雇用延長で老後の生活水準はどうなるか
Newsweek
2019.10.04 19:05
<一般的な夫婦が老後生活していくために必要な資金は2,000万から3,000万円と言われるが、退職を目前にしてそれだけの資金を準備できている世帯は多くない。そうした世帯に取れる選択肢として「定年以後の就労延長」「公的年金の繰下げ支給」がある>

就労延長という選択肢

生活水準は所得によって大きく異なり、一般的には所得が高いほど生活水準は高い。退職後も退職前と同程度の生活水準を維持し、かつ生存中に…

あわせて読みたい

30代以下は年金をあてにしてない!「老後のお金」をもう考えてる?
Sumai
50代の半数はもう手遅れか──生活水準を維持可能な資産水準を年収別に推計する
Newsweek
韓国では65歳、日本では70歳、定年延長の議論が本格化 - 金 明中(キム・ミョンジュン ) 韓国を読み解く
Newsweek
厚生年金の適用拡大が意味すること - 加谷珪一 経済ニュースの文脈を読む
Newsweek
第2回 増え続けるサービス業の労働災害
東洋経済オンライン
老後の貯蓄は、いくら必要?老後資金の貯め方も解説
All About
一律10万円給付をベーシックインカムの試行実験と考えた場合の致命的欠落 - DOL特別レポート
ダイヤモンド・オンライン
知っておくべき年金改革:現役時代の給与が少ないほど年金の目減りも大きい!?
Newsweek
年収600万円、妻はパート勤務。これで老後はやっていけるのか不安
All About
忘れるな! 4月施行の「高プロ制度」が日本の格差を拡大させる
Newsweek
収入が激減する60歳以降、必要なのは「お金」への意識変革! お金の教科書(1)【連載】
レタスクラブ
30万の壁とは?交通費も含まれる?条件や期間、学生との関係を解説
Milly
定年退職前後のお金はいったいいくら必要か
東洋経済オンライン
パート主婦を新たに悩ませる「106万円の壁」
東洋経済オンライン