Sクラスに採用されている機能も採用しプレミアム感アップ! メルセデス・ベンツのコンパクトSUV「GLA」がモデルチェンジを実施し限定車もリリース

WEB CARTOP
2023.10.01 17:00
この記事をまとめると
■メルセデス・ベンツのコンパクトSUV「GLA」がモデルチェンジ
■ユーザーインターフェイスはSクラスなどに採用される最新世代「MBUX」へアップデート
■「GLA 200 d 4MATIC Night Edition」を100台限定で販売する
「コンパクト×プレミアム」なSUVが生まれ変わった
  日本ではドイツの輸入車が昔から人気が高い。なかでも「メルセデス・ベンツ」は、クルマに詳しくない人からも認知されているほど、その存在感は抜群だ。メルセデス・ベンツは日本で1番売れている輸入車としての地位も確立しており、どのモデルも非常に人気が高い。
  今回紹介するのは、そんなメルセデス・ベンツのラインアップのなかで、「コンパクトSUV」というジャンルに属するモデル「GLA」のモデルチェンジに関するニュースだ。
  同車は、都心部でも扱いやすい「Aクラス相当」のSUVというキャラクターでありながら、プレミアムブランドのクルマらしい上質な仕立てが人気となっている。
  この度のモデルチェンジでは、エクステリアデザインを刷新。「GLA 180」と「GLA 200 d 4MATIC」のフロントグリルには、メルセデス・ベンツのSUVに共通する特徴的なデザインのルーバーが装備され、「AMGラインパッケージ」では、クローム仕上げのダイヤモンドパターンが無数に散りばめられたシングルルーバーのフロントグリルを採用とした。
  今回のGLAでは、ホイールデザインをすべて刷新し、足元をスポーティに演出するアルミホイールを採用。「GLA 180」と「GLA 200 d 4MATIC」の標準仕様には18インチアルミホイール、「AMGラインパッケージ」には20インチAMGアルミホイールが装着される。 また、「AMGラインパッケージ」装着車のホイールアーチはボディ同色となっている。
  ナビゲーションシステムでは、Sクラス等に採用している最新世代の「MBUX」へアップデート。さらに、安全性や快適性を高めるアダプティブハイビームアシストなどを全モデルに標準装備としたほか、Burmesterサラウンドサウンドシステムをオプション設定とした。
  そのほかのインテリアの変更点では、新世代のステアリングホイールを採用した点もトピックだ。オプションの「AMGラインパッケージ」を選択すると、3本のツインスポークにより近未来的なスポーティさを演出する仕立てとなっている。
  また、ここに多くの機能が集約されれいるので、ナビゲーションやインストルメントクラスター内の各種設定や安全運転支援システムの設定を手元で完結できるのもうれしい。これにより、センターコンソールに設置していたタッチパッドを廃止し、すっきりとしたインテリアデザインとなった。
SUVながら軽快な走りも実現
  走りの面では、オプション設定の「AMGラインパッケージ」に、各輪のダンピングを最適に連続可変させることで快適な乗り心地と軽快なハンドリングを実現するアダプティブダンピングシステム付サスペンションと、走行状況に合わせたエンジンサウンドを演出する 「スポーティーエンジンサウンド」を追加。
  アダプティブダンピングシステム付サスペンションは、走行状況や道路状況、速度に応じて、エンジン、トランスミッション、ステアリング特性などを加味してダンピングを連続可変させる機能を持つ。また、ダイナミックセレクトスイッチにより、Comfort、Sport、Sport+の3つのモードを選択することが可能となる。
  価格は、1.4リッター直4ガソリンターボエンジンを搭載する「GLA 180」が599万円、2リッターのディーゼルターボを搭載する「GLA 200 d 4MATIC」が655万円となる。
  なお、今回のこの新型GLA導入のタイミングで、「GLA 200 d 4MATIC Night Edition」を100台限定で販売する。このモデルは「GLA 200 d 4MATIC」をベースに、外装色に通常モデルでは設定がない「マウンテングレーマグノ」を採用し、快適な乗り心地と軽快なハンドリングを実現する「アダプティブダンピングシステム付サスペンション」や、走行状況に合わせてエンジンサウンドを演出する「スポーティーエンジンサウンド」を含む「AMGラインパッケージ」と、随所にブラックアクセントを施した「ナイトパッケージ」を標準装備。また、20インチAMGアルミホイールも採用する。
  このモデルは、10月31日までオンラインショールーム先行販売期間として申し込みの受け付けを開始し、11月1日以降は、販売可能な車両がある場合はオンラインショールームに加え全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて予約注文を受け付ける形となっているので、どうしてもほしい人はオンライン経由での商談がオススメだ。価格は806万円となる、
  メルセデス・ベンツのプレミアム感を手頃な価格で味わえるコンパクトSUVとなっているので、輸入車デビューにも最適な1台と言えそうだ。

あわせて読みたい

メルセデス・ベンツのフラッグシップSUV「GLS」が新型へ
MEN'S EX
【比較試乗】このサイズだからこそ味わえる魅力とは? コンパクトなボディに機能が凝縮「BMW・X1 vs アウディ・Q3 vs メルセデスベンツ・GLA」
CARSMEET WEB
夏の楽しみ再び!「WATERBOMB JAPAN 2024」開催決定
antenna
F1由来のドレスアップが光る限定車「メルセデスAMG C63 S Eパフォーマンス F1エディション」発売
webCG
【東京オートサロン2024で発表】メルセデス・ベンツEクラスが7年ぶりにフルモデルチェンジ
MonoMaxWEB
水と音楽が織りなす夏のエンターテイメント「WATERBOMB JAPAN」が2024年も日本で開催決定!
antenna
スポーティと上質さを両立! メルセデス「GLB」の特別仕様車「GLB 200d 4MATIC ナイトエディション」限定発売
CARSMEET WEB
コンパクトSUVのスポーツモデル! 新型「メルセデスAMG GLA35 4MATIC」「メルセデスAMG GLB35 4MATIC」発売
CARSMEET WEB
日本初上陸! 韓国発ヘアブラシ「EYECANDY(アイキャンディー)」
PR TIMES Topics
【ベンツの人気クーペSUV】初フルモデルチェンジ!メルセデス・ベンツ「GLCクーペ」が最新技術で大幅進化
MonoMaxWEB
ハイパフォーマンスSUV「メルセデスAMG GLB35 4MATIC」の改良モデルが登場
webCG
京都の老舗香木店が調香する「ひと休みの香り」Hand&nail oil発売
PR TIMES Topics
【電動化でさらに強力に】メルセデスの本格コンパクトSUV「AMG GLA35」「AMG GLB35」がマイナーチェンジして復活
MonoMaxWEB
メルセデス・ベンツのプレミアムミドルサイズSUV! 新型「GLCクーペ」発売。Sクラス譲りの最新技術を多数採用
CARSMEET WEB
ビジネス界の未来を拓く 「STEVIE®️ AWARDS」の魅力にせまる
antenna
F1テクノロジーの駆動システムを採用した、メルセデスAMG「GLC43 4MATIC (BSG搭載モデル)」「GLC63 S E パフォーマンス」発売
CARSMEET WEB
メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICクーペ(4WD/9AT)【試乗記】
webCG
「メルセデス・ベンツGLCクーペ」が初のフルモデルチェンジ 「Sクラス」譲りの技術を採用
webCG
メルセデスのフルサイズSUV「GLS」の改良モデルが上陸 AMGとマイバッハもアップデート
webCG