かつては廉価モデルの象徴だった黒樹脂バンパー! いまやツール感の演出に欠かせない「オシャレアイテム」に昇格していた!!

WEB CARTOP
2023.10.17 07:00
この記事をまとめると
■廉価版のイメージが強かった無塗装の黒バンパーだが最近はツール感を引き立てると人気だ
■黒バンパーの代表格がルノー・カングーであえて黒バンパーのグレードを日本導入している
■日本車では黒バンパー採用モデルとしてスズキ・ジムニーとハスラーが思い出される
ルノー・カングーはあえて黒バンパー乗用車仕様を日本専用で用意
  かつては廉価版というイメージが強かった黒バンパー。でも最近は、むしろそれがツール感を引き立てるということで、あえてボディ同色としない車種も増えてきた。
  代表格がルノー・カングーだろう。カングーはヨーロッパでは商用車としてもおなじみで、ガシガシ使い倒しても傷が目立たない黒バンパーがポピュラー。正規輸入された乗用車仕様も、初代の前期型はそうだった。後期型では一部ボディ色やフルカラードになったけれど、すでにこの頃から黒バンパーを好むユーザーはいて、オーセンティックやアクティフなどのグレードで残るようになった。
  今年上陸した3代目もその伝統は受け継いでいて、フルカラードのインテンスとともに、黒バンパーのクレアティフがラインアップされている。
  日本にカングーより遅れて導入されたライバル、プジョー・リフターとシトロエン・ベルランゴは、当初はカングーより格上という位置付けだったこともあって、リヤは黒バンパーだったもののフロントはカラードバンパーが標準だった。
  しかし、カングーが今年のモデルチェンジで装備も価格も同レベルになると、プジョーもシトロエンもステランティスの一員になったこともあり、基本設計を共有するフィアット・ドブロの輸入を開始。
  こちらはヨーロッパでも前後とも黒バンパーが標準なので、そのまま日本で展開されている。
スズキはヘビーデューティさの演出に黒バンパーを活用
  これ以外ではスズキ・ジムニー/ジムニーシエラとジープ・ラングラー/グラディエーター、先日国内市場への復活が発表されたトヨタ・ランドクルーザー70といったヘビーデューティ4WDが思い浮かぶ。
  かつてはすべて鉄バンパーで、初代のジムニーや昔のグラディエーターは白バンパー、初期のランクル70はクロームメッキ仕上げが一般的だった。その後、樹脂バンパーに変わるわけだが、特筆すべきは先代(3代目)ジムニー/ジムニーシエラで、カラードバンパーを採用していたこと。
  当時はセダンやハッチバックをベースとしたSUVが次々に登場してきた頃で、ジムニーも見た目をそれっぽく装いたいという考えから、丸みを帯びたスタイリングにカラードバンパーという出で立ちになったのだろう。
  でもその後、予想以上にSUVのラインアップが増えると、ヘビーデューティなモデルが逆に新鮮に感じられるようになった。その流れをいち早く掴んで、現行型であの形にスイッチしたスズキはたいしたものだ。
  スズキと言えばもう1台、ハスラーも触れておきたい。先代かつ初代が黒バンパーだったからだ。といっても黒一色ではなく、シルバーのバーをアクセントとして入れていて、遠くから見ると昔のメッキバンパーに見えた。
  ところが現行型は当初、シルバーの部分をボディ同色に変更。でも特別仕様車でシルバーバンパーが復活すると、マイナーチェンジで2トーンカラーはルーフと同じ色をここに入れるようになり、ルーフがガンメタの場合は黒バンパー、ベージュの場合は初代のシルバーっぽく見えるようになった。
  現行型の仕立てを戻すほど初代の影響力は大きかったわけで、いまもSNSなどでつながりを持たせていただいている初代のデザイナーは、やっぱりセンス抜群だったんだと再確認した。

あわせて読みたい

日本だけでなく海外でも興味深いモデルが続々! 各社の工夫と独自デザインが光るウルトラコンパクトカーの魅力
&GP
海外では5ドアが登場したけど3ドアこそ至高! スズキ・ジムニー3ドアには魅力しかなかった
WEB CARTOP
ビジネス界の未来を拓く 「STEVIE®️ AWARDS」の魅力にせまる
antenna
市販熱望キャリイ「山登り仕様」がアツい!!! まさかのパイプドアで開放感満点 スズキの軽トラまさかのカスタムに迫る  
ベストカーWeb
ジムニー/ハスラー/クロスビー買っているのは?
東洋経済オンライン
毎日を少しだけ特別なものに変える 柔らかく灯るランプを発売
PR TIMES Topics
【限定】ホイールやバンパーも本物そっくり!JAF仕様のジムニーシエラが小さくなった
MADURO ONLINE
大注目のホンダWR-Vに「大穴」三菱RVRもイイね!! 200万円台で選べる大満足コンパクトSUV6選
ベストカーWeb
日本初上陸! 韓国発ヘアブラシ「EYECANDY(アイキャンディー)」
PR TIMES Topics
2023年に売れたスズキの軽乗用車とは? ランキング形式で解説!
WEB CARTOP
クルマ通を唸らすスズキの中で実は売れ筋。「ソリオバンディット」の魅力を改めて深掘りする
GetNavi web
韓国発の音楽フェス「WATERBOMB JAPAN 2024」先行チケット販売開始!
antenna
「TOKYO AUTO SALON 2024」でジムニーカスタムのトレンドを探る!
&GP
カスタム業界でも断トツ人気の「ジムニー」。振り幅も作り込みもトビっきりの13台をイッキ見!
OCEANS
【国内試乗】老若男女問わず最高の相棒! プロフェッショナルの道具だけじゃない「ルノー・カングー」
CARSMEET WEB
外ヒンジがヤバい!! 新型スペーシアギア発売秒読み!? タントファンクロスの市場狙い撃ちだ
ベストカーWeb
どの世代でもひと目見れば「同じ車種」だとわかるレベル! 初代からずっと「同じ路線」を貫き続けるクルマ6台
WEB CARTOP
すでに発売準備は万全!? やっぱり導入熱望な「ジムニーシエラ5ドア」発売時期は3ドアの納期改善次第!?
ベストカーWeb