Empty
9391859 full cb97958a 97e4 427e b428 e59583fc07d0
日本酒「万齢」の蔵元がつくる『飲むみりん』クラウドファンディングMakuakeにて先行発売開始
PR TIMES
2019.10.04 10:00
ニューワールド株式会社
ブルーチーズとあわせると口の中がクアトロフォルマッジ!新感覚のトロリ濃厚なお酒

日本ブランドのEC運営やマーケティング活動を行うニューワールド株式会社と佐賀県の日本酒「万齢」の小松酒造は、Makuakeプロジェクトを共同企画いたしました。
トロリ濃厚な飲むみりん「プレミアム のみりんこ」は、2019年11月19日までクラウドファンディングにて先行発売を行っています。

プロジェクトページはこちら:https://www.makuake.com/project/nomirinko/
 full 7338798e 9bee 469b affd 668829ec4d74
マヌカハニーのような甘みと熟成古酒のような芳醇な香り


飲むみりん「のみりんこ」は、飲み口はトロリと濃厚。カラメルのような、しかし嫌味のない豊かな甘みに始まり、日本酒に通ずる芳醇な薫りが鼻にぬける爽やかな飲み心地。
 full f93bcdd2 5c8f 4409 aa7a 7ff0dd0f4653
最高峰の国産もち米「ひよくもち」、日本酒づくりで培った高品質な米麹、2~3年かけて熟成させた自社製吟醸粕取り焼酎を使用。「プレミアムのみりんこ」は贅沢にも、自社で10年の歳月をかけて熟成させた本格焼酎「永遠の一時」を使いました。素材のよさと鑑評会で受賞歴もある小松酒造のこだわりが生んだお酒です。
 full ca6d378d 908b 46d4 b8d8 de58d05e956e
「のみりんこ」は貴腐ワインを思わせる甘みと香りを持ち合わせています。和酒ではありますが、ブルーチーズとの相性は抜群。日本酒好きはもちろんのこと、ワイン好きな方にもぜひ試していただきたい組み合わせです。



飲む歴史を持った「みりん」
 full bb928bb0 0bbc 4aea b689 493242d1ba6f
甘みや艶を加えるため調味料として和食にかかせない「みりん」。室町時代に焼酎の作り方が伝わったことからみりんの歴史は始まります。江戸時代初期までは甘いお酒として親しまれていたそうです。料理酒として使われるようになったのは江戸時代中期からと、じつは飲むものとして愛されてきた歴史を持っています。
 full c3547caa 6b76 41b5 903e 26f9db1c080f
もう一度「飲むみりん」を復刻できないか、と本来の素材の美味しさを伝えるため立ち上がったのは、佐賀県にある「小松酒造」。
 full 89817385 c674 4894 bc57 f5ff4591abf5
一時は時代の流れとともに休蔵していますが、再開時に作った大吟醸「万齢」は、鑑評会での優等賞を受賞。奇跡とも呼べる復活を遂げた小松酒造のお酒造りは、手仕事と原点を大切にしたクラッシックなもの。原点を大切にする姿勢が「みりんは本来“和酒”である」という事実に着目し「のみりんこ」の誕生に結び付きました。



プレミアム のみりんこはクラウドファンディングMakuakeにて先行発売中
 full e8df6b4c ec09 4636 9e72 437f6e28d009
商品名:万齢 純米蜜酒 「プレミアム のみりんこ」
内容量:720ml
一般発売予定価格:10,000円(税抜)
一般発売予定日:一般発売はMakuakeのみ


「のみりんこ」の3つの材料のひとつ、焼酎に、10年熟成させた古酒「永遠の一瞬」を贅沢にも使用。さらに7年の歳月をかけて熟成させました。(パッケージデザインは開発中のものです。)
 full a53786a5 d1c3 4356 9bfd 303de8344935
「のみりんこ」は30mlあたり、一般的な点滴1時間分に相当するブドウ糖を含んでいると言われています。
ブドウ糖といえば、素早くカラダに吸収されてエネルギーになる成分。そして脳の唯一のエネルギー源としても知られています。お仕事で疲れたカラダ、頭を、みりんで癒やしてみてはいかがでしょうか。

リターンのお届けは2019年12月末頃を予定しております。
プロジェクトページ:
ニューワールドについて
 full 5e734a55 8a21 4b73 9c4e 3b3d03166563
日本のモノづくりに特化したコマースサイト『CRAFT STORE(クラフトストア)』(URL:
)を運営し、 現在70ブランド700点ほどの商品を掲載。
「日本ブランドを世界No.1にする。 」をビジョンに掲げ、 販売施策としての動画コンテンツの制作やSNSを活用したプロモーションを通じ、 日本のモノづくりメーカーのマーケティング活動など事業の拡大を図っています。

あわせて読みたい

Empty
「和酒フェス」新宿NSビルで、スパークリングや生酒など全国150種以上を利き酒し放題
FASHION PRESS[アート・カルチャー]
Empty
日本酒好きなら知っておきたい通好みの酒造
ippin
Empty
「熟成した日本酒」の深い魅力にハマる! 古酒専門の日本酒バー『酒茶論』が、銀座にて待望の再オープン
dressing
Empty
「薩摩焼酎 黒白波」が令和元酒造年度 鹿児島県本格焼酎鑑評会「杜氏代表」を受賞
PR TIMES
Empty
創業寛政元年 伝統を守りぬいた宮城の酒 株式会社田中酒造店「全国燗酒コンテスト2019」にて、2年連続金賞受賞!
PR TIMES
Empty
洞窟低温熟成 熟露枯(うろこ)大吟醸:日本酒キュレーター あおい有紀
Premium Japan
Empty
マイナス5℃熟成の「日本酒」を毎月お届け。Makuakeにてクラウドファンディング開始
PR TIMES
Empty
集え日本酒ファン!住宅街の通な店で希少な日本酒と拘り料理を
メシコレ
Empty
500円で日本酒5種が飲める!「ぽんしゅ館」おすすめの“新潟の日本酒”5選
LIVE JAPAN
Empty
マスクの"耳痛ストレス"から解放。新発想!耳にかけない「ナノプラチナデイマスク」クラウドファンディングにて先行発売開始
PR TIMES
Empty
水と米と人を大切にする酒蔵が作った焼酎、林龍平酒造場の『五代目龍平』
ippin
Empty
お酒専用!波佐見焼のフィルター「金の雫」でまろやかな口当たりに。クラウドファンディングMakuakeにて先行発売開始
PR TIMES
Empty
“うめぇ”梅酒はどれ? 梅酒・果実酒100種類飲み比べし放題の店にTOP5を聞いてみた
GetNavi web
Empty
[長崎県] 福江島唯一の本格焼酎醸造所「五島列島酒造」|長崎におでかけ|おでかけコロカル
コロカル by マガジンハウス