【国内試乗】やはり直6+FRの走りは素晴らしい! マツダ渾身の「CX-60」はこれまでのSUVとは次元の異なる走行感覚を味わえる1台

CARSMEET WEB
2022.10.05 11:30
マツダが「ドライビングエンターテイメントSUV」をキャッチコピーに掲げるラージ商品群第1弾となるCX-60の販売が開始された。新開発の縦置きプラットフォーム+高出力パワートレインに、コーナリングの安定性を高めたサスペンションが織りなす走りは、果たしていかなるものだったのか?FFベースのSUVとは次元の異なる走行感覚マツダが満を持して導入したラージ商品群の第一弾であるCX-60。その走りと乗り味に、…

あわせて読みたい

【国内試乗】待望の2列シート版が登場! 日常性能が高まったアメリカンプレミアムの筆頭『ジープ・グランドチェロキー』
CARSMEET WEB
【国内試乗】フルモデルチェンジしたシエンタはミニバン枠に収まらない”らしさ”を確立したユーザーフレンドリーな1台
CARSMEET WEB
【加治ひとみさんが教える】今すぐマネしたい!かぢちゃん流「温活習慣」とは?
antenna*
【国内試乗】名前以外はすべて新しい! 生まれ変わったトヨタのフラッグシップ、新型「クラウン」ファーストインプレッション!
CARSMEET WEB
マセラティの卓越したパフォーマンスを体験できる『マスター・マセラティ』がアジア初開催されたので実際に参加してみた
CARSMEET WEB
音楽集団「Mirage Collective」も話題! プロデューサー・トラックメーカー STUTSさんのライフスタイル
UR LIFESTYLE COLLEGE
「CX-60/CX-8」比較試乗でわかった圧倒的進化
東洋経済オンライン
マツダはMT天国!! でもCX-60はなんでATだけ?
ベストカーWeb
気になるけれど…怖くない?話題の近視治療ICLって一体何?
antenna*
マツダが30年ぶりの「高級車市場」再参入、その狙いと対輸入車の勝算とは - モビリティ羅針盤~クルマ業界を俯瞰せよ 佃義夫
ダイヤモンド・オンライン
脱内燃機関が叫ばれる今、マツダ「CX-60」が3.3リッター6気筒ディーゼルエンジンを搭載した理由とこだわり
&GP
【加治ひとみさん直伝】リアルに実践している3つの“温活習慣“とは?
antenna*
【プロトタイプ試乗】2023年春登場予定のZR-Vに早くも試乗、ホンダらしいスポーティな走りを楽しめるSUVだった!
CARSMEET WEB
【メルセデスとビーエム】CLA45とM240iクーペを比較! スロットル開度次第でやる気モードに、日常の中の非日常を呼び覚ませ!
CARSMEET WEB
痛くない?怖くない?「近視治療ICL」についての疑問に、その道の権威の先生が全部答えます!
antenna*
北米専売のマツダ CX-50に乗る。見た目も走りも完全にアメリカ人好みの仕様なのだ
ドライバーWeb
マツダ新型CX-60 期待と不安入り混じる公道レビュー 直6 3.3L&一番人気グレードの実力は!!?
ベストカーWeb
第一人者の先生に聞きました! 「ICL」はこれからの近視治療のスタンダードかも?
antenna*
ディーゼルがいい!「CX-60」が既存国産SUVと違うのはなぜなのか? CX-5からの乗り替えオーナー激白!!
ベストカーWeb
【試乗】日本で乗れないのが悲しすぎる! アメリカで試乗した「マツダCX-50」は理想的なSUVだった
WEB CARTOP
文具を知りつくすスペシャリスト、 ステーショナリー ディレクターの土橋正さんが手掛ける文房具
UR LIFESTYLE COLLEGE