憂国呆談 season 2 volume 114
sotokoto online
2019.12.05 06:00
『荒川知水資料館アモア』から、
台風19号による千曲川の被害、
東京五輪マラソンの札幌開催、
前・広島市長の新著まで。

『荒川知水資料館アモア』を訪れ、台風19号を振り返る。

浅田 今日は荒川の岩淵水門を見ながら川岸を歩いたあと、『荒川知水資料館アモア』を訪れた。一帯は素敵な散歩道だけど、隣接する国土交通省関東地方整備局荒川下流河川事務所によれば、10月12日に台風19号が首都圏を直撃したとき…

あわせて読みたい

千曲川の台風被害は、「ダム最優先・堤防強化二の次」の治水政策が招いた”人災”
HARBOR BUSINESS Online
八ッ場ダム、スーパー堤防……。幼稚な翼賛デマは防災・治水を軽視する愚論
HARBOR BUSINESS Online
豪雨が来たら気をつけたい。専門家が選ぶ「危険なダム ワースト10」
HARBOR BUSINESS Online
「ダム最優先・堤防強化二の次」の治水政策で強行される、石木ダム建設
HARBOR BUSINESS Online
利水から治水へ~洪水対策としてのダム活用
ニッポン放送 NEWS ONLINE
「気温が4℃上昇すると4倍増える」地球温暖化と水害が増える可能性を識者が指摘
TOKYO FM+
熊本豪雨で考える日本のダム。川辺川ダムがあれば被害は防げたのか?
HARBOR BUSINESS Online
ダム偏重政策が招いた「肱川大水害」。今こそダム建設継続より肱川の河道改修に全力を投じよ
HARBOR BUSINESS Online
「八ッ場ダムが洪水を防いだ」という主張は、こんなにも危うい
現代ビジネス
被害収まらぬ中飛び交う「ダム翼賛論」が間違いである理由
HARBOR BUSINESS Online
台風19号で感じた「先人に感謝」という言葉の耐えられない軽さ
現代ビジネス
台風19号の堤防決壊は防げた?実績ある対策を「封印」した国交省の大罪 - DOL特別レポート
ダイヤモンド・オンライン
球磨川の悲劇を繰り返さないために。なぜ日本の水害対策は「命を守る」視点が欠けているのか?
HARBOR BUSINESS Online
憂国呆談 season 2 volume 110
sotokoto online