Empty
9615832 full 3cda2f97 164a 4d7d b6d1 d429fe966a7d
錦山窯の新しい挑戦。
madame FIGARO.jp
2019.11.13 21:00
こんにちは。編集MIです。

みなさん、九谷焼はお好きですか? 加賀藩の時代は藩御用窯だったこともあり、高価な焼き物、という印象があるかもしれません。

色や柄が艶やかで、見ているだけでも華やかな気持ちになりますよね。和の要素が強い絵付けの印象ですが、現代の九谷焼はモダンなものもいろいろ。私は比較的無地のうつわが好きで、日々使うのもシンプルなものが多いのですが、九谷焼の艶やかなうつわも取り入れ…

あわせて読みたい

Empty
九谷焼・錦山窯がギャラリー「嘸旦」を開設。人間国宝 吉田美統さんらの作品を展示
家庭画報
Empty
「酒づくりの神様」農口尚彦氏が復活! 再始動後初の限定高級酒が登場
MEN'S Precious
Empty
モノづくりに触れる金沢の旅②
GINGERweb
Empty
一度は体験したい! “日本酒造りの神様”のテイスティングルーム『杜庵』の酒と文化のペアリング
dressing
Empty
日本酒の神様が造る酒は、酒蔵内のテイスティングルームで味わうのが究極だ
GQ JAPAN
Empty
「酒造りの神様」の銘酒を味わえる!日本酒好きなら絶対に訪れるべき農口尚彦研究所
Precious.jp
Empty
ためいきが出るほどうまい酒を――85歳・能登杜氏の夢
Wedge[国内+ライフ]
Empty
お酒の飲めない「酒づくりの神様」はなぜ日本酒ブームを作れたのか? 85歳で現役復帰した杜氏の生き様
Rettyグルメニュース
Empty
自分好みの現代アートと出会う。日本橋三越本店「三越コンテンポラリーギャラリー」
家庭画報
Empty
白金台「ShinoiS」国内有名店と香港・上海で腕を磨いた、注目シェフの魅惑の中国料理
家庭画報
Empty
「食べる」以上の豊かな食体験ができる、小松の3軒。
madame FIGARO.jp
Empty
日本酒の未来。名工が紡ぐ懐かしき未来の味──石川県・農口尚彦研究所探訪記
GQ JAPAN
Empty
“酒づくりの神様”の異名を持つ日本最高峰の醸造家、農口尚彦の集大成となる酒造り。自身の名を冠した限定商品を発売
FASHION HEADLINE
Empty
“酒づくりの神様”、杜氏の農口尚彦さんが再始動! 待望の新酒を続々リリースします。
Pen Online