流産を経験した女性が語る「“自分の体内で命が消える”ことへの向き合い方」

女子SPA!
2022.11.24 08:45
 みなさんは「流産」と聞いて何を思い浮かべるでしょうか?出産願望が(まだ)ない人には無縁かもしれません。実は流産(=妊娠22週より前に妊娠が終わること)に至る確率は妊娠全体で15パーセント程度と言われています。その危険性は年齢があがるごとに顕著に増加することが知られています。中には流産を2、3度繰り返す女性もいます。
 ドイツ在住の私も2022年2月、35歳のときに妊娠して、8週目で流産を経験しま…

あわせて読みたい

『ゼクシィBaby』にSHELLYさん初登場!理想の子育てや子どもの成長について語る
PR TIMES
【産婦人科医監修】産後の肥立ちとは? よくある症状や産褥期のNG行動、対策を解説
Women's Health
3月から5大ドームツアーも決まっているback number 清水依与吏さんライフスタイル!
UR LIFESTYLE COLLEGE
帝王切開で産んだ直後、義母が「ラクに産めてよかったわね」…数年後、特大ブーメランが/2022人気記事BEST5
女子SPA!
【赤ちゃんのビタミンK欠乏性出血症を予防する】ビタミンKを補って健やかな生育を
PR TIMES
1点ものの日傘をあつかう「Coci la elle」を設立、 作家の ひがしちかさんの創作の原点、作品への思いなど伺います!
UR LIFESTYLE COLLEGE
妊娠初期の流産を経験したMさん「赤ちゃんがいなくなったかもと夫に泣きながら話した」【モア・リポート43】
MORE
流産を経験した3人の女性が語る、人生で最も辛い期間の向き合い方
コスモポリタン
ヤンマーが発信する「HANASAKA」 次世代へ向けた新しいサステナビリティのカタチとは
antenna*
あやまん監督(43)が出産報告! 「不妊治療・顕微授精を経ての妊娠」と知られざる「30代の病み期」「12歳年下夫との奇跡の出会い」を語る
集英社オンライン
出産や妊娠が怖い......。「トコフォビア」とは
Women's Health
内なる充実のための“のんびり”を求めて、ドライブ旅へ。Honda ZR-V e:HEV× ライフスタイルプロデューサー・村上 萌さん
antenna*
卵巣が時限爆弾状態に! 痛み止めも効かない強烈な痛みの体験記に反響続々
レタスクラブ
生理が月に2回も来るのはなぜ? 考えられる15の理由
Women's Health
【ジープオーナーインタビュー】一番高いところを目指して~若月隼太
Jeep®
2度の流産、死産…“最後のアイドルレスラー”納見佳容(46歳)が初めて語る“壮絶な引退後の日々”「罪悪感に苦しみ、何度もスーパーで座りこんだ」
NumberWeb[格闘技]
「生理の一生」を医師が解説! わかっているようでわかっていなかった、生理のクロニクル
ELLE ONLINE[コスメ]
なぜヤンマーはサステナビリティ経営に自然体で取り組めるのか?110年受け継ぐ価値観を紐解く
antenna*
横澤 夏子さんが『ゼクシィBaby』に初登場!理想の子育てや家庭円満の秘訣を語る
PR TIMES
南 明奈さんが『ゼクシィBaby』に初登場!出産時のエピソードや初めての子育てについて語る
PR TIMES