「あまびえ」の次は「わらべ地蔵」⁉デパートで、店内にコロナ退治のお地蔵さんを安置
PR TIMES Topics
2020.06.24 16:00
松坂屋は、新型コロナの一刻も早い終息を願って、売場の一角に「疫病退散」のお地蔵さんを安置。
「いっこく童(わらべ)さん」と名づけられた、目をぎゅっとつむり、口は一文字のお地蔵さんは、藤枝市出身の石彫家、杉村孝氏によるもの。世界的に脅威を与えている新型コロナウイルスを憂い、疫病封じの一助となればという杉村氏の強い思いのもとで制作されました。表情の“柔和さ”とともに、四角い顔で人々を疫病から盾となって守る“強さ”を併せ持った地蔵わらべは、二頭身のなんとも愛らしいお姿。デパートの売場の一角に安置されているので、どなた様でも「いっこく童さん」に会うことができます。売場の一角にあり、どなたにもご覧いただくことができるので、この新型コロナ禍のストレスを少しでも癒していただけたら嬉しいです。