅力
antenna
新型スイフトは燃費大幅向上! ライバルのヤリスより優れてるポイントは? お得グレードも大公開!!!!
ベストカーWeb
新型スイフトは質感が爆増!! ヤリスは驚異の燃費36km/Lを記録! ベーシックコンパクト最新勢力図
ベストカーWeb
「築地ちとせ」より夏季限定「ラムネゼリー」発売
PR TIMES Topics
【試乗】新型スイフトは運転しやすく燃費も良好! 乗り心地の硬さと後席だけは購入前に要チェック
WEB CARTOP
新エンジン採用でさらに楽しく軽快!! 新型スイフトは個性派に!? 3気筒エンジンで気になった点とは?
ベストカーWeb
【Oceanos】電動水上パーソナルクラフト「Wheeebo」のレンタル提供開始
PR TIMES Topics
【国内試乗】スタイリッシュなデザインとスポーティな走りが魅力!「スズキ・スイフト」
CARSMEET WEB
スイフトのリッター24km超えも優秀だけど……ヤリスはリッター36kmで圧勝!! 燃費で選ぶコンパクトカー
ベストカーWeb
夜店メニューかわいいスイーツにて提供「Afternoon Tea summer festival」販売
PR TIMES Topics
スズキ・スイフト ハイブリッドMX(FF/5MT)【試乗記】
webCG
素のスイフトにMTがあるのは「走り好きの若者」もだけど「高齢ドライバー」のためでもあった! MT設定にみるスズキの良心に感動!!
WEB CARTOP
【お値段以上の作戦がすごい】スズキ新型「スイフト」は衝撃の“ノー”ストロングハイブリッド!5ナンバーで172.7万円から『小沢コージの遊べるクルマ』
MonoMaxWEB
MT車で198万円は神だろーーー スイフトは誰もが唸る「良品廉価」 ガチのクルマ好きにオススメグレードとはいったい
ベストカーWeb
Z世代のニーズにジャストフィット! スズキの新型スイフト試乗レポート
GetNavi web
ダイハツ[ロッキー]復活!! 物価高時代の頼れる味方スズキとダイハツの小型SUVを一挙公開! 
ベストカーWeb