じわり増える「ネオ和食」とはいったい何か
東洋経済オンライン
2019.09.20 07:40
最寄り駅から徒歩約10分と遠いにもかかわらず、食通の大人が集まるハンバーガー屋がある。そして、客の半数以上を香港、シンガポール、韓国その他の外国人観光客が占める。食通や観光客がわざわざここまで来て食するのが、見た目もハデな「フィッシュバーガー」である。

「デリファシャス」というその店は、元すし職人が東京・中目黒に2016年12月に開いた。白身魚のフライを挟んだハンバーガーなら食べたことがある、と…

あわせて読みたい

今までの概念を覆す!? 新世代フィッシュバーガーをチェック
buono
【中目黒】具材は全て寿司ネタ!元寿司職人がプロデュースしたバーガー店『デリファシャス』
favy
ビールとアジフライの組み合わせって最高!編集部が選んだおすすめ3店舗【#のみぱく】
OZmall
すし職人の作る最強バーガー
SPUR.JP
「渋谷PARCO」にランチの新定番登場!?ここでしか食べられない変わり種バーガー
るるぶ&more.
寿司職人は、なぜハンバーガー屋を開いたか──「和食的」なレシピを生んだ挑戦の記録
WIRED
【なのにメシ】寿司屋なのにハンバーガー?職人だからこそできる新感覚の和風バーガーに悶絶
Rettyグルメニュース
寿司職人が作る、「フィッシュバーガー」専門店
J-WAVE NEWS
寿司技が生きた絶品フィッシュバーガー、東京・中目黒「delifucious」
MATCHA
連日行列!元板前が作る、中目黒のフィッシュバーガー専門店「デリファシャス」
ことりっぷ
寿司職人が作る「ハロウィンジャンボフィッシュバーガー」が数量限定で登場!
Walkerplus
定番から個性派バーガーまで。【都内】ボリュームたっぷりのバーガーショップ3軒
Hanako.tokyo
バーガー人気は”魚”に移行中──デリファシャス
GQ JAPAN
フィッシュバーガーが絶品のハンバーガー屋さんを中目黒で発見!
DAILY MORE