世界最先端の電子音楽&デジタルアートの祭典「MUTEK.JP」が開催!【プレゼント】
antenna*
2019.11.25 00:00
2000年にカナダ・モントリオールでスタートし、最新の電子音楽やデジタルアートの文化芸術活動の普及を目的とした非営利団体による芸術フェスティバル「MUTEK(ミューテック)※」。現在はモントリオールの他にメキシコシティー、バルセロナ、ブエノスアイレス、ドバイ、サンフランシスコ、東京と世界7都市で開催。昨年はモントリオールで20周年を迎え、2万人以上を熱狂の渦に巻き込みました。

※「MUSIC」と「TECHNOLOGY」に「MUTATION」をかけ合わせた造語
今年で4回目を迎える日本では、12月11日 (水)〜15日(日)に開催が決定。渋谷カルチャーの継承と発信の場として、10月に「LINE CUBE SHIBUYA」としてリニューアルした渋谷公会堂をはじめ、ヒカリエホール、渋谷ストリームホール、EDGEof、恵比寿のLIQUIDROOMなどの会場でデジタルアートの可能性を探求する日本と世界のアーティストが一挙集結し、さまざまなプログラム(有料・無料)が繰り広げられます。
開催概要
名称:MUTEK.JP 2019
日程:2019年12月11日(水)~15日(日)
会場:Hikarie Hall / SHIBUYA STREAM Hall / LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂) / LIQUIDROOM / EDGEof / SHIBUYA QWS / UltraSuperNew Gallery
料金:MUTEK 5日間パスポート(23,000円)
MUTEK "A/Visions" 2日券(10,000円)
※プログラムごとのチケットは各イベント詳細をご確認ください。
※オールナイト公演は20歳未満ご入場できません。一部のプログラムは入場規制する場合がございます。
主催:一般社団法人MUTEK Japan
特別協力:KDDI株式会社
特別協賛:東急株式会社
協賛:第23回文化庁メディア芸術祭協賛事業、Canada Goose
助成:公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京
後援:カナダ大使館、ケベック州政府在日事務所、アンスティチュ・フランセ東京、渋谷未来デザイン、渋谷区、渋谷未来デザイン、渋谷エンタメテック推進プロジェクト
「MUTEK」は最新鋭のデジタルアートに取り組むクリエイターを支援しながら、フェスティバルの理念に基づき、有名、無名、新人を問わず様々な才能を持ったアーティストをキャスティング。また、ローカルの発展も重要視しているため、出演者の半数は開催国から招聘しています。
プログラム:Nocturne
Nocturneはライブパフォーマンスとして知られるナイトライフ・ショウケースです。4ナイトシリーズは革新的音楽の完全なスペクトラムと、ダンスフロアに引き込むため準備した本気の4フロアを展示します。
Nocturneは12月11日(水)から13日(金)まで、渋谷川沿いに位置する渋谷ストリームホールで開催されます。そして12月14日(土)、NocturneはLiquidroomへと流れ、今年MUTEK.JP唯一のオールナイトイベントを開催します。
MUTEK.JP 2019 "Nocturne 1"
日時:12月11日(水)開場18:00/開演19:00
会場:渋谷ストリームホール
料金:前売4,000円、当日5,000円

Daito Manabe + Kamitani Lab [JP] Akiko Nakayama [JP]
Norimichi Hirakawa [JP]
Myriam Bleau [CA/QC]
Push 1 stop & Wiklow [CA/QC] Line Katcho [CA/QC] Konx-Om-Pax [UK]
and more
Myriam Bleau ©️ Pieter Kers
初日の夜は、カナダを代表するオーディオビジュアル・アーティストMyriam Bleauが登場。日本からは真鍋大度が京都大学/ATR(国際電気通信基礎技術研究所)の神谷之康研究室と共同制作したアートプ ロジェクト“dissonant imaginary”を披露。音を聴くことで変化する視覚野、連合野の脳活動データを用いて画像を再構成する様子を可視化した作品は必見です。
MUTEK.JP 2019 "Nocturne 2"
日時:12月12日(木)開場18:00/開演19:00
会場:SHIBUYA STREAM Hall
料金:前売4,000円、当日5,000円

Kode 9 & Koji Morimoto [UK+JP]
Yuzo Koshiro & Motohiro Kawashima [JP] Alexis Langevin-Tétrault [CA/QC]
Sakura Tsuruta & asagi [JP]
rubi [DE]
Oslon [KR]
and more
Sakura Tsuruhata
2日目の夜は、テレビゲーム音楽に縁のある豪華アーティストが出演。ロンドンのダブステップレーベル”Hyperdub”主宰のKode9が、『アニマトリックス』などを手掛けたアニメーション監督の森本晃司とオーディオヴィジュアルセットで出演決定。
また、カナダ・ケベックより独自の弦楽器でインダストリアルなオーディオビジュアルを表現するAlexis Langevin-Tétrault。未知のエレクトロニック・ミュージックを追求し続けるDJのrubi。韓国ソウルのアンダーグラウンドシーンで活躍するOslonが来日決定。
バークリー音楽院を首席で卒業した新進気鋭のプロデューサーSakura Tsurutaは、ビジュアルアーティストasagiと自身初のオーディオビジュアルライブを披露します。
MUTEK.JP 2019 "Nocturne 3"
日時:12月13日(金)開場19:00/開演20:00
会場:SHIBUYA STREAM Hall
料金:前売4,000円、当日5,000円

Ken Furudate [JP]
Yosi Horikawa [JP]
and more
Ken Furudate ©️Yoshikazu Inoue
3日目はエレクトロニックミュージック界の実験的アーティストに焦点を当てます。 フィールドレコーディングで唯一無二の音楽を奏でるサウンドクリエイターYosi Horikawaのパフォーマンス。第22回文化庁メディア芸術祭で大賞を受賞した古舘健が登場します。
MUTEK.JP 2019 "Nocturne 4"
日時:12月14日(土)開場/開演23:30
会場:LIQUIDROOM
料金:前売3,500円、当日4,000円

LADA (Dasha Rush & Lars Hemmerling) [RU+DE]
Rrose [US]
Risa Taniguchi [JP]
and more
LADA (Dasha Rush & Lars Hemmerling) [RU+DE]
MUTEK.JP 2019で唯一のオールナイトプログラムは「恵比寿リキッドルーム」で開催。実験的なエレクトロニック サウンドを追及するアーティストDasha Rushとドイツ人プロデューサーLars HemmerlingによるLADAがライブセットを披露。さらに鬼才ならではのモダンテクノ~ミニマル~エクスペリメンタルを第一線で牽引するプロデューサーRrose、2018年より目まぐるしい活動で東京のアンダーグランドシーンにて旋風を巻き起こすRisa Taniguchiが出演します。
プログラム:A/Visions
A/Visionsは新鮮なサウンドと精巧なイメージを使った知覚的愉しみです。協同的かつ実験的なオーディオビジュアルを使ったこのパフォーマンスは、きっと心を魅了することでしょう。Nocturneシリーズと並ぶA/Visionsは、視覚と聴覚を使う冒険的MUTEK.JPプログラムとして広がりつつあります。
MUTEK "A/Visions 1"
日時:12月14日(土)開場17:00/開演18:00
会場:LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)
料金:前売6,000円、当日7,000円

Rhizomatiks Research × ELEVENPLAY × Kyle McDonald [JP+US]
Ryoichi Kurokawa [JP]
Rhizomatiks Research
MUTEK.JP 2019で注目を浴びるであろう4日目は、真鍋大度、石橋素が率いるRhizomatiks Research、演出振付家のMIKIKOが率いるダンスカンパニーELEVENPLAY、そして米国メディアアーティストのカイル・マクドナルドのコラボレーションによるダンスパフォーマンス「discrete figures」を披露決定。機械学習テクノロジーとインタアクティブなダンスが混合する、この壮大なショーケースは創造性に富んだプロフェッショナルが集まった先駆的なパフォーマンスになります。
MUTEK "A/Visions 2"
日時:12月15日(日)開場17:00/開演18:00
会場:LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)
料金:前売6,000円、当日7,000円

Robert Henke [DE]
Hiroaki Umeda [JP]
Falaises [CA/QC]
Robert Henke「Lumiere_III」©️AndreasGockel
MUTEK.JP 2019最終日はフィナーレを飾るにふさわしい豪華3組が登場します。時間軸と空間の概念を覆すリアムタイムのレーザー光線と、パーカッシヴなオーディオで観客を意識的な瞑想状態にかけるRobert Henkeのレーザーインスタレーションライブ「Lumière III」は、2013年の発表以来、常にアップ デートを繰り返されているプロジェクトの最新版です。
また「MUTEK.JP」初出演となる振付家/ダンサー/ビジュアルアーティストの梅田宏明による圧巻のオーディオビ ジュアルライブ・ダンスパフォーマンス。カナダ・ケベックから光の反射によるインスタレーションとビデオアートで独自のオーディオビジュアルライヴを披 露する3人組Falaisesが出演決定しています。
このフェスティバルの招待チケットを
antenna*ユーザーにプレゼント!
■プレゼント概要
賞品名: 「MUTEK」招待チケット
当選人数:12/11、12/12、12/13 、12/14に各日1組2名様
当選発表:ご応募いただいた方の中から厳正なる抽選を行い、当選者を決定いたします。当選者の方への賞品の発送をもって、発表に代えさせていただきます。
■応募締切
2019年12月4日(水)23:59まで
このイベントは終了しました
<注意事項>
・ご応募は日本国内にお住まいの方(登録住所が日本国内)の方に限らせていただきます。
・未成年者の方は保護者の同意を得た上でご応募ください。
・12月14日のオールナイト公演は20歳未満ご入場できません。
・本キャンペーンへの参加は、応募者自らの判断と責任において行うものとし、応募に際して応募者に何らかの損害が生じた場合、主催者の故意または重過失に起因するものを除きその責任を一切負いません。
・当社から賞品発送後、当社宛に賞品が返送・紛失された場合、その理由にかかわらず、当該賞品の資格を取り消し、賞品の再発送はいたしかねます。
・発送に関する配達業者はご指定いただけません。
・賞品の譲渡、転売はご遠慮ください。また、賞品交換・返金・換金等には応じかねます。
・景品表示法の定めにより、本キャンペーンに申し込まれた方は、主催者が同時期に実施する他のキャンペーンに当選できない場合がありますので、ご了承ください。
・応募締め切り後、厳選な抽選の上、当選者を決定いたします。
・登録フォームの記入内容に不備がある場合や、連絡をすることができない場合は当選の権利が無効となります。
・当選可否についてのお問い合わせにはお応えいたしかねます。
・賞品のご自宅以外への発送は承っておりません。また、賞品の発送先は国内に限らせていただきます。

あわせて読みたい

ヴィジュアルアートと電子音楽の芸術フェス「MUTEK.JP」レポート
Rolling Stone Japan
電子音楽&デジタルアートの祭典「MUTEK.JP 2019」本日より5日間に渡って開催
Rolling Stone Japan
モントリオール発 世界最先端のデジタルアートと電子音楽の祭典が開催!
warpweb[ファッション]
デジタルアートと電子音楽の祭典『MUTEK.JP』が今年も開催
Mastered
今冬渋谷でデジタルアートの祭典が開催!
warpweb[ファッション]
The xx好きはHVOBをチェック。音楽とテクノロジーの祭典『MUTEK.JP 2017』
Mastered
今週末東京で何する?THINGS TO DO THIS WEEKEND IN TOKYO12/7-8
TOKYOWISE
昨年大盛況だったあのフェスにTKが出演決定!
warpweb[ファッション]
電子音楽&デジタルアートの祭典「MUTEK.JP 2019」が第一弾のラインナップを発表
Ubergizmo Japan
今年は東京の“新名所”で展開。デジタル系アート&音楽の祭典「MUTEK.JP」開催
Harumari TOKYO
GFRIEND、最新アルバムより「Fallin’ Light(天使の梯子)」MVティザー公開
Rolling Stone Japan
世界最先端のデジタルアートと電子音楽の祭典。「MUTEK.JP」にライゾマティクス・リサーチ、古舘健ら参加
美術手帖
あなたを新時代へと導くデジタルアートの祭典『MUTEK.JP 2017』をリポート!
NYLON.JP
豪華アーティスト総勢150組以上が登場。『RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2017』が開催
Mastered