Icon loading md
996442 1 full a761526d b2f5 486f 90cf a0bde199957c 0iffb0wvxippzaplrqk9qsg1xeirsrpv
いまさら聞けない「灯籠」「行燈」「提灯」の違い
MATCHA
2015.05.13 11:05
ガスや電気が使われるまで、日本では主にロウソクや油の火を照明として利用していました。そのとき使われていたのが、灯籠(とうろう)・行燈(あんどん)・提灯(ちょうちん)などの照明器具です。

外国人の方が夜景を見て「あ、日本的だな」と思うのは、現代のネオンサインを別にすれば、これら照明器具の影響であることが多いようです。今回は外国人の方には見分けづらい、日本伝統の照明器具の違いについて紹介します。


関連コンテンツ