お客さんが「Yogee出せ!」の大熱狂、Yogee New Waves中国ツアー
radiko news
2019.12.16 18:00
2019.12.16 up提供:InterFM897
12月12日のInterFM897『Ready Steady George!!』は、ニューEPをリリースしたYogee New Wavesが登場!新作の制作秘話、来年スタートするツアーについて伺いました。
中国のライブでお客さんが「Yogee出せ!」の大熱狂
George:先月までYogee New Wavesは、台湾でのイベントと中国ツアーもしてたんですよね。中国ツアーはどうでした?

角館健悟(以下、角館):寒かったり暑かったりだったね。

粕谷哲司(以下、粕谷):すごいいろんなところ回ったんで、北京とかはマイナス何度とか。かと思えば広州は20℃くらいあったりして。

George:移動距離って結構あったんですか?

粕谷:すごかったんじゃないかな。基本飛行機で2、3時間って感じだったかな。それが16日間ぐらい続くような日々でした。

George:日本だったら大体東京から3時間で北海道とか沖縄行けるけど、中国だと飛行機で3時間飛んでそっからまた3時間ですもんね。お客さんの反応はどうでした?

粕谷:すごくよかったです。言葉は通じないのでMCは中国語教えてもらってカタカナで読んだりするんですけど、そういうレベルじゃなくて普通に歌ってるというか、英語の歌詞とか日本語になってない部分を歌ってくれるというか。

Shaula:愛情感じますね。

粕谷:感じますね。

George:中国でツアーできるっていうのはYouTubeの影響もあるんですかね?

粕谷:何が影響なんだろうね。

角館:中国っていろいろメディアが発展してるみたいなんで、そこらへんで聴いてもらってる印象ありましたね。

George:特に印象に残ってることってありますか?

角館:2つ印象に残った町があって。成都って街はサーキットイベントみたいになってて、僕らがメインステージのトリをやらせてもらって。その時はお客さんがYogee出せYogee出せみたいな感じで熱狂してて、嬉しかったです。

Shaula:へええ。それすごいガッツポーズだったでしょ。

粕谷:カッツポーズですよ。一番かっこつけちゃった(笑)。

George:バンドを組んだ時にいつか中国でYogee出せ!って言われるって想像してないと思うけど。

角館:そうですよ。中国ツアー回ってるとは思ってなかったです。一昨年にも思ってなかった。

George:リリースのタイミングでは中国は必ず行くっていう感じ?

角館:年一では恒例になってきてますね。アジア圏。

George:台湾もイベントやったんですよね?

角館:その時はミュージックアワードの時で。ライブっていうよりはスーツ着て、コメントというかMC側の方。不思議な役を任されました。

George:ゲストプレゼンター的な。

角館:そうそう。

Shaula:すごいね。プレゼンターに選ばれる人ってめっちゃ人気のある人だからね。

George:だってグラミー賞とかだと超人気俳優とかがやるからね。

粕谷:あのポジションですもんね。

George:先週4枚目のEP、「to the MOON」をリリースしましたね。どんな作品になりました?

角館:これは僕らが住んでいる都会から見た月の美しさとか切なさとか、夜は寂しいけど月が見てるよねとか、そういう関係性の歌が多いですね。

George:これ4枚目のEPじゃないですか。EP好きだよね。

角館:EP好きですね。

George:EPってどんな意味を持ってる?

粕谷:EPは5、6曲入りのCDだけどアルバムよりも具体性が高いようなものを作りたくて。アルバムだと曲数が多くて抽象度が高まるんですけど、EPだともう少しフォーカスする視点を小さくできるというか。今回も月って僕らの中ではフォーカスする対象が小さいんですけど、これくらいに収められるのが5、6曲って感じですね。

George:なるほど。「to the MOON」できた時にやった!って思った?

角館:思いました。合宿で小渕沢のほうに行って、月とか綺麗な日だったんですよ。その日にできてすごく嬉しかったです。

粕谷:そうだったね。忘れてた。

George:月を見ながら?

角館:意識はしてました。夜にできたし。夜でも明るい日でよかった。

Shaula:発想が素敵だよね。
メキシコは「死」がもっと近くにある場所
George:12月の12日で年末じゃないですか。どう過ごすんですか?

角館:俺と粕谷の2人でメキシコに旅行に行きます。

Shaula:仲良すぎじゃない?仕事を一緒にして、一緒にラジオ出演して、旅行も行くって。

George:どうやってこういう話になったんですか?

角館:去年僕がメキシコに行ったんですよ。それですごくよかったって話をしたら、粕谷の友達がメキシコに住んでるっていうから。だったら俺も行って、去年見られなかったメキシコの部分とか今まで知ってるやつ教えるよ!って言ってこうなりました。

George:また行きたくなったってことは、それだけ良かったってことですよね。何を感じたんですか?

角館:前回は「死者の日」(Día de Muertos)が生まれた島ってとこに行ったんですよ。それで日本とは全く違う世界観というか。死は悲しくない、死は悲しいとかのレベルではないという(日本と価値観が)逆にある場所に行ってみたかったんですよね。そしたらグッときちゃった。

George:死は悲しくない?

角館:俺は悲しいけどメキシコの人たちはそれをお祭りにしてて、もうちょっと親近感がある感じ。でも日本は遠い感じ。お墓にいてもらってって感じだけど、メキシコはもっと近いというか。

George:粕谷さんもそれを聞いて行くぞ!って。

粕谷:そうですね。散々話を聞いてたんで、行きたいなあと思ってたらかみ合わせがカチカチっとハマって。ちょうど休みとって一緒に行くか?って。

George:食べ物も美味しいらしいよねえ。

角館:トウモロコシ粉でタコスとかトルティーヤとか作るじゃない。あれが良いみたいで。そこがすごいうまかった!

今日のゲストは先週、EP『to the MOON』をリリースしたYogee New Waves(@Yogees_band)から角舘さんと粕谷さんでした!
Yogee New Wavesは来年、Dreamin Night Tour2020を開催!
東京は4/22 Zepp Tokyo!

ありがとうございましたー!
メキシコ旅行お気をつけて!#ジョージとシャウラ#interfm897pic.twitter.com/WiDsjUNV2V— ReadySteadyGeorge!! (@rsg_interfm)December 12, 2019Ready Steady George!!放送局:InterFM897放送日時:毎週月曜~金曜 13時00分~16時00分出演者:George Williams、 Shaula
※該当回の聴取期間は終了しました。

あわせて読みたい

シャムキャッツ、ニューEPリリース!「やっぱりロックはエロくないと」
radiko news
ザ・クロマニヨンズのニューアルバムがリリース!曲を思いつく時はどんな時?
radiko news
スガ シカオと著名人が、ここだけの音楽談義。J-WAVEで毎週日曜22時から「空想ドライブ」中!
J-WAVE
パノラマパナマタウンNEW ALBUM「GINGAKEI」世の中全ては銀河系である!?
radiko news
Chara x WONK荒田「最初から息子のような感じ」「お世話になってます!」
radiko news
少しずつなら大丈夫?堀田茜と学ぶ、週に1度30分のSDGsプログラム
J-WAVE
キュウソネコカミ10周年!アメリカツアーでは「ベガスで豪遊予定」!?
radiko news
RSG最終回!怒髪天・増子の感動のサプライズ「またすぐ会えるよ!」
radiko news
2021年4月4日(日)は「メッセージ&リクエスト特集」
J-WAVE
Yogee New Wavesが、ライブ前に必ず行うことは?
J-WAVE NEWS
Yogee New Wavesがアコースティック生ライブ!
J-WAVE NEWS
スガ シカオと著名人が、ここだけの音楽談義。J-WAVEで毎週日曜22時から「空想ドライブ」中!
J-WAVE
文化を耕し、次の世代を抱きしめる──Yogee New Wavesと考える「東京」の現在地
WIRED
YOGEE NEW WAVESインタビュー「過去を愛でる瞬間と、過去を脱ぎ捨てる瞬間はどちらも必要」
Rolling Stone Japan
ママインスタグラマーが語る! 「学習用PC」選ぶコツ
グノシー
アジカン9年ぶりのフジロック「今僕たちキレキレです!」
radiko news
仕事に行きたくない時おすすめ! 同世代バンド「Yogee New Waves」を知らないなんて!
JJnet
まるでレストランみたい!冷凍パスタ「青の洞窟」が本当に美味しいワケ
antenna*
Yogee New WavesとSuchmosが新木場で作り上げた夢のような一夜
Rolling Stone Japan
Yogee New Waves、新EPリリース決定。表題曲は自身初のドラマタイアップ
rockinon.com