【カローラがまさかの販売首位奪還!!】「昭和の車」 が根強く支持される理由
ベストカーWeb
2019.11.08 07:00
「昭和の車」が意外な健闘ぶりを見せている。 現在、日本で売れている車といえば、トヨタのプリウスやシエンタ、そして日産のノートなど、平成以降に誕生したモデルばかりだ。 そうしたなか、2019年9月17日に発売された新型カローラは発売後1ヵ月で約2万2000台を受注。 そして、昨日11月7日に自動車販売協会連合会(自販連)が発表した10月の販売台数ランキングでは、シリーズ合計台数ながら、なんと登録車1…

あわせて読みたい

【売れない車にも愛を】メーカーが頑張ればもっと売れるクルマ最新版6選
ベストカーWeb
名門セダンはなぜ見限られた? クラウンだけが売れる理由
ベストカーWeb
爆売れSUV時代はいつまで続く? そもそもこれブームなのか?? SUVはどこへ行く??
ベストカーWeb
名門車が続々消滅!! この1年で去っていったクルマたちの悲しき事情
ベストカーWeb
え…これでいいのか? 続々生産終了!! 揺れるホンダの国内戦略
ベストカーWeb
衰退セダンに復活の時は近し!? ミニバンに喰われた伝統セダンの生きる道
ベストカーWeb
新車販売はリーマン以上の危機!! 4月の販売台数28.6%減 この状態から抜け出せるのか?
ベストカーWeb
【自動車用語辞典:スペックと分類「SUVとミニバン」】多様なライフスタイルに対応できる人気の多目的モデル
clicccar
【大改良効果で三菱No.1の売れ行きに!?】“ディーゼル専売”新生デリカD:5はなぜ人気なのか
ベストカーWeb
出るや!? 出ざるや!? 2018年度の新型車 気になる最新情報6選
ベストカーWeb
クラウン&カローラだけじゃない!40年以上続く老舗モデル【ホンダ/三菱/スズキ編】
&GP
世界で売れてる日本車 ベスト20&国内導入熱望車 5選
ベストカーWeb
トヨタ カムリ40周年! セダン不況でもなぜ日本で堅調なのか
ベストカーWeb
ジムニーやセンチュリーに続くか? 国産ロングセラー・8モデルの次期型はアリ?ナシ?
clicccar