様々なメディアを操り、時と場を切り取る。上田良の個展「空間連動朝機」をチェック
美術手帖
2019.09.28 08:00
 身近なものを再構成したオブジェを撮影し、時と場を切り取る上田良(うえだ・やや)の個展「空間連動朝機」が、東京都墨田区のgallery TOWEDで開催される。会期は10月11日~27日。 上田は1989年大阪府生まれ。 2014年に京都精華大学大学院芸術研究科博士前期課程を修了した。現在も京都に生活と活動の拠点を置いている。
上田良Ver.0,75 2019
​  自作のオブジェを被写体と…

あわせて読みたい

「目の前のものが写真になる瞬間」を提示する。上田良と澤田華による2人展が愛知・Lights Galleryで開催
美術手帖
時と場を鮮やかに切りとる。上田良が新作個展「A Magpie’s Nest」を開催
美術手帖
VOCA展2021、VOCA賞は尾花賢一に決定
美術手帖
新たなる写真の「印刷」への挑戦。迫鉄平が個展でシルクスクリーンの新作を発表
美術手帖
巣をつくるカササギのように。アーティスト・上田良インタビュー
美術手帖
上田良「空間連動朝機」展、写真やコラージュ作品など複数シリーズ紹介
IMA ONLINE
現代アートにおける“若手作家の登竜門” 「VOCA展2020」3.12から上野で開催
クランクイン!トレンド
折元立身やミヤギフトシ、上田良らが参加、名古屋の港まちや人の暮らしに介入していく「アッセンブリッジ・ナゴヤ2020」
IMA ONLINE
VOCA展2020、VOCA賞はNerhol(田中義久・飯田竜太)に決定
美術手帖
それは写真かもしれない。アーティスト・迫鉄平インタビュー
美術手帖
「VOCA展2016」東京・上野の森美術館で開催、久門剛史や大山 エンリコイサムら気鋭の若手作家たち
FASHION PRESS[アート・カルチャー]
広島市現代美術館による「夏のオープンラボ」。第3回は澤田華をピックアップ
美術手帖
生命と心情をテーマに。スパイラルで開催の「うたう命、うねる心」に大小島真木、川越ゆりえ、笹岡由梨子が参加
美術手帖
新進の33作家が参加。上野の森美術館で「VOCA展2019」がスタート
美術手帖