鉄道の運転士らが慢性的な睡眠不足になりやすい根本的な理由 - News&Analysis
ダイヤモンド・オンライン
2019.09.09 05:02
8月29日、横浜市営地下鉄ブルーラインで起きた脱線衝突事故は、運転士の居眠りが原因だった。横浜市営地下鉄だけでなく、鉄道会社では「4時間仮眠で18時間勤務」というようなシフト勤務が一般的で、運転士はもちろん、車掌や駅員らも慢性的な睡眠不足になりやすい。…

あわせて読みたい

シーサイドライン逆走事故の原因は「断線」。決して「自動運転」が危険な訳ではない
citrus
鉄道ローカル線生き残りの切り札に?進化する自動運転の未来 - News&Analysis
ダイヤモンド・オンライン
まるで映画? 無人の貨物列車が1時間近くも暴走した事故の顛末
WIRED
急行列車が脱線、民家に突っ込み5人死傷 ギリシャ北部
AFPBB News オススメ
日比谷線脱線事故から20年、「小さな事故の芽」が大惨事を生む背景 - News&Analysis
ダイヤモンド・オンライン
鉄道の衝突事故対策はどこまで万全なのか
東洋経済オンライン
トラックと衝突の列車が脱線、2人死亡 20人負傷 イタリア
AFPBB News オススメ
鉄道の「自動運転」、海外で事故は起きているか
東洋経済オンライン
ドイツ「列車正面衝突」、難航する救助活動
東洋経済オンライン
カイロ中央駅で列車衝突・炎上、20人死亡
AFPBB News オススメ
京急踏切事故で垣間見える安全対策の問題点、他の私鉄と何が違ったか - News&Analysis
ダイヤモンド・オンライン
ゾウの母子3頭、石油輸送列車と衝突死 スリランカ
AFPBB News オススメ
移民の死「怖くて仕事できない」、英仏海峡鉄道の運転士ら悲鳴
AFPBB News オススメ
京急事故の背景に「安全意識のマズさ」、再発防止策からも浮き彫りに - News&Analysis
ダイヤモンド・オンライン