“伊豆の冬の風物詩”としておなじみ「カピバラの露天風呂」が今年も開催!

PR TIMES Topics
2023.11.07 16:00
1982年に元祖として「カピバラの露天風呂」がスタートして今シーズンで41年。今や“伊豆の冬の風物詩”としておなじみとなった、カピバラたちが気持ちよさそうに湯船でくつろぐ姿に、ぜひ癒されてください。伊豆シャボテン動物公園では、2023年11月18日(土)~2024年4月7日(日)まで、「元祖カピバラの露天風呂」を開催します。
伊豆シャボテン公園(当時)でカピバラの飼育を始めたのは57年前(1966年)。国内ではまだとても珍しい動物でした。1982年の冬、飼育スタッフがお湯を使ってカピバラの展示場を掃除していたところ、湯だまりに足や尻を浸けてくつろぐカピバラたちの姿に気づき、偶然に風呂好きなことを発見しました。以来、毎年「カピバラの露天風呂」を開催し、現在では“伊豆の冬の風物詩”として多くの人々に親しまれています。