乗務するのは誰だ? JRが挑む「自動運転」の成否
東洋経済オンライン
2020.01.14 07:25
「目指すのは無人運転ではありません。ドライバーレス運転です」――。

JR九州の担当者が、報道陣に何度も念押しした。官公庁や多くの企業の仕事納めにあたる2019年12月27日の深夜から28日未明にかけて香椎線の香椎―西戸崎間で行われた自動列車運転装置(ATO)による走行試験の模様を、JR九州が報道陣に公開した。

自動運転が実現すれば理屈の上では運転士は必要ないようにも思えるが、無人運転ではなく、…

あわせて読みたい