八ッ場ダム、スーパー堤防……。幼稚な翼賛デマは防災・治水を軽視する愚論
HARBOR BUSINESS Online
2019.10.17 08:33
 前回、10月12~13日にかけて関東甲信越奥州に大被害を及ぼし、現在も進行中の台風19号による災害についてそれに便乗したデマゴギーの一つ目を紹介し批判しました。
 今回現れた災害便乗デマゴギーは多種多様に及んでいますが、その代表的なものをあと二つご紹介します。
「八ッ場ダムは素晴らしい、ガンダムだ」という幼稚な翼賛デマゴギー
 関東地方直撃から一夜明けて13日になると各地で深刻な水害と被害が明ら…

あわせて読みたい

被害がなかった上流域との比較でより明確になった「野村ダム」下流域の被害
HARBOR BUSINESS Online
球磨川の悲劇を繰り返さないために。なぜ日本の水害対策は「命を守る」視点が欠けているのか?
HARBOR BUSINESS Online
豪雨が来たら気をつけたい。専門家が選ぶ「危険なダム ワースト10」
HARBOR BUSINESS Online
肱川大水害で最大級の被害地域で見た、無治水の惨状。ダム偏重による行政の倒錯と怠慢が生んだ人災
HARBOR BUSINESS Online
ダム偏重政策が招いた「肱川大水害」。今こそダム建設継続より肱川の河道改修に全力を投じよ
HARBOR BUSINESS Online
橋が破壊され二階まで浸水した肱川大水害被災地。傷痕は今もなお一目瞭然
HARBOR BUSINESS Online
肱川大水害は、愛媛県と国土交通省の60年に及ぶダム偏重治水事業「肱川方式」の失敗が招いた災害
HARBOR BUSINESS Online
台風19号の治水対策も…なぜ災害を未然に防いだ人は感謝されにくいのか - 重要ニュース解説「今を読む」
ダイヤモンド・オンライン
真備町浸水、50年間棚上げされた「改修計画」
東洋経済オンライン
千曲川の台風被害は、「ダム最優先・堤防強化二の次」の治水政策が招いた”人災”
HARBOR BUSINESS Online
3か月過ぎても復興進まず。平成30年豪雨被災地、肱川水系の現在
HARBOR BUSINESS Online
「西日本の豪雨災害は、代々の自民党政権による人災」河川政策の専門家、嘉田由紀子・前滋賀県知事が指摘
HARBOR BUSINESS Online
片平敦気象予報士「役立つ知識を!」初冠番組で“気象”についての疑問を大募集
テレビドガッチ[テレビ]
利水から治水へ~洪水対策としてのダム活用
ニッポン放送 NEWS ONLINE