対中国外交でみせた安倍元首相の意外な突破力

東洋経済オンライン
2022.07.13 08:40
安倍晋三元首相が2022年7月8日に銃撃され死去した。首相退任後は「台湾有事は日本有事」など、「親台湾」の本音を公言してきたが、首相在任中には2度にわたって悪化した日中関係を改善へ導き、意外な「突破力」を発揮した。右派だからこそ可能だった側面もあるが、国交正常化50周年を迎える2022年に日中両国は、彼の提起した「お互い協調し脅威とならない」で合意できるはずだ。岸田政権は、台湾有事をあおり日米同盟…

あわせて読みたい

習近平氏が4期目を目指すには「台湾併合」しかない これだけの「理由」
ニッポン放送 NEWS ONLINE
菅政権のほうが良かった…「焦点は辞任がどれだけ早まるか」岸田首相に失望する人が増え続ける根本原因
PRESIDENT Online
文具を知りつくすスペシャリスト、 ステーショナリー ディレクターの土橋正さんが手掛ける文房具
UR LIFESTYLE COLLEGE
「Z世代は中国に好感」世代で分かれる好感度の理由
東洋経済オンライン
「空疎で無意味な外交文書」辛坊治郎が一蹴 日中国交正常化50年 岸田首相と習国家主席が送り合った祝電
ニッポン放送 NEWS ONLINE
【加治ひとみさんが教える】今すぐマネしたい!かぢちゃん流「温活習慣」とは?
antenna*
プーチンと27回も会談したのに…この重大局面でまったく役に立たない「安倍外交」とは何だったのか【2022編集部セレクション】
PRESIDENT Online
習近平主席のスタンスは外国首脳と会った際の“表情”から分かる!?
radiko news
【家とクルマ】使える道具であり安心できる存在
Jeep®
ゾンビ「宮沢洋一」税調会長の高笑い…ついに安倍路線を明確に否定した岸田政権
現代ビジネス
日中正常化50年、中国共産党の本質を見誤った瞬間
Wedge[国際]
第一人者の先生に聞きました! 「ICL」はこれからの近視治療のスタンダードかも?
antenna*
3期目習近平外交 日本は日中関係だけを見るな
Wedge[国際]
初訪中の独首相、習主席と会談 経済関係強化を期待
AFPBB News オススメ
気になるけれど…怖くない?話題の近視治療ICLって一体何?
antenna*
バイデン大統領が習近平国家主席に差し出した「友好的な握手」が表す意味
ニッポン放送 NEWS ONLINE
中国・江沢民元国家主席が死去 「習近平政権に相当な恨みを募らせたうえの“憤死”ではなかったか」辛坊治郎が持論を展開
ニッポン放送 NEWS ONLINE
デザイナーの真髄~これまでを超えるエキサイティングなデザインを
Jeep®
異例づくめの「G20サミット」日本の岸田文雄首相は「G20」で何を語ったのか?
TOKYO FM+
中国「ゼロコロナ」政策の理由 「習近平がコロナにビビっているからではないか」辛坊治郎が持論を展開
ニッポン放送 NEWS ONLINE