Icon loading md
9467591 full c3e75d29 8de6 4160 8fc9 6a9fbbdc8c47
大人も号泣するあの映画には、ココロを育むセリフが満載
antenna*
2019.10.21 00:00
sponsored by ディズニー こころを動かす贈りもの。
ディズニー作品には子供の心に届くストーリーや、子育て中の親が共感できるセリフが満載。とりわけ「トイ・ストーリー」シリーズは、何度も見ることでより深く感じ入るようなセリフが多いのが魅力のひとつです。

8歳と5歳の女の子のママで、現在はインスタグラマーとして活動中の渡辺静香さん。子育てに奮闘しながら、読者モデルやアイシングクッキー講師の資格取得などさまざまなことに挑戦している渡辺さんの『トイ・ストーリー4』にまつわる子育てエピソードには、子供の成長につながるヒントがたくさんありました。
9452294 mimniioj full c0551926 ec1e 4c2d a4ef 1c80a0a49257
言葉は子供が成長する上で大切なもの。普段から言葉遣いは心掛けたい
子供たちは、ママのマネをするのが大好き。

「私が言ったことをすぐにマネするんですよ(笑)。言葉は子供の成長にとって大切なものだから、母親として私自身、言葉遣いには気を配るようにしています。主人は子供たちに挨拶がすごく大事だと教えていて、『いただきます』とか『ごちそうさま』といった普段の挨拶は、必ずしっかりとさせていますね」

子供たちには、いろいろなことを見たり体験したりしてほしいという渡辺さんは、英語の習得をと願っているそう。

「英語を身に着けたら、海外のお友達とも話せるし、コミュニケーションが広がりますよね。私も主人も英語を話せないので、子供たちには話せるようになってほしくて。それで、2人に英語を習わせたんですが、どうも親の気持ちはまだ伝わっていないみたいで(笑)、やめちゃったんです」
9452294 vstojhmf full 8fd97712 832c 4608 b7be 78998be63dfb
子供にとって“安心していいよ”と思わせてくれる存在は大切
家族でディズニー作品好きだという渡辺さん。「トイ・ストーリー」シリーズも大好きで、『トイ・ストーリー4』も家族全員で映画館へ観に行ったそう。

「『トイ・ストーリー』は、子供の気持ちに寄り添った映画だと思うんですね。子供とオモチャが主役の物語だから、身近に感じることができると思って見せています。挨拶はもちろん言葉が大切にされているように思いますし、ほかの作品よりも、子供たちは感動して泣くことが多いんです」
9452294 ymgnwkdz full 0197b37c 59ca 4218 a999 595ed977b17d
子供が等身大で親しめて、心をつかまれるフレーズに満ちている「トイ・ストーリー」。それらは心に深く響いてきて、繰り返し視聴すると、まるで「見る」というよりも「読んで」いるような気分になることも―。『トイ・ストーリー4』にもグッと来るセリフがいくつもあります。
「環境が違いすぎて子供は不安だ。仲間がいれば助かる」―ウッディ
「カウボーイ人形のウッディの持ち主である女の子、ボニーが幼稚園の体験会へ行く時に、『環境が違いすぎて子供は不安だ。仲間がいれば助かる』と言ってウッディがこっそり付いて行っていましたが、私たちがまさに近しい状況。うちの次女は、どこへ行くにもクマのぬいぐるみを持っていかないとダメで、今日も持ってきてるんですよ。オモチャが子供の不安を取り除いてくれるんですね。ウッディのこのセリフに頷く人は多いと思います」
「ささやかれる感じ、“安心していいよ”って」―フォーキー
「フォーキー、それだ。ボニーも君にそう感じてる」―ウッディ
『トイ・ストーリー4』から登場する新キャラクターのフォーキー。ボニーが先割れスプーンで作った手作りオモチャですが、フォーキー本人は自分をゴミだと思っていて、すぐにゴミ箱に入ろうとします。ウッディからなぜゴミ箱に入りたがるのか聞かれたフォーキーが「ささやかれる感じ、“安心していいよ”って」と答えると、「フォーキー、それだ。ボニーも君にそう感じてる」と教えるウッディ。子供にとって“安心していいよ”と思わせてくれる存在は、とても大切。それは、子供が新しいことに挑戦したり、自立したりする上で欠かせないものではないでしょうか。
9452294 whmntlou full e1672ba2 c010 4259 ae26 f69c7abdb3af
「次女はもちろん、8歳の長女も私から『大好きだよ!』って言われるのが、一番の安心材料みたいです。習い事に行く時に不安を感じても、『ママは私を大好き。離れたところで見ていてくれる』という思いが自信を与えているようです。『大好き』という言葉が子供の心を支え、成長したり、自立したりする助けになっているのかもしれないですね。『トイ・ストーリー4』には、アンティーク店の場面で『ママ、行くわよ。ハグして』『行ってらっしゃい。大好き』という母娘のセリフもありましたが、娘たちだけでなく私自身も、娘から大好きと言ってもらえると安心できて、『仕事、頑張ろう!』と思えます。長女は次女が生まれてから、どうしても“お姉ちゃん”にならざるを得なくて、いつも割とサバサバしていますが、次女が見ていない時は甘えてきてハグをせがむんですよ」
何度も繰り返し見ることで深みを増していくセリフ
9452294 psefsqhv full fad240b2 6dbf 4710 95d2 1ec30af2df5a
9452294 cwvpsbwb full f0b1c343 2476 474c b011 7968fe6af9bf
アンティーク店でウッディが、ショップの奥で忘れられた存在になっていた女の子の人形、ギャビー・ギャビーに語るこのセリフも、今の渡辺さん母娘にとってかけがえのないものなのだそう。
「棚に座ってたら何も変わらないだろ?」―ウッディ
「長女は公園で初めて会った子にも自分から話しかけたりできるタイプなんですけど、次女は引っ込み思案で、声を掛けてもらうのを待っちゃうんです。私も同じような感じだったので、次女の気持ちが分かるんですよね。だから、次女と手をつないで『お友達のところに一緒に行こうか』と、輪に入るきっかけを作ってあげるようにしています。この『棚に座ってたら何も変わらないだろ?』というウッディのセリフは、親が子供の背中を押してあげたり、子供が自分で変わろうとしたりする時に響くひと言ですよね」

子供は少しずつ親から離れ、社会へ向かってひとりで歩んでいくもの。今は親に背中を押されて一歩を踏み出している子も、いつかは一人で進まなければなりません。このセリフは、そんな子供の歩みを支えるものになり、何度も繰り返し見るうちに、自立を助けてくれる存在になるのではないでしょうか。
9452294 vilkyeyf full 65e1e1e6 c741 4d6f b8ab 5ed86ae2211a
映画館に『トイ・ストーリー4』を見に行く前に、渡辺家で1~3を見直したそうですが、以前見た時と子供たちの反応が変わっていることに気づいたという渡辺さん。

「前に『トイ・ストーリー3』を見た時は、次女はウッディが持ち主のアンディから離れても泣かなかったんですが、今回はそれが悲しいことだと感じたようで泣いていました。成長を感じましたね。

『トイ・ストーリー』はシリーズを通して、子供の心を育んでくれているように思います。オモチャをすごく大切にするようになりましたし、ちゃんと片付けるようにもなりました。長女も次女もケンカするとオモチャを投げ合っていたんですけど、それもなくなりました。旅行先で、持って行ったクマのぬいぐるみがベッドメイキング後に置いた場所と違うところに置かれていたことがあって、子供たちが『動いた!』って(笑)。オモチャに心があると信じるのは、人やモノへの想像力の広がりにつながりますよね。娘たちの一番のお気に入りは羊飼いの女の子の人形、ボー・ピープなのですが、子供にとって大切な存在になることで、思いやりや優しさが育まれて、お友達にも優しくできたり交流が深まったりしたら素晴らしいなと思います」
9468003 khsrptzk full b5e1dd37 607f 445a a938 964065eb4d7b
上のお子さんは、すでに『トイ・ストーリー4』のセリフをいくつか覚えていて、マネしたりするそうです。

「子供はもちろん、大人の心にも大いに響く映画ですよね。『仲間は見捨てない』などのセリフにグッと惹かれて、私も大号泣しました。主人は昔のオモチャを思い出して、『こういうことあったな…』と泣いていました。たぶん、『トイ・ストーリー』は自分のことに例えて思わず泣いてしまう映画なんでしょうね。それぞれ共感するところが多いんだと思います」
9452294 igiybugp full 8e9f3b9d 3518 42b7 957c 6115dc72b7af
最後に、渡辺さんにとって「心の成長」とはどういうことか、どうしたら成長するのか聞きました。

「『いろいろな経験をすること』でしょうか。さまざまなところに行って、いろいろな遊びをしたり、いろいろなオモチャで遊んだり。遊び方を変えることで感じ方も変わるし、感じ方が変われば成長の仕方も変わると思います。子供にいろいろなことを経験させて、心の成長を助けてあげたいですね。『トイ・ストーリー』シリーズは、どのキャラクターもそれぞれの冒険や試練に出会い、たくさんの経験をするという作品。娘たちは今後、成長とともに異なる年齢や気持ちで見ていくことで、さまざまなキャラクターの立場からたくさんの経験を感じ取れるはず。心を育むためにぜひ何度も見せていきたいですね」

「また、いろいろな経験のひとつとして、一旦はやめてしまった英語にも再度チャレンジしたいな(笑)。以前、『ピノキオ』のDVDを子供たちに英語で見せたら、映像を見ながらだと英語で言っていることが大体分かるようで、子供たちは自然と英語のセリフを覚えていました。吹き替えで楽しんだ『トイ・ストーリー4』、繰り返し英語で見たら、楽しく英語を学ぶようになってくれるかも!?」
9468003 gjsrsxbr full 2caf3450 63d2 4b49 b43b bf19d9d0ae4f
家で何度も楽しもう!『トイ・ストーリー4』のMovieNEXが発売
あの「トイ・ストーリー」の仲間たちにまた会える!

シリーズ史上最大の感動のアドベンチャーを描く、今夏大ヒットしたディズニー/ピクサー最新作『トイ・ストーリー4』が、10月23日(水)より先行デジタル配信開始、11月2日(土)にMovieNEXと4K UHD MovieNEX、さらに「トイ・ストーリー」シリーズ4作品を豪華デジパックに収めたセット商品『トイ・ストーリー:4ムービー・コレクション』が発売されます。
ブルーレイ、DVDのレンタルも開始します。
9452294 ewbbjvzm full 940121ef 1693 4302 8e3c 3bb5bd84b2b9
また、11月2日(土)からディズニー公式動画配信サービス、ディズニーデラックスでも期間限定でレンタル配信を開始。

MovieNEXには、ウッディとボーが本編とは違う結末を迎える、未公開シーン「もうひとつのエンディング」などが収録されています。
じっくりとセリフを味わいたい『トイ・ストーリー4』を何度も楽しんでご覧ください!
sponsored by ディズニー こころを動かす贈りもの。