Icon loading md
9513226 full f51f3bc8 8a78 4bf4 8cee 8db836f0c9f7
古都で結ばれたマセラティと料理。ブランドを育てる極意とは
Forbes JAPAN
2019.10.26 16:00
伊エミリア=ロマーニャ州の古都、モデナ。バルサミコ酢で知られる同市には、もう一つ、特産品がある。それは、”クルマ”だ。マセラティ、それにフェラーリ━━。同地を訪れた筆者がそこで見た、ブランドを育てる極意とは。

イタリア北部の都市「モデナ」と聞いて、何を思い浮かべるだろうか? 世界一のレストランだろうか。2018年に「世界のベストレストラン50」で世界一に選ばれた「オステリア・フランチェスカーナ」と、そのシェフであるマッシモ・ボットゥーラが話題になっている。とは言っても、ミシュラン3つ星獲得のその店よりも先に思い出すのは、モデナを故郷とするフェラーリやマセラティではないだろうか。

じつはさる7月、マセラティ初のSUV「レヴァンテ」の新車種であるGTSとトロフェオの試乗会に参加するべくモデナに足を延ばしてきたばかりだ。105年の歴史をもつ同メーカーがどれだけモデナの生活や文化に溶け込んでいるかというと、同市の中心地にある広場からレヴァンテの試乗会をスタートさせられるほどだ。さすが!

世界一のシェフにもなったことがあるボットゥーラは、15年からマセラティのアンバサダーとしてギブリSQ4に乗っていたのだが、16年に本社へ返却しに行った際、驚くことに、当時のマセラティCEOのリード・ビッグランドから新型レヴァンテを引き渡されたという。
 full a981c7f8 b81e 4c16 8ccb 356cdbd6f215
「オステリア・フランチェスカーナ」のシェフ、マッシモ・ボットゥーラ。

「このSUVレヴァンテにインスパイアされて作った料理が、まだメニューに載っています」と、ボットゥーラは話す。

「やはり、マセラティのV8の音は情熱そのもので、私が作る味だって情熱そのものですよ」

こういう交流によって、クルマと料理の世界が互いをインスパイアし合うことは素晴らしいと思う。欧米では、「男性のハートをつかむには、まず胃袋から」という諺(ことわざ)があるほどだ。両者が結びついた関係は自動車業界の中でも珍しい。ハラルド・ヴェスター現CEOが言うには、「ボットゥーラ氏が常にメニューにより素敵な一品を追加しようとしているように、マセラティも常にレヴァンテの『メニュー』をおいしくしよう」と、GTSとトロフェオの2台を追加した。

ボットゥーラの料理が如く……

マセラティの新メニューを見ると、レヴァンテにいかに刺激的なスパイスをかけたかがわかる。16年、V6エンジン搭載のグランルッソとグランスポーツという2台から、レヴァンテはよい滑り出しを記録しているのだが、今回はフェラーリ製のV8ツインターボ・エンジン仕様車を追加した。このエンジンは間違いなく、今回最大の特徴だ。ドアを開けて運転席に座ると、どこを見ても赤い本革にアルミニウムのアクセント。もちろん、タン色も黒もあるが、僕が与えられたのは赤い室内のクルマだった。シート、センターコンソール、ダッシュボードがすべてソフトで真っ赤な本革になっていて、ステアリングホイール、ギアセレクター回り、GPSディスプレー回りは品よく黒に彩られている。どこを触っても、とてもリッチな素材を採用していて、ドライバーにはその長くてパパッとシフトが決まる巨大パドルがたまらない。

まるで、ボットゥーラの”フルコース・メニュー”のようだ。見た目もきれいだし、五感を刺激してくれる。ボディラインが美しい外観を、ノーズからテールまでゆっくりと目で舐(な)めよう。大きなグリル、鋭いヘッドライト、その美しいヒップを眺めているだけで、何かいい予感がする。

540psを発揮するV8搭載のGTS仕様が最高の走りを提供してくれると思いきや、同エンジンをさらにチューンさせた590psのフラッグシップ仕様のトロフェオに乗ると、思わず大声で「イェス!」と叫びたくなる。
 full 62606ea2 9ea3 4e78 a32d 702ff6458b27
イタリアの地方を走り抜けるマセラティの「レヴァンテ」。

紙幅に限りがあるので、トロフェオを中心にお伝えしたい。「ブワ〜〜」というエキゾーストノートは本当に病みつきになる。気づかないうちに、その低音の振動がブルブルとキャビンを響かせるのが気持ちよくて、いつもより頻繁にダウンシフトしたくなる。このV8には津波のようなパワー感がある。車重が2t以上なのに、アクセルをさりげなく踏んでいくだけで猛烈な加速感によって体が運転席に激しく押さえ込まれる。8速A/TとAWDシステムが、その限りのないトルクを後輪に送るのだが、必要に応じて50:50で後輪と前輪両方に直ちに送り込むこともできる。こんなに大きくて重いSUVなのに、レースカーみたいな走りまでできてしまってまずいな。

それに、足回りとコーナリング性がとても優秀だ。乗り心地は意外にしなやかで、重心が高いのにロールを拒否するような感じである。走行モードのスイッチを長押しして、コルサ、すなわちレースモードで走ってみた。コルサモードでは、車高が2cm下がるし、スロットルレスポンスが敏感になり、ステアリングと変速シフトがよりクイックに変わる。

しかも、あの野獣の吠え声のようなエキゾーストノートがさらにヤバくなる。それなのにトロフェオは、プッシュすればするほど応えてくれる。ステアリングが適度な重さで正確にターンインしてくれるし、6ポットの強力な大型ブレーキがついているので、ブレーキフィールがよく、制動力は十分と言える。

伝統と情熱が作った”クルマの味”
 full 86a2857e 277d 4fbe b665 2ce2bd94efca
レヴァンテはまるでボットゥーラの料理のようだ、と筆者は語る。

前出のシェフ、ボットゥーラは、材料とアイデアと情熱が味の決め手だと言う。

「僕がキッチンで料理するものと、マセラティのエンジニアがデザイン・スタジオで作るものには深い共通点があると思います」と強調する。

「やはりおいしいものを作るのには時間がかかる。チーズでも数年、バルサミコなら25年も。それこそ伝統です」

つまり、マセラティは105年もクルマを作ってきたからこそ、レヴァンテもじっくりと時間をかけて進化させることができた。そして、だんだんとその情熱と味わいが出てきたわけだ。

今回乗ったトロフェオとGTSは十分においしかった。次に機会があれば、ぜひボットゥーラの料理の味を試してみたい。

ピーター・ライオン◎モータージャーナリスト。西オーストラリア州大学政治学部 日本研究科卒。1983年に奨学生として慶應義塾大学に留学。Forbes、Car and Driver(米)、Auto Express(英)、Quattroruote(伊)などへ寄稿多数。ワールド・カー・アワード賞会長のほか、日本カー・オブ・ザ・イヤー賞選考委員を務めている。
文=ピーター・ライオン

あわせて読みたい