「ハイエースかそれ以外か」ぐらいの絶対的エース! なんでそんなに支持されるのか歴代モデルを振り返ってみた

WEB CARTOP
2023.10.06 17:20
この記事をまとめると
■トヨタの商用車「ハイエース」は絶大な支持を受けている
■商用モデル「トヨエース」の上位モデルとして誕生したのが「ハイエース」だ
■現行モデルは5代目で19年も生産されている超ロングセラーモデルだ
商用車のパイオニア「ハイエース」を振り返る
  トヨタが誇る商用車の絶対的エースが「ハイエース」。現行型は4ナンバーの商用車をベースに、1ナンバーのワイドボディや3ナンバーのワゴンなど、豊富なラインアップを揃えている。
  国内市場では、キャブオーバースタイルの商用1BOXとしては、「ハイエースかそれ以外か」というほど圧倒的な存在であることは誰もが認めるところだろう。はたして、ハイエースが絶対王者になった背景とは? 1967年に誕生した初代ハイエースバンからの歴史を振り返れば、その理由が明らかとなるはずだ。
  結論からいうと、ハイエースは生まれたときから高級志向、乗用志向の強い商用バンだった。
  まずはトラックからスタートしたハイエースに1BOXバンが設定されたのは1967年10月のこと。その時点で、トヨタのラインアップにおける商用モデルは「トヨエース」が中心だった。ハイエースは、そのトヨエースよりも小ぶりかつ上級志向の強いモデルとして誕生している。
  なにしろハイエースという名前の由来は、トヨエースの前半部分を、英語で「高級な」「より優れた」という意味の「High」に入れ替えたものだと説明されたほど。実際、バンだけでなく、ワゴンやコミューターといった乗用仕様も初期から用意された。
  メカニズム的にもモノコックボディで、前輪独立懸架といったシャシー設計は1960年代としては十分以上に乗用車的。ハイエースはその生まれたときから乗用感覚で使える1BOXバンとして生まれたのだ。初代モデルのパワートレインは、1.3リッター/1.5リッターガソリンエンジンとなっていたのも上質な1BOXというイメージを作り出したといえる。
  1977年2月に2代目へとフルモデルチェンジするが、このときから掲げられるようになったコンセプトは「商用車でありながら、後ろに乗りたくなるクルマ」というもの。ハイエースというネーミングにふさわしいモデルへと進化していくことになる。
  スタンダードモデルの全長は4340mm、ロングタイプでは4690mmとボディを大きくすることで1BOXバンとしての基本性能を高めつつ、居住性も改善するなどハイエースらしさを増していくことになる。
  初期のエンジンは1.6リッター/1.8リッター/2リッターのガソリンとなっていたが、1979年には2.2リッターディーゼルが追加されるなど、パワートレインの選択肢も増えていった。
3代目からはいまっぽい雰囲気のキャラクターに
  いよいよハイエースらしいルックスとなったのが、1982年12月に登場した3代目。ベーシックなバンモデルについては2代目に引き続き丸目ヘッドライトを採用していたが、上級グレードでは角目4灯タイプとなった。ワゴンの最上級グレードにはサンルーフが装備されるなど、現代でいうところのLLクラスミニバン市場のニーズもカバーするモデルへと進化していったのも印象深い。
  標準ボディの全長は4425mm、ロングボディは4690mm。エンジンは1.8リッター/2リッターガソリンと2.2リッターディーゼルをラインアップしていた。ワゴンについてはリヤサスペンションをコイルスプリング式にするなど、乗り心地を十分に考慮していたことも、この代では見逃せない進化ポイントだ。
  ハイエースの絶対的ポジションを完全に確立したのは、1989年8月にフルモデルチェンジした4代目だろう。ワゴン、バンともに異形ヘッドライトを採用したスタイルは、当時の1BOXとしては画期的といえるほど最新モードで、車名の由来そのままに高級志向を体現するものだった。
  搭載エンジンのラインアップは、2リッター/2.4リッターガソリン、2.8リッターディーゼルというものだったが、いずれも丈夫なユニットとして知られるもの。とくにディーゼルについては「10万kmを超えてから本領発揮する」と、まことしやかに語られたほど超耐久仕様に仕上げられていた。
  ボディについても頑丈で、この当時のライバルモデルでは、長く使っているスライドドアのレールが歪んでしまい、ドアの開閉が重くなるといった不満を持つオーナーもいたというが、ハイエースについてはそうしたネガを耳にすることはほとんどなかった。基本的な使い勝手の良さに加えて、エンジンやボディのタフネスについては圧倒的。冒頭で記した「ハイエースか、それ以外か」という状況を決定づけたのは4代目の高い信頼性だったといえる。
  現行型となる5代目ハイエースは2004年8月に生まれている。4代目で築き上げた圧倒的ブランド力と期待に応える完成度となっていたのは、ご存じのとおり。結果として、20年近くたったいまも、基本設計はそのままに人気が衰えることなく、売れに売れている。
  ロングセラーとなっている理由のひとつには日本の国内事情がある。グローバルには衝突安全性を考慮したセミキャブオーバースタイルが主流となっているが、日本の国内市場では4ナンバーサイズで無駄のないパッケージを実現できるキャブオーバースタイルを求めるユーザーが大多数である。そうした国内ニーズに応えるきめ細かなグレード構成もまた、ハイエースが絶対的な支持を集めている理由といえるだろう。
  なお、最新のハイエースのパワートレインは、2リッター/2.7リッターガソリンエンジンと2.8リッターディーゼルとなっている。いずれも6速ATを組み合わせている点も見逃せない。

あわせて読みたい

レガシィにレグナム売れたよなぁ……クラウンエステート復活でもしや再流行か!? 今こそ欲しいステーションワゴン4選
ベストカーWeb
新型ハイエースついにBEVになって25年登場!? でも現行型ガソリン&ディーゼルは継続販売の可能性大
ベストカーWeb
水と音楽が織りなす夏のエンターテイメント「WATERBOMB JAPAN」が2024年も日本で開催決定!
antenna
ホンダWR-Vをタイでじっくり見てみた! ヤリスクロスというよりライズ的立ち位置で日本でのライバルは基本不在!!
WEB CARTOP
【絶対に買いの1台】働くクルマの代表格「日産キャラバン」誕生50周年記念モデルは使い勝手も所有感も◎
MonoMaxWEB
韓国発の音楽フェス「WATERBOMB JAPAN 2024」先行チケット販売開始!
antenna
頼もしきワンボックス、一方の雄!「初代キャラバン救急車」【魅惑の自動車カタログ・レミニセンス】第34回
CARSMEET WEB
回転対座シートだけでなく二段ベッドまで導入!「マスターエース・サーフ」【魅惑の自動車カタログ・レミニセンス】第37回
CARSMEET WEB
独自性を体現する、HOTEL GROOVE SHINJUKUのアンテナショップ オープン
PR TIMES Topics
ハイゼット生産再開!! でも待て待てエブリイもCVTになるゾ!! ターボも復活って激アツだぜ
ベストカーWeb
不正の影響でタウンエースもハイエースもランクルも買えない……で欲しい人はどうする? 整理してみたら「選択肢」はキチンと残されていた!
WEB CARTOP
キュートなねこデザインの画期的なキーホルダーが登場!
PR TIMES Topics
全長5mを超えるボディによる圧倒的車内空間! 巨大ミニバン「グランエース」とは
WEB CARTOP
あまりに登場が早すぎた!? ニッポンの「ミニバン」先駆者として輝きを放った初代プレーリー! 海外からの評価も非常に高かったが……
ベストカーWeb
ビジネス界の未来を拓く 「STEVIE®️ AWARDS」の魅力にせまる
antenna
このオシャレな商用車軍団はなんだ! トヨタ「プロエース」の姿に欧州が羨ましすぎる
WEB CARTOP
まるで絵本の中のクルマ! 欧米の救急車が超個性的だった
WEB CARTOP
これもまた名車スカイラインを象徴するモデル!「ハコスカ・バン1500」【魅惑の自動車カタログ・レミニセンス】第31回
CARSMEET WEB
JMSで話題沸騰のコンセプトカー「IMV 0」! なんと「ハイラックスチャンプ」としてタイで市販って日本でも売ってくれ!!
WEB CARTOP