12 min

クレンジングバームの特徴や人気の理由|目的別おすすめ商品も!

クレンジングバームに興味を持っていませんか?

この記事では「クレンジングバームの魅力」について解説します。

結論、クレンジングバームはやみつきになるクレンジングです。

どのような部分に魅力があるのかを解説するので、ぜひ一度使ってみてはいかがでしょうか。

他にも「クレンジングバームの使い方」や「おすすめのクレンジングバーム」についても解説します。

ぜひ今回の記事を参考に、クレンジングバームを正しく使ってみてくださいね。

また「おすすめのクレンジング」に関しては、こちらで解説していますのでぜひ確認してみてくださいね。

目次

クレンジングバームとは

クレンジングバームとは

クレンジングバームは、クレンジングの種類の一つです。

クレンジングのなかには、クリームやオイルなどさまざまな種類がありますが、バームはクレンジングオイルを固形にしたものを指します。

クレンジングオイルと同様油分を多く含んでいるため、洗浄力が高いのが特徴。

また、肌の体温でとろける触感も人気の理由の一つです。

クレンジングバームとクレンジングクリームの違い

クレンジングバームとクレンジングクリームの違い

クレンジングクリームとバームの違いは、保湿力にあります。

どちらも保湿効果に期待できますが、どちらかというとクリームの方が肌に馴染みやすいです。

一方でクレンジングバームは、クリームよりも重めのテクスチャとなっており、肌表面を保護するような役割を担います。

お風呂上がりの保湿ケアにクリーム、肌が荒れてしまっているような乾燥にはバームと考えておくと良いでしょう。

主なクレンジングの種類

クレンジングは、バームの他にも主に10種類あります。

クレンジングバームと比較する際に、以下の種類も参考にしてください。

種類タイプおすすめの肌
クレンジングオイル液体オイル肌が強い人向け
クレンジングローション液体乾燥肌・敏感肌
クレンジングミルク液体乾燥肌・敏感肌
クレンジングジェルジェル比較的肌が強い人向け
クレンジングクリームクリーム乾燥肌・敏感肌
クレンジングシート拭き取り商品により異なる
クレンジングバーム半固形乾燥肌・敏感肌
泡クレンジング乾燥肌
クレンジングウォーター液体乾燥肌
クレンジングタオル拭き取り敏感肌

それぞれ合う肌やタイプが異なるので、自身の肌に合ったクレンジングを選ぶようにしましょう。

クレンジングバームの特徴

クレンジングバームの特徴

クレンジングバームの特徴は、主に3つです。

数あるクレンジングのなかからバームを検討されているなら、以下の特徴から他クレンジングと比較してみましょう。

  • メイクと馴染みやすい
  • 洗いあがりしっとり
  • 毛穴ケアに強い

なぜそれぞれのような特徴があるのか、以下で解説します。

メイクと馴染みやすい

クレンジングバームは、メイクに馴染みやすいクレンジングです。

バームは、見た目は半固形の軟膏のようなものですが、肌に乗せると体温でとろける仕組みになっています。

とけたオイルはメイクに馴染みやすく、濃いメイクでもしっかり落とせるのが大きな特徴。

強くこする必要がなく、肌に負担をかけません。

洗いあがりがしっとり

洗いあがりがしっとり

クレンジングバームは、しっとりした洗いあがりも特徴です。

クレンジングオイルの場合、乾燥肌や敏感肌に合わない人もいるでしょう。

しかし、クレンジングバームの場合、オイルを固めているクレンジングであるにも関わらず、しっとりした洗いあがりで肌のつっぱりを感じさせません。

保湿成分も多く含まれているので、もちもちとした潤いのある肌に導いてくれます。

毛穴ケアに強い

クレンジングバームは、毛穴汚れや角栓ケアにも強いクレンジングです。

オイル状になったバームは、毛穴の黒ずみや奥に酸化して詰まった汚れまでケアしてくれます。

クレンジングと同時に角質ケアができるので、一石二鳥のクレンジングと言えるでしょう。

ただし、頻繁に使いすぎると肌を傷める可能性があるので、頻度は控えめにすると良いです。

クレンジングバームの正しい使い方

グバームの正しい使い方

クレンジングバームに限らず、クレンジングは適切に使う必要があります。

誤った使い方では、クレンジングの効果を最大限に発揮できません。

そこで、クレンジングバームを使う際の主なポイントを解説します。

とくに初めてクレンジングバームを使う人は、ポイントを守って使いましょう。

クレンジングバームを使うタイミング

クレンジングバームを使うタイミングは、お風呂の前がおすすめ。

基本的にクレンジングバームは、乾いた手と肌に使うのが効果的だからです。

お風呂の中でも良いですが、温度の高い場所では、すぐにバームが溶けてしまいます。

洗面所でクレンジングバームを使ってから、お風呂に入る流れが良いです。

クレンジングバームを使う回数

クレンジングバームを使う回数

クレンジングバームを使う回数は、基本的に朝晩の1日2回です。

1日1回でも良いですが、黒ずみなどの角栓ケアを行いたい場合は、1日2回を目安にしましょう。

反対に1日2回以上は、肌に強い刺激を与えてしまいます。

使えば使うほど効果の出るものではないので、適切な回数でクレンジングを行ってください。

顔と手をぬらさない

クレンジングバームは、基本的に乾いた手と肌で使います。

他のクレンジングは濡れた手と肌でも良いですが、クレンジングバームに関しては、乾いた状態の方が良いです。

また、ジャーの中に水が入らないように注意してください。

クレンジングバームに雑菌が入ったり品質が劣化したりする可能性があるので、水分に気を付けて使いましょう。

オイル状にしてから肌に乗せる

オイル状にしてから肌に乗せる

クレンジングバームは、手のひらで溶かしてから使いましょう。

手のひらに乗せてバームが溶けてきたら、両手で広げるようにして顔全体に広げていきます。

また、顔全体に広げる際には、力を入れずに優しく撫でてください。

円を描くようにマッサージすると良いです。

クレンジングバームを使う手順

クレンジングバームの正しい手順について解説していきます。

基本は6ステップです。

各ステップでの特徴も合わせて、以下を参考にしてください。

手順ポイント
①バームをすくう手も肌も乾いた状態でとります。手で取るのが嫌な人は、スパチュラがおすすめ。
②バームを溶かす手のひらでバームを温めて軽く溶かし、オイル状にします。
③顔に馴染ませる指先で円を描くようにメイクに馴染ませます。
④さらに馴染ませるぬるま湯を少し加えて、さらに顔になじませます。
⑤白くなるまで馴染ませる色が白くなるまで肌に馴染ませます。
⑥洗い流しバームが白くなるまで馴染ませたら、バームが残らないようにしっかり洗い流します。ゴシゴシ強く洗わないように注意。

「焦らずこすらず」を守り、優しく時間をかけてクレンジングしていきましょう。

オイルの溶けるまでの時間や馴染ませる時間など、多少時間がかかるため、ササっとクレンジングしたい人には向いていません。

クレンジングバームが向いている人

クレンジングバームが向いている人

クレンジングバームは、以下のような人におすすめです。

  • 乾燥肌の人
  • 敏感肌の人

クレンジングバームはオイル系であるため、敏感肌の人は利用をためらってしまう人もいるでしょう。

しかし、反対に、敏感肌や乾燥肌の人に向いているのです。

なぜこれらのような人におすすめなのか、以下で理由を解説します。

乾燥肌の人

クレンジングバームには、保湿成分が多く含まれています。

そのため、汚れを落としながらも油分を残して洗い上げられるのです。

オイル系のクレンジングは、乾燥肌に向いていないと思われがちですが、乾燥肌でもクレンジングバームなら問題ありません。

他クレンジングで肌のつっぱりを感じる人でも、クレンジングバームなら安心して使えます。

敏感肌の人

クレンジングバームは、敏感肌の人にもおすすめ。

理由は、肌の摩擦を防げるためです。

通常のクレンジングだと、メイク落としのために無駄に力を入れてこすってしまう可能性があります。

しかし、クレンジングバームは力を入れずにメイク落としが可能。

さらに、必要な油分を残してくれるので、敏感肌でも負担をかけません。

クレンジング後は、しっとりした肌を保てます。

クレンジングバームが人気な理由

クレンジングバームが人気な理由

数あるクレンジングのなかで、クレンジングバームが人気な理由について解説します。

「プレミアアンチエイジング株式会社」が調査を行ったところ、バームだからこその魅力にハマっている人が多数いました。

以下では、どのような魅力があるのかや、クレンジングバーム利用者の口コミを紹介します。

他クレンジングで物足りなさを感じていたり、使用感に不満を感じていたりするのであれば、クレンジングバームを使ってみてはいかがでしょうか。

とろける触感が大きな魅力

「プレミアアンチエイジング株式会社」が「触感と消費に関する実態・意識調査」をしたところ、女性の薬9割が商品の触感(手触り・肌ざわり)を重視していると判明しました。

具体的な触感については「とろける触感が好き」という回答が約8割。

さらに、とろける触感として代表的な商品としての第1位は「クレンジング」となりました。

また、スキンケア商品でとろける触感が気に入っているものに関しては、以下のとおりのランキングです。

  1. メイク落とし・クレンジング……44.9%
  2. 化粧水・ローション……36.3%
  3. 洗顔料……26.1%
  4. 乳液……20.9%
  5. クリーム・アイクリーム……20.9%

上記のランキングからも、クレンジングバームが人気だとわかるでしょう。

参考元:「触感と消費に関する実態・意識調査」バーム美容の人気の秘密は“とろける触感“|プレミアアンチエイジング株式会社のプレスリリース

クレンジングバーム利用者の良い口コミ

クレンジングバーム利用者の良い口コミ

クレンジングバームを、実際に利用している人の口コミを見ていきましょう。

良い口コミでは、やはりとろける感覚が評価されていました。

トロトロな感触だけではなく、クレンジングとしての効果もしっかり感じられています。

これまでのクレンジングから「違うものを試してみたい」と考えている人にとって、クレンジングバームは向いているでしょう。

クレンジングバーム利用者の悪い口コミ

クレンジングバームが合わない人もいます。

実際にどのような不満を感じている人がいるのか、以下でいくつかの口コミを見ていきましょう。

クレンジングバームの大きなデメリットは、手間がかかる点です。

口コミでも「面倒くさい」「手間がかかる」といった意見は多く見つかりました。

ササっとクレンジングを済ませたい人にとって、クレンジングバームは向いていないでしょう。

クレンジングバームの選び方

クレンジングバームの選び方

クレンジングバームを選ぶ際は、以下の3つを重視しましょう。

  • 油の種類
  • 配合成分
  • テクスチャの特徴

成分によって肌への刺激が異なるので、それぞれは重視しておきたい部分。

さらに、クレンジングバームならではの触感を求める人は、テクスチャの特徴も見ておきましょう。

どのような種類があるのか、以下で解説します。

油の種類

クレンジングバームの油の種類は、主に以下の3種類です。

それぞれの特徴と合わせて解説します。

油の種類特徴
炭化水素油洗浄力が高い。乾燥肌や敏感肌の人は避けた方が良い。
エステル油合成された安定性の高い油。メイクと馴染みやすい。
油脂皮脂と似た性質の天然オイル。乾燥肌や敏感肌の人にもおすすめ。

基本的にはどの油も、メイクに馴染みやすいです。

乾燥肌や敏感肌の人は、油脂ベースのクレンジングバームを使いましょう。

配合成分

配合成分

肌に刺激を与えたくない人は、成分表示を必ずチェックしてください。

基本的に成分が多く入っているほど、肌へのダメージは強いです。

また、刺激を回避するための一つの方法として、以下の記載があるものを選ぶと良いでしょう。

  • パッチテスト済み
  • アレルギーテスト済み
  • スティンギングテスト済み

それぞれのテストを受けているものであれば、肌への刺激は少ないです。

テクスチャの特徴

クレンジングバームの大きな魅力は、トロトロの触感です。

だからこそ、触感は自分の好みのものを選びましょう。

クレンジングバームの触感は、主に以下の3つに分かれます。

  • 粘度が低くサラっとしている
  • 粘度が高くネバっとしている
  • 粘度が低くシャリっとしている

一重にトロトロと言っても、さまざまなな質感があります。

肌あたりの感触がそれぞれ異なるので、テスターなどがあれば試しておきましょう。

目的別おすすめのクレンジングバーム

目的別おすすめのクレンジングバーム

目的別の、おすすめクレンジングバームを紹介します。

クレンジングバームを利用してみたいと考えている人は、ぜひ以下のクレンジングバームを参考にしてください。

【目的別のおすすめクレンジングバーム】

以下では、それぞれのクレンジングバームの特徴を解説します。

プレステージ ル バーム デマキヤント|ベストセラーのクレンジングバーム

プレステージ ル バーム デマキヤント
参考価格11,280円
内容量150mL
使用期間目安2カ月
オイルの種類パルミチン酸エチルヘキシル・イソヘキサデカン・イソノナン酸イソノニル
W洗顔必要
濡れた手での使用不可
おすすめの肌質すべての肌質

プレステージ ル バーム デマキヤントは、濃いメイクもスッキリ落とす上に、洗いあがりもしっとりしたクレンジングバームです。

ジェルのようなぷるぷるなバームがメイクと馴染み、数秒でメイクを綺麗に落とします。

保湿成分も豊富で、洗いあがりはしっとりとしたつっぱらない肌感。

濃いメイクでも肌への刺激を抑えたい人におすすめです。

プレステージ ル バーム デマキヤントの口コミ評価

プレステージ ル バーム デマキヤントは、高価なクレンジングバームですが、口コミ評価は良い内容ばかり。

お値段以上の効果に期待できるでしょう。

利用者の口コミは、以下のとおりです。

れはいい!1ヶ月使って肌がなめらかな質感に変わったので、再購入です。難点は高いことですが、今までで唯一、肌の変化を感じたクレンジングでした。

引用元:Amazon

肌の変化までしっかり感じられるクレンジングバームなので、他のバームが合わない人にもおすすめ。

高価な部分以外は、デメリットを感じさせません。

DUO ザ クレンジングバーム|保湿成分の高いクレンジングバーム

DUO ザ クレンジングバーム

DUOザクレンジングバームは、クレンジングバームのなかでも人気のシリーズ。

シリーズは、全部で5つとなっており「黒」や「赤」など色で分けられています。

  • ブラックリペア(黒)
  • クリア(黄色)
  • ノーマル(赤)
  • ホワイト(青)
  • バリア(緑)

以下で、 DUOザクレンジングバームそれぞれの種類について解説します。

ブラックリペア(黒)

duoブラックリペア
参考価格3,960円
内容量90g
主な用途毛穴汚れ

DUOザクレンジングバームブラックリペアは、主に毛穴汚れに強いバームです。

濃いメイクもスッキリ落ち、数回の使用で毛穴の汚れまで落とします。

毛穴詰まりに関しては、口コミでも高評価です。

使ってみたら口コミ通り毛穴も綺麗にツルツルになった
特に気になってた口下の毛穴詰まりが解消されて満足
数日使わなかったらまた汚れてきた感がしてリピート決定

引用元:@cosme

備長炭と活性炭の2種類の炭を使っているため、頑固な黒ずみも吸着してくれます。

肌の悩みを改善したい人におすすめです。

クリア(黄色)

duoクリア
参考価格3,960円
内容量90g
主な用途いちご鼻・毛穴汚れ

DUOザクレンジングバームクリアは、いちご鼻が気になる人におすすめのバームです。

毛穴の汚れはもちろん、角栓の汚れまで綺麗に落とします。

毛穴よりも小さい微粒子カプセルの「毛穴クリアカプセル」によって、肌を傷つけずに汚れを除去。

口コミでは、洗い流した後もすっきりだったと好評です。

DUOの中でも1番使用感が良かったです!洗い流したあとも保湿されていました!お値段は高めですがいつかまたリピしたいです!

引用元:@cosme

さっぱり軽い使用感で、W洗顔も不要。

美容に特化した DUOザクレンジングバームシリーズなら、クリアをおすすめします。

ノーマル(赤)

duoノーマル
参考価格3,960円
内容量90g
主な用途エイジング・乾燥肌

DUOザクレンジングバームノーマルは、シリーズのなかでもバランスの良いバームで、以下の機能を兼ね備えています。

  • クレンジング
  • 洗顔
  • 角質ケア
  • マッサージケア
  • トリートメント

さらに、W洗顔も不要で、コスパ満足度の高いバームです。

メイク落ちに関しても、不満の声はありません。

しっかりメイクは落ちるのに、洗い上がりしっとり、ふっくら、つるすべでお肌に負担がかかってない感じが凄く良いです!

引用元:@cosme

しっとりなつるすべ肌になる上に、乾燥小じわまでケアしてくれます。

アレルギーテスト済みの商品なので、肌への刺激を抑えたい人におすすめです。

ホワイト(青)

duoホワイト
参考価格3,960円
内容量90g
主な用途くすみ

DUOザクレンジングバームホワイトは、くすみに特化したバームです。

吸着力に優れたモロッコの天然クレイ「ガスール」が、メイクを落としながら古い角質や黒ずみなどの老廃物までを吸着します。

さらに、使い続けて白い肌になったとの口コミも多数。

クリアと同じぐらいに使用感が好きでした!友人はトーンアップしたと言っていたのでリピするか検討中です!

引用元:@cosme

メイク落とししながら、白い肌へ導きたい人におすすめです。

バリア(緑)

duoバリア
参考価格3,960円
内容量90g
主な用途乾燥肌・肌荒れ

DUOザクレンジングバームバリアは、敏感肌向けのバームです。

抗炎症のグリチルレチン酸ステアリルを配合しており、肌ストレスから保護してくれます。

さらに、2種類の弾力カプセルがかさつく肌にフィットするので、ゴシゴシこすらずにクレンジング可能。

口コミでは、クレンジング効果も高評価でした。

以前に使っていたクリームクレンジングはアイメイクを落とし切らなかったのですが、このバームはしっかり細かいところまで行き渡り、メイクをキャッチしてくれます。とろっとしたテクスチャに変わるので、ゆるゆるマッサージも兼ねて洗っています!

引用元:@cosme

メイクをしっかり落としながらも、肌に刺激を与えないバームなら、 DUOザクレンジングバームバリアがおすすめです。

クリーンイットゼロ クレンジングバーム オリジナル|洗浄成分の高いクレンジングバーム

クリーンイットゼロ クレンジングバーム オリジナル
参考価格1,340円
内容量100mL
使用期間目安2カ月
オイルの種類パルミチン酸エチルヘキシル・エチルヘキサン酸セチル
W洗顔不要
濡れた手での使用不可
おすすめの肌質乾燥肌

クリーンイットゼロ クレンジングバーム オリジナルは、韓国コスメブランドの「バニラコ」の商品です。

少し硬めのテクスチャではありますが、メイクなじみが速く、べたつきもありません。

また、ほどよいしっとり感があるため、どんな肌質でも合います。

メイクの落としやすさも高評価なので、敏感肌でもしっかりメイクを落としたい人におすすめです。

クリーンイットゼロ クレンジングバーム オリジナルの口コミ評価

クリーンイットゼロ クレンジングバーム オリジナルは、全体的にバランスのとれたバームです。

そのため、コスパの良さが多く評価されていました。

使い勝手良し、コスパ良し、洗い上がり良し、他のクレンジングにかえる理由が見当たらない。今まで使ってきたバームの中で、間違いなくいちばん!

引用元:Amazon

1,340円という低価格で、メイク落ちも良く肌にも優しいです。

バームの価格を抑えたい人は、一度 クリーンイットゼロ クレンジングバーム オリジナルを使用してみましょう。

テイク ザ デイ オフ クレンジング バーム|さっぱりした使用感

テイク ザ デイ オフ クレンジング バーム
参考価格2,860円
内容量110g
使用期間目安2カ月
オイルの種類ハイブリッドサフラワー油・パルミチン酸オクチル・トリグリセリル
W洗顔必要
濡れた手での使用不可
おすすめの肌質すべての肌質

テイク ザ デイ オフ クレンジング バームは、さっぱりした使用感で人気のバームです。

肌への刺激も低く、さっぱりした洗い上がりになります。

ただし、テクスチャは硬めで、しっかりメイクに馴染むまで時間がかかってしまう点はデメリット。

クレンジング力はやや劣りますが、肌への優しさを重視する人におすすめです。

テイク ザ デイ オフ クレンジング バームの口コミ評価

テイク ザ デイ オフ クレンジング バームの口コミでは、肌への優しさに関する口コミが多いです。

実際の利用者の口コミは、以下のとおり。

手に取るときはとても硬めのバームかな?と感じたのですが、肌に馴染ませるとスルスルとメイクとなじみしっかりとメイクを落とせている感じがわかりました。滑りが良いので、摩擦が少ない状態でメイク落としができ、また洗い流した後もベタつく感じはないのに乾燥する感じも無いところがお気に入りです。

引用元:@cosme

摩擦の少なさや洗い流し後に関しては、不満なく使えるでしょう。

口コミではクレンジング力も評価されているので、ナチュラルメイク派の人は、一度試してみてください。

トップ シークレット クレンジング バーム|敏感肌におすすめのクレンジングバーム

トップ シークレット クレンジング バーム
参考価格7,900円
内容量125mL
使用期間目安1カ月
オイルの種類バルミチン酸エチルへキシル・合成ワックス
W洗顔不要
濡れた手での使用不可
おすすめの肌質すべての肌質

トップ シークレット クレンジング バームは、みずみずしい肌に導くバームです。

保湿成分が充実しており、敏感肌でも安心して使えるでしょう。

また、クレンジング力もあり、メイクも綺麗に落とします。

甘い香りも一つの魅力となっており、香りを楽しみたい人にもおすすめ。

トップ シークレット クレンジング バームの口コミ評価

トップ シークレット クレンジング バームの口コミでは、全体的なバランスが評価されていました。

香りから洗い上がりまで、高評価です。

メイク馴染みもいいし、香りもいいし、洗い上がりもしっとりとさっぱりのバランスがちょうどいい。少しお高めなのが痛いですが、今のところ1番気に入っています。またリピートすると思います。

引用元:@cosme

香りに関しては「強すぎる」といった口コミもあったため、人を選ぶかもしれません。

香り以外の点に関しては、言うことないでしょう。

クレンジングバームを使う際の注意点

クレンジングバームを使う際の注意点

クレンジングバームを使う際には、以下の点に気を付けてください。

  • 洗い残しがないように流す
  • 基本的には洗顔不要
  • お風呂場に置いておかない

クレンジング全般に言えるものから、バームならではの注意点もあります。

なぜそれぞれに対して気を付けるべきか、具体的な内容を見ていきましょう。

洗い残しがないように流す

クレンジングをした後は、必ずしっかり洗い流してください。

洗い残しがあると、クレンジングが原因でニキビができる可能性があります。

ただし、洗い残しをしないようにとゴシゴシ洗うのはNG。

水をつけるように優しくしっかり落としましょう。

基本的には洗顔しない

基本的には洗顔しない

クレンジングバームは、基本的に洗顔をしません。

商品によって異なりますが、ほとんどの商品はダブル洗顔不要と記載してあります。

なぜなら、洗いすぎてしまうと、必要以上に皮脂が取れてしまうからです。

皮脂が取れると肌が乾燥してしまい、肌荒れやニキビの原因となります。

商品の表記をしっかり確認して、不要な洗顔をしないようにしましょう。

お風呂場に置いておかない

クレンジングバームは、お風呂場に置きっぱなしにしないでください。

バームは、熱で溶けてしまいます。

お風呂場のような熱がたまる場所に置いておくと、ドロドロになって使えなくなる可能性があるのです。

また、クレンジングバームはお風呂前がおすすめなので、お風呂のなかでは使わないようにしましょう。

クレンジングにお悩みならバームをおすすめ

クレンジングにお悩みならバームをおすすめ

クレンジングで悩んでいるなら、ぜひ一度バームを使ってみましょう。

トロっとした触感がクセになります。

また、バームにもさまざまな商品があるので、自身の肌に合ったものを選んでください。

ぜひ今回の記事を参考に、クレンジングバームを使って、綺麗な肌を目指しましょう。

関連記事