「ダム最優先・堤防強化二の次」の治水政策で強行される、石木ダム建設
HARBOR BUSINESS Online
2020.01.19 08:32
治水と利水の両面で、石木ダムは不要
 安倍政権(首相)は「建設業界第一・国民二の次」の土建政治に邁進しているのではないか? と実感したのは、昨年11月17日のこと。石木ダム予定地の長崎県川棚町で開催された全国集会で、ダム問題に取組む「水源開発問題連絡会(水源連)」の嶋津暉之共同代表の講演を聞いた時のことだ。
 嶋津氏は「石木ダムの治水効果が及ぶのは流域の1割以下にすぎず、利水も人口減で需要減少であ…

あわせて読みたい

死者50人を出した倉敷市真備地区の被害の要因!? 高梁川上流・河本ダムの「異常放水」
HARBOR BUSINESS Online
「西日本の豪雨災害は、代々の自民党政権による人災」河川政策の専門家、嘉田由紀子・前滋賀県知事が指摘
HARBOR BUSINESS Online
球磨川の悲劇を繰り返さないために。なぜ日本の水害対策は「命を守る」視点が欠けているのか?
HARBOR BUSINESS Online
河川工学の専門家らが死者51名を出した真備町水害の現場を視察。ますます高まる「人災」の可能性
HARBOR BUSINESS Online
熊本豪雨で考える日本のダム。川辺川ダムがあれば被害は防げたのか?
HARBOR BUSINESS Online
ダム偏重政策が招いた「肱川大水害」。今こそダム建設継続より肱川の河道改修に全力を投じよ
HARBOR BUSINESS Online
中国・長江流域の洪水、1500万人が避難
AFPBB News オススメ
台風19号の堤防決壊は防げた?実績ある対策を「封印」した国交省の大罪 - DOL特別レポート
ダイヤモンド・オンライン
利水から治水へ~洪水対策としてのダム活用
ニッポン放送 NEWS ONLINE
肱川大水害は、愛媛県と国土交通省の60年に及ぶダム偏重治水事業「肱川方式」の失敗が招いた災害
HARBOR BUSINESS Online
橋が破壊され二階まで浸水した肱川大水害被災地。傷痕は今もなお一目瞭然
HARBOR BUSINESS Online
ポストコロナの世界で私たちが目指すべき社会の姿とは?
HARBOR BUSINESS Online
川辺川ダムが建設されていたら災害は防げたか~九州豪雨
ニッポン放送 NEWS ONLINE
水害に恐怖した人に教えたい「流域」思考の本質
東洋経済オンライン