乗務するのは誰だ? JRが挑む「自動運転」の成否
東洋経済オンライン
2020.01.14 07:25
「目指すのは無人運転ではありません。ドライバーレス運転です」――。

JR九州の担当者が、報道陣に何度も念押しした。官公庁や多くの企業の仕事納めにあたる2019年12月27日の深夜から28日未明にかけて香椎線の香椎―西戸崎間で行われた自動列車運転装置(ATO)による走行試験の模様を、JR九州が報道陣に公開した。

自動運転が実現すれば理屈の上では運転士は必要ないようにも思えるが、無人運転ではなく、…

あわせて読みたい

「京浜東北線のワンマン運転化」を、JR東日本が検討する理由 - News&Analysis
ダイヤモンド・オンライン
鉄道の自動化、運転士より先に「車掌」が消える
東洋経済オンライン
JR東「ワンマン運転拡大」に見る、鉄道乗務員レス化の未来 - News&Analysis
ダイヤモンド・オンライン
ついに山手線が無人運転!? 問題は駒込~田端間にあるアレの存在か
citrus
シーサイドライン逆走事故の原因は「断線」。決して「自動運転」が危険な訳ではない
citrus
英国の鉄道に試験導入された「自動運転」は、通勤ラッシュを緩和できるか?
WIRED
新幹線への特大荷物には予約が必須に。2020年、注目の鉄道関連トピック
HARBOR BUSINESS Online
横浜シーサイドラインが示唆する鉄道の未来
東洋経済オンライン
1月7日深夜、「自動運転の電車」がJR山手線を走ったらしい
ギズモード
2020年代、電車の運転士という職業はなくなる?
東洋経済オンライン
朝の京王線、「渋滞」しても追突しないワケ
東洋経済オンライン
「TX」次々繰り出す対策でトラブル減らせるか
東洋経済オンライン
地下鉄「無人運転」が、フランス人にできて日本人にできなかった理由
現代ビジネス
鉄道の運転士らが慢性的な睡眠不足になりやすい根本的な理由 - News&Analysis
ダイヤモンド・オンライン