認知症と視力に関連性?眼疾患の治療が予防策になる可能性も

Women's Health
2022.07.08 13:15
認知症は、世界中の医療システムや家族、一部のコミュニティーにかつてないほど多大なストレスをかけている問題。その認知症について新たに発表された研究結果によると、この疾患のリスク要因のひとつと考えられる眼疾患に対応することで、発症を予防できる可能性があるとのこと。記憶の喪失に関わる疾患と視覚の関連性とは─?…

あわせて読みたい

ADHD治療薬が、覚醒剤系薬物乱用患者の入院リスクを低減
Forbes JAPAN
男性は女性よりも「高リスクな投資」をする傾向が明らかに
Forbes JAPAN
音楽集団「Mirage Collective」も話題! プロデューサー・トラックメーカー STUTSさんのライフスタイル
UR LIFESTYLE COLLEGE
中高年の肥満は要注意!寝たきり生活の恐れある「サルコペニア肥満」とは - ニュース3面鏡
ダイヤモンド・オンライン
大人こそ気をつけたい「虫歯」の原因やメカニズムは? 注意すべきポイントを解説
家庭画報
テニス指導者【坂井利彰】おすすめ。手間なく続けられる体メンテナンス術とは?
antenna*
コロナ死と基礎疾患の関連性に新たな見解 神経疾患に高リスク
Forbes JAPAN
コロナ感染前のストレスが、長期の後遺症につながる可能性
Forbes JAPAN
【シュラフ18選】冬キャンプや車中泊で暖かく過ごせる寝袋を厳選
Jeep®
サル痘で神経疾患や気分障害発症も 類似ウイルスの例もとに警鐘
Forbes JAPAN
新型コロナ、感染のたびに死亡や疾患リスク上昇か
Forbes JAPAN
【藤田寛之】53歳の現役プロゴルファーが教えるリカバリーケアとは?
antenna*
「認知症の発症リスク」を4割減らせる12の要因
東洋経済オンライン
気候変動と大気汚染で、認知症や脳卒中などの神経疾患が悪化する
Forbes JAPAN
痛くない?怖くない?「近視治療ICL」についての疑問に、その道の権威の先生が全部答えます!
antenna*
がんの罹患と死亡、「予防可能」なリスク要因が大きく関与
Forbes JAPAN
中程度の運動で乳がん患者「死亡リスク低減」の可能性が判明
Forbes JAPAN
筋疲労と痛みをケア。オムロン 低周波治療器の実力をテニス界のレジェンドがチェック!
antenna*
1日わずか10分の運動で寿命を延ばせる!? 研究結果が示唆
ELLE ONLINE[コスメ]
心筋梗塞、脳卒中、認知症…「痛くないから大丈夫」と歯医者に行かなかった人の老後に待ち受ける悲劇
PRESIDENT Online
【加治ひとみさん】優しく内側から温める“かぢ流・温活習慣&温活レシピ”
antenna*