元プロ野球選手・清原和博氏と僧侶・鈴木泰堂氏の対談本『魂問答』が12月19日(木)に発売
PR TIMES
2019.12.16 17:58
株式会社光文社
光文社より、12月19日(木)に元プロ野球選手・清原和博氏と僧侶・鈴木泰堂氏の共著本『魂問答』を発売いたします。罪を悔いながら薬物依存の後遺症、うつ病と闘う日々を告白し、信頼する僧侶との対話により、再び歩み始めたプロセスを記録した対談本です。
なぜ堕ちたのか。なぜ生きるのか。沈黙を破りすべてを告白。
最も信頼する僧侶との対話から見えてきた、絶望の先にこそある希望。

「死にたい、もう、この世から消えてなくなってしまいたい」

2016年2月、覚せい剤取締法違反(所持)の容疑で逮捕。
懲役2年6ヶ月、執行猶予4年の有罪判決を受けた清原氏が沈黙を破りすべてを告白。

なぜ、堕ちたのか。そして今、目指すべき場所はどこにあるか。
罪を悔いながら薬物依存、うつ病と闘う日々。
最愛の母の死。離別した息子達への想い……。
最も信頼する僧侶との対話から生きる意味を考える。

「この本は、泰堂さんから教わる仏の道を光の道標としながら、
僕、清原和博が暗闇のなか、再び歩み始めたプロセスを記録したものです。
まだまだ、道半ばではありますが、その道程を包み隠さずお伝えすることで、
僕と同じように悩み、苦しんでいる人たちの一助になればと思っています」(「はじめに」より)
第2章「2018年初冬」より 撮影/宮澤正明
第3章「2019年正月」より 撮影/宮澤正明
第6章「2019年盛夏」より 撮影/宮澤正明
【書籍詳細】
著者:清原和博、鈴木泰堂
発売:光文社
発売日:2019年12月19日
体裁:四六判ソフトカバー
定価:本体1,300円+税

【著者プロフィール】
清原和博(きよはらかずひろ)
元プロ野球選手。1967年、大阪府生まれ。小学3年生でリトルリーグに入り、才能を開花。高校進学の際はPL学園に入学。1年から4番を務め、5季連続で甲子園に出場。優勝2回、準優勝2回という成績を残し、自らが放った甲子園通算13本塁打は歴代最多記録。1986年、ドラフト1位で西武ライオンズに入団。1年目で31本塁打を放ち、高卒新人記録を更新した。その後、西武の4番として君臨し、6度の日本一を経験。1997年、FAで読売ジャイアンツへ。4番として苦しむ時期はあったものの、9年間で185本塁打を積み重ねた。2006年にオリックス・バファローズへ移籍。膝の怪我に悩まされ、2008年に現役引退。プロ野球通算525本塁打は歴代5位。引退後は解説者等として活動していたが、2016年2月に覚せい剤取締法違反(所持)で逮捕され、懲役2年6ヶ月、執行猶予4年の有罪判決を受けた。
鈴木泰堂(すずきたいどう)
宗教法人示現寺代表役員/法華山示現寺住職/僧侶。1975年、神奈川県生まれ。立正大学仏教学部仏教学科卒業。1987年、在家から出家し、命がけで仏道に邁進する父に憧れて弟子となる。1998年、日蓮宗僧籍取得。2008年、先代住職遷化により住職に就任。以降法務をこなしながら、年間400人以上の相談者の「心の悩み」やスポーツ選手のメンタルをサポート。2014年、瞑想と写経を取り入れた「メンタルファシリテーション」を考案し、東京都渋谷区のコートヤードHIROOにて毎月実施。その他、各種団体主催のセミナー講師など活躍の場を広げている。

あわせて読みたい

清原和博、1年半後の告白。「ひと気のない深夜の甲子園で」
NumberWeb[プロ野球]
クスリ芸能人の今、押尾学はFX関連の情報商材の広告塔に
週刊女性PRIME
清原容疑者 某球団在籍時の先輩が「クスリの味」教えた?
東スポWeb
薬物使用経験者、清原に「孤立させないために仲間が必要」
週刊女性PRIME
木下優樹菜引退にフジモン「支えます」。離婚後も仲が悪くない元夫婦4選
女子SPA!
清原和博が「世界仰天ニュース」に登場。薬物との壮絶な闘いを告白!
TVガイド
刑事裁判の新制度「一部執行猶予」は薬物中毒者を救うか
Newsweek
東出昌大、あのトークに垣間見えてしまった「救いがたいワルさ」
OTONA SALONE
“卒業祝い”にクスリ打ち再発「捕まってホッとした」
週刊女性PRIME
永野芽郁のデート相手を中居正広が心配⁉︎ アンジャッシュ児嶋は“あの騒動”の裏話も告白
TVガイド
弱々しい、だからこそ真実味がある。再起の道を歩む清原和博の言葉~ビジネスパーソンの言語学100
GOETHE
清原氏覚醒剤逮捕から1年西武首脳が語る「球界復帰の絶対条件」
東スポWeb
日大・板倉教授は「清原被告は50%の確率で一発実刑」の可能性を指摘
東スポWeb
有罪判決の清原被告に古巣オリックス冷ややか“OB会名簿から消していい”の声
東スポWeb