「ヴォイド オブ ニッポン 77展」表参道・GYREで - 日本の「空虚」に着目して戦後美術を紹介

FASHION PRESS[アート・カルチャー]
2022.07.22 19:25
展覧会「ヴォイド オブ ニッポン 77展 戦後美術史のある風景と反復進行」が、東京・表参道GYRE内のジャイル ギャラリー(GYRE GALLERY)にて、2022年8月15日(月)から9月25日(日)まで開催される。戦後から現代へ、その時代的な連続性「ヴォイド オブ ニッポン 77展 戦後美術史のある風景と反復進行」は、戦後に語られた日本の「空虚」に着目し、現在活躍する日本の作家を通して戦後日本…

あわせて読みたい

民衆が担う版画表現のゆくえ。小笠原正・評 「彫刻刀が刻む戦後日本―2つの民衆版画運動」展
美術手帖
キュレーター・山峰潤也さんに聞く、2022年観逃せないアートフェス
BRUTUS
【防災ギア18選】災害時にも役立つおすすめアウトドアギア
Jeep®
イタリアのクリーム入り揚げドーナツ、ボンボローニを知っている?東京の3軒
BRUTUS
【8月11日〜14日】今週末必見の“アート&デザイン”まとめ!
Casa BRUTUS
【レヴァンテ GTの試乗へご招待】マセラティ初のハイブリッドSUVを紐解く
antenna*
中心のない「空虚」な日本とは? 「ヴォイド オブ ニッポン 77展」で検証する戦後美術史の風景
美術手帖
日本が抱える空虚さの正体とは。「Void of Nippon 77」展が開催。
VOGUE JAPAN
RITUELを象徴するヴィエノワズリーから秋の新作が登場
PR TIMES Topics
セゾン現代美術館のコレクション展 - クレーやカンディンスキーなど、20世紀初頭〜現代の作品を展示
FASHION PRESS[アート・カルチャー]
NYでこの夏、大山エンリコイサムの展覧会が開催!
Casa BRUTUS
QUALITY OF LIFEを高めてくれる、すべての女性に寄り添ったダンスキンのウエア。
antenna*
ART SHODOの現在。清水穣評 山本尚志個展「ゲーム」、「ART SHODO -進化する芸術運動としての書-」展
美術手帖
不確かな時代にイヴ・クラインの「非物質性」を改めて考える。「時を超えるイヴ・クラインの想像力」展が開幕
美術手帖
夏野菜を「冷蔵庫にそのまま入れる」のは注意。適切な保存方法をプロが解説
J-WAVE
河内タカがナビゲート。誰もが楽しめる、パブリックアートの魅力。 | & Premium (アンド プレミアム)
&Premium[アート]
【パンの名店 シニフィアン シニフィエ】夏に贈りたい、もらって嬉しいトロピカルでフルーティーな夏ギフト
PR TIMES
おやつの常識を超える!第10弾「ベビースターラーメンスニーカー2』が登場
PR TIMES Topics
李禹煥と時代のうねり ーー60年以上にわたる 思索と創作の軌跡をたどる
T JAPAN
桜井孝身の哲学から「奇跡の前衛美術集団 九州派」を読み解く作品集制作プロジェクト
CAMPFIRE
“よいこのための悪口メーカー” イラストレーター・漫画家の原田ちあきさんのライフスタイル
UR LIFESTYLE COLLEGE