日本メーカーを遙かに凌ぐ7車種を揃えた! 普及はまだまだなのにメルセデス・ベンツがEVを大量投入できるワケ

WEB CARTOP
2023.09.17 17:30
この記事をまとめると
■メルセデス・ベンツがEQE・SUVを投入して日本でのBEVラインアップが7車種になった
■EQE・SUVの発表会にはメルセデス・ベンツ現会長のオラ・ケレニウス氏が登壇
■乗用車で脱二酸化炭素を実現できるのはEVだと明言
メルセデス・ベンツは乗用車の最適解としてEVを選んだ
  メルセデス・ベンツは、新型電気自動車(EV)であるEQE・SUVの発表会に際し、ドイツ本社からオラ・ケレニウス会長が来日し、会見に臨んだ。壇上の背後には、EQA、EQB、EQC、EQE、EQS、EQS・SUV、そして今回発表となったEQE・SUVが実車で展示された。
  EQAは、GLAのEV版だ。そしてGLBが基になるEQB、GLCのEV版がEQCとなる。そして、4ドアセダンのEクラスとSクラスに相当するEV、さらにそれらのSUVのEVということで、身近なコンパクト車から最上級車種までのEVがほぼ揃った状態で、それらは日本市場で販売されている。
  これほど広範囲な車種でEVを揃えているのは、他社でも多くなく、日本車にはここまでのEVの品揃えはない。なぜ、多彩なEVをメルセデス・ベンツは揃えられるのか。
  EQAからEQCまでは、エンジン車と共通部分のあるコンバートEVだ。それに対し、EQEより上級車種は、いずれもEV専用開発のグランドアップEVである。開発戦略の使い分けにより、一気に車種構成を広げられたといえる。
  さらに、ケレニウス会長の会見から、EV充実の背景が垣間見えた。
  ケレニウス会長は、「乗用車において、脱二酸化炭素を実現できるのはEVである」と明言した。EVは優れた効率であり、送電網はすでに世のなかにある。まだ十分な充電環境ではないとしても、それはまだ始まったばかりだからだと語る。原価についても、EVは抑えられてきているとする。
  水素の一例である燃料電池は、物流のトラックなどで開発していると語った。トラック部門は、現在は別の経営となっている。昨今話題となったe-Fuelについては、航空機や船舶などで使えるかもしれないと語ったが、その表情は疑心暗鬼であった。まだ研究開発の途に就いたばかりで、原価も、量産化も、供給体制も明らかではない。それに比べ、電力はすでに各地を網羅している。
  そのうえで、「できるかできないかではなく、企業として何を選ぶかが重要だ」と述べた。そして乗用車を開発し販売するメルセデス・ベンツにとって、最適な回答はEVだと結論付けたのである。技術や社会基盤の状況に基づいた、実に明快な論旨だ。
  できるかできないか、ということであれば、技術はいつか到達するかもしれない。しかし、それを社会に実装し、エネルギー供給という社会基盤と連携し、人々の役に立つ移動手段であるかどうかこそが、経営者の判断すべきことである。
  EVはまた、移動手段だけでなく、社会の電力網とつながった社会エネルギー基盤の一翼を担うことができる。ここは、ほかの次世代車と目されるクルマでは困難な価値だ。EVを、従来からのクルマの延長と考えると、先を見誤るだろう。
  ケレニウス会長は「10年後に、メルセデス・ベンツが技術とラグジュアリーの最先端であり続けること」が、重要だと語った。メルセデス・ベンツは、いうまでもなくガソリンエンジン自動車の祖である。そして常に、自動車社会を牽引するメーカーである。
  目先の経営だけでなく、10年後の世界を見据えるメルセデス・ベンツの動向は見逃せない。

あわせて読みたい

F1由来の専用コーディネートが施されたスペシャルモデル! 「メルセデス AMG C 63 S E PERFORMANCE F1 Edition」が登場
WEB CARTOP
レクサスLM登場も2000万円……ベンツSクラスの方が安いってマジか!! 世界のライバル高級車10選
ベストカーWeb
夏の楽しみ再び!「WATERBOMB JAPAN 2024」開催決定
antenna
SUVにもハッチバックにも軽にもある……のにナゼ? これだけ世間で電気自動車が話題になっているのにミニバンにはEVがない理由
WEB CARTOP
自分本位の“乗り味EV”、みんなで楽しい“使えるEV” 、今チェックすべき6台の電気自動車
OCEANS
ビジネス界の未来を拓く 「STEVIE®️ AWARDS」の魅力にせまる
antenna
取り回し抜群のテッパンBEV メルセデス・ベンツ「EQE SUV」
BRUDER
メルセデスEQE350、1369万円のプレミアムBEVの実力は?【試乗記】 - CAR and DRIVER 注目カー・ファイル
ダイヤモンド・オンライン
自分好みにカスタマイズ!バブルフレームより新商品FLAP CASEシリーズ登場
PR TIMES Topics
ハイエンドEVという悦び 『メルセデス電気自動車のすべて』は12月26日発売!
PR TIMES
【国内試乗】“最善か無か”、理想の電動SUV。電動化時代におけるメルセデスの真ん中「メルセデス・ベンツEQE SUV」
CARSMEET WEB
HAYNIより異素材MIX「スクエアかごバッグ」販売開始
PR TIMES Topics
メルセデスの先進工場を初取材。サスティナビリティは生産現場でも「MERCEDES-BENZ FACTORY56」
CARSMEET WEB
S耐に出てるトヨタの水素カローラは走りながらCO2を回収してるだと!? 超画期的な技術の中身とは
WEB CARTOP
大好評なフレッシュ苺の食べ放題つき『 XEX いちごフェス 』を4店舗同時開催
PR TIMES Topics
そろそろ大型トラックのBEV化も始まりそう! そうなると大型用の急速充電設備はドコにどう設置する?
WEB CARTOP
【比較試乗】タイカンを追いかけろ! 激化するBEVサルーンの覇権争い「ポルシェ・タイカン・ターボS vs メルセデスAMG EQE53 4マチック+」
CARSMEET WEB
EV化でクルマのデザインはどう変わる?【おしゃれな大人が「見た目だけで選ぶ」クルマ座談会 PART.1】
WEB UOMO
メルセデス・ベンツは新型Eクラスを日本初お披露目! ガソリンエンジンによる上質で軽やかな走りと電気モーターによるスムーズでパワフルな加速を楽しめる【TAS2024】
WEB CARTOP