台風19号の堤防決壊は防げた?実績ある対策を「封印」した国交省の大罪 - DOL特別レポート
ダイヤモンド・オンライン
2019.12.03 05:30
台風19号による堤防決壊で莫大な損害が出たが、安価で堤防決壊に効果があるとされていた工法を国交省が途中でやめていた。ダムやスーパー堤防の建設を推進する思惑があったといわれている。…

あわせて読みたい

千曲川の台風被害は、「ダム最優先・堤防強化二の次」の治水政策が招いた”人災”
HARBOR BUSINESS Online
相次ぐ台風と大雨の被害、堤防決壊させた「バックウオーター現象」とは - ニュース3面鏡
ダイヤモンド・オンライン
荒川、台風19号通過前後の「激流」に感じた恐怖
東洋経済オンライン
多摩川氾濫はやはり「人災」だ、忘れられた明治・大正・昭和の教訓 - 情報戦の裏側
ダイヤモンド・オンライン
「堤防は土で作る」大原則の見直も、河川の決壊頻発で国土交通省が検討
Wedge[国内+ライフ]
台風19号・経済危機の真相、東京は災害リスク世界1位 - Close-Up Enterprise
ダイヤモンド・オンライン
「西日本の豪雨災害は、代々の自民党政権による人災」河川政策の専門家、嘉田由紀子・前滋賀県知事が指摘
HARBOR BUSINESS Online
熊本豪雨で考える日本のダム。川辺川ダムがあれば被害は防げたのか?
HARBOR BUSINESS Online
憂国呆談 season 2 volume 114
sotokoto online
台風19号で乗客の混乱を回避できた鉄道業界、背景にあった国交省の努力 - News&Analysis
ダイヤモンド・オンライン
ハザードマップと自転車で「防災さんぽ」に出かけよう
BE-PAL
被害がなかった上流域との比較でより明確になった「野村ダム」下流域の被害
HARBOR BUSINESS Online
藤巻亮太、台風被害のあった長野県を取材。「水害」を考える
J-WAVE NEWS
台風19号で地方鉄道が被災。ローカル路線が生き残るためには
bizSPA!フレッシュ