グランドセイコー、シチズン、カシオら“熟成の国産”時計5選【2019年まとめ②】
&GP
2019.12.28 15:00
ヨーロッパの時計ブランドとは違った進化を進める日本の時計ブランドたちは、“最新” “ハイテク” “多機能”などを謳い、時計の未来像を提案する手法を主体にしていた。しかし便利さをアピールする場合、それ以上便利なものが出てくれば、存在価値は失われるだろう。そもそも便利さに勝負になると、スマホに並ぶものはない。そこで国産ブランドは、よりエモーショナルな時計を目指し始めている。ポイントとなるのは、既存技術…

あわせて読みたい

年差±5秒を誇る高精度クオーツ「ザ・シチズン」から、300本限定の特別カラーモデルが登場。
Pen Online
【はじめての高級腕時計】超多忙なハードワーカーのための腕時計6選
GOETHE
【超性能クオーツ】日本とスイスの名門、グランドセイコー&ロンジン徹底研究!
GOETHE
たゆまぬ機能性の向上こそ持ち味!注目の国産ウォッチ5選【2018年まとめ③】
&GP
2019年時計界のトピックを振り返る――イノベーティブなウオッチの創造
WATCHNAVI Salon
シチズンが発表した"究極の精度"の時計
PRESIDENT STYLE
【最新国産ウォッチ】日本の時計技術はエモーショナルに進化した!
GOETHE
我が道を突き進む時計ブランド「シチズン」――限界まで極めるクオーツ精度
WATCHNAVI Salon
《ウオッチナビ厳選》世界に誇る日本ブランドの“旅時計”――ワールドタイマー編
WATCHNAVI Salon
バーゼルワールド2019、目利き+編集部が選んだイチ押し時計!①ザ・シチズンとベル&ロス
GQ JAPAN
シチズン時計の100年技術はハンパなくオーバースペック!【ニッポン発の傑作モノ】
&GP
世界最高峰の技術に感動する腕時計。たとえばこんな8本
OCEANS
腕時計も“働き方改革”。ビジネスウォッチにおける個性豊かな4つの最適解
OCEANS
世界初のセイコー製クオーツウオッチ登場から50周年の節目に、誕生の背景を振り返る
WATCHNAVI Salon