BEVやFCVやPHEVの普及に「専用ナンバープレート」案はどうだ? 導入しているアジア諸国はステータスとして重宝されていた

WEB CARTOP
2023.09.19 06:20
この記事をまとめると
■新興国ではPHEVやBEVなどに向けて専用のナンバープレートを発行している
■BEVやPHEVは割高なので、専用ナンバープレートはステータスとして扱われている
■日本でもナンバープレートを区別することでBEV等の需要喚起に繋がるかもしれない
海外ではNEVに専用のナンバープレートを発行している
  おもに新興国では、NEV(新エネルギー車/BEV[バッテリー電気自動車]、PHEV[プラグインハイブリッド車]、FCEV[燃料電池車]など)の販売促進というか、消費者の購買意欲を煽る意味もあるのか、専用のナンバープレートを用意している。つまり、クルマに詳しくない人でもナンバープレートを見ると、NEVなのかどうかが一目でわかるのである。
  筆者が実際見てきた例では、中国では白地と緑地が上下でグラデーションさせている。韓国ではナンバープレートの地の色が薄いブルーになっている。そしてインドネシアではナンバープレート下部が青くなっている。
  そもそもどの国でも、同クラスICE(内燃機関)車に比べれば、BEVなどのNEVは車両価格が割高となっているので、NEVを買える人は所得に余裕のある人ともいえる。そのような人たちをターゲットカスタマーとしているので、専用ナンバープレートはステータスを主張するツールとして格好の撒き餌となっているともいえるかもしれない。
  日本でも、黄色地で黒文字が当たり前だった軽自動車のナンバープレートに白地のものも登場すると、軽自動車ユーザーはこぞって白地ナンバープレートを選択するという動きがある。黄色地のプレートでは見た目ですぐ軽自動車とわかってしまうので嫌がるユーザーが多かった証ともいえるかもしれない。
  たとえば、トヨタ・プリウスでは2リッターのHEV(ハイブリッド車)の納期がずば抜けて時間がかかっている。筆者が聞いた時点では2025年初秋以降が納期となっていたのだが、間もなく新規受注停止となり、受注再開するころには納車予定時期は2026年に突入するだろうとのことであった。一方でPHEVは2リッターHEVより1年ほど納期は短くなっている。
  HEVに比べて車両価格が割高なことも影響しているとのことだが、ここで日本ではHEVは当たり前のように街なかで走っているので、PHEV、BEV、FCEVに限定した専用ナンバープレートで、HEVとの違いが一目でわかるようならば、PHEVの需要喚起につながることになるのではないだろうか。そもそも現行プリウスの購入検討をしている人の多くは日々カツカツとした生活に追われることなく、所得に余裕のある人が大半なはずなのだから、PHEVへ背中を押す意味でも、日本でも専用ナンバープレートをぜひとも導入すべきと考えている。
  日本も残念ながら国民の間での所得格差が広がっている。そのなかで、富める人たちにできるだけお金を使ってもらうことや、今後いつになるのかわからないが、政府も本腰を入れて、NEVの普及を進めるときには専用ナンバープレートの設定はかなり効果があるものと考えている。もちろん、富裕層だけでなく地球環境問題に積極的に取り組むような感度の高い人へのアピールも強いものとなるだろう(NEVがICE車より本当に地球環境に優しいか否かは別、あくまでイメージ)。
  ナンバープレートは一例に過ぎないが、補助金用意するぐらいでなんの手立てもしない政府の動きをみると、まだまだNEV普及に本気ではないなということがわかる(そもそもこの手の話をすると、日本の発電の大半は化石燃料由来だから意味ないというオチにもなってしまう)。

あわせて読みたい

マジでプレリュードが登場するゾ!! シビックベースの2Lハイブリッド搭載か!? 完全電動化を目指すホンダが進む道
ベストカーWeb
サクラユーザーのほとんどが普通充電派!? リーフやアリアと全然使い方違うゾ!! 実際サクラってどーなん!?
ベストカーWeb
HAYNIより異素材MIX「スクエアかごバッグ」販売開始
PR TIMES Topics
お…おおお…これカッコいいぞ…新型エクスパンダークロスに待望の新開発HV追加!! タイで発表、日本でも売ってよーー!!
ベストカーWeb
【比較試乗】ミドルサイズSUVの電動化は着々と進行中。BEVを積極的に選ぶ理由とは?「メルセデスベンツ・EQB vs BMW・iX3 vs アウディ・Q4 e-tron」
CARSMEET WEB
水と音楽が織りなす夏のエンターテイメント「WATERBOMB JAPAN」が2024年も日本で開催決定!
antenna
ジャパンモビリティショーは成功したが欧米の「オートショー」は衰退気味! 如何ともしがたいメーカーの推しと消費者の推しのズレ
WEB CARTOP
1年を待たずに街行くクルマがガラッと様変わり! 日本車王国だったタイに中韓BEVが溢れている
WEB CARTOP
ビジネス界の未来を拓く 「STEVIE®️ AWARDS」の魅力にせまる
antenna
ホンダWR-Vはヒットの予感……だけど強すぎる同門「N-BOX」が立ち塞がる懸念が拭えない!
WEB CARTOP
納期は短く値引きも脅威的! いま超お買い得に思えるBEVの賢い買い方とは
WEB CARTOP
韓国発の音楽フェス「WATERBOMB JAPAN 2024」先行チケット販売開始!
antenna
乗ってみたらヒョンデKONAがけっこう脅威! 攻めた装備と大胆デザインの勢いがスゴイ
WEB CARTOP
トヨタ・クラウン セダンZ<FCEV>/クラウン セダンZ<HEV>【試乗記】
webCG
凹凸が口に触れにくいなめらかな口当たりの「Daily ウォーターボトル」に新色登場
PR TIMES Topics
【徹底解説】新型トヨタ・クラウン セダン[ニューモデルSHOWCASE]
webCG
2023年を振り返るとビッグモーターにダイハツに燃料価格高騰と厳しい年に! 救いはジャパンモビリティショーの成功!!
WEB CARTOP
電動化時代でも「6種類」が選び放題! 日本はクルマのパワーユニット天国だった
WEB CARTOP
新型になってもやっぱり販売台数トップはN-BOX! 2024年はカローラシリーズが躍進する可能性大
WEB CARTOP